« 雑誌記事:不定期コラム、後編です | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

新車心象風景:日産・セレナ

Photoクルマ作りへの姿勢について、あらためて感じ入ってしまうんである。

いまや販売の中心は軽に移行、登録車のシェアはひと桁が当たり前で、すっかり国内市場は放置状態の日産。

売れてると言えそうな登録車はノートとセレナくらい。本来売れ筋である筈のマーチは安普請で自滅し、ノートにしても「広い割には安い」のが特徴という残念さだ。

上級車はグローバルの名の下、日本市場には到底マッチしない「国際商品」を並べただけで、影が薄く、もちろん売れる筈もない。それこそグローバルでの販売が上向けば、日本市場単体がどうのなんて発想はないよ、という体だ。

けれども、そこに出てきた新型セレナは、意外や「ふつう」に作られていたんである。

先代までの端正でプレーンな表現は影を潜めてしまったけれど、最近のエモーショナル路線でまとめられたエクステリアには、マーチやノートのように見切ったコストダウンは感じられない。それどころか、特徴的なフローティングルーフなど、日産がグローバルに展開するデザイン言語を、国内専用車にもあえて投入したりしている。

インテリアも、インパネのステッチ仕上げやドアの内張り、数パターンを用意したシート素材などはそれなりに丁寧に作られている。もちろん、ミニバンとしてのパッケージングも抜かりはないし、オートスライドドアや、分割タイプのバックドアなど、機能面でも新提案がそこそこ盛り込んである。

つまり、5ナンバーの購入しやすい量販国内専用車として真っ当に作ってあると。特段何かがスゴイわけじゃないけど、「ふつう」には作ってある。これで数ヶ月後にストロングHVが追加されれば、まあいまどきの国内商品として隙はない。変な話だけど、やろうと思えば、いまの日産でも国内市場にマッチした相応の商品を作れるんだなあと。まあ、プロパイロットなどという何でもできそうな名前の運転支援システムにいささか頼った販売方法は気に入らないけれど。

で、逆に言えば、じゃあマーチやノート、あるいは消えたラティオあたりは本当に手抜きだったんだねって話だろう。

数少ないヒット作であるセレナは大切にという気持ちは理解できるけれど、だからといってここまで開き直ったかのような作り分けはもちろんいただけない。ふつうに作れるんだったら全部ちゃんとやらなきゃ。

安普請のコンパクトと「ふつう」に作ったミニバン、やたらにデカく値の張る上級車。他社と共同開発の軽。その場その場の都合で、埋め合わせのように投入されたラインナップがいまの日産なんだとあらためて思う。

そんなこんなを「やっちゃえ日産」のひとことで煙に巻こうとする姿勢は、もちろん論外。自分で言うんじゃなくて、ユーザーから「やってるね」と言ってもらうには、地道にちゃんとしたクルマを作るしかないんである。

|

« 雑誌記事:不定期コラム、後編です | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

まぁ日産のやっちゃえも、永ちゃん(矢沢永吉氏)の契約が今年の11月までなようなので、それまでかも?
次に出る11月のe-Powerハイブリッドを載せた新型ノートの出来いかんで、日産が当分日本市場でもそれなりにやっていくのかがわかりますね。
新型ノートに続き、セレナのストロングハイブリッド、次期マーチ、次期ジューク、次期キューブと続けば日本での盤石2位の地位も確固たるものになるのかも知れませんが、噂される次期3台の車がいまの日本市場でちょっと危うい販売状況なので心配です。

投稿: アクシオム | 2016年9月23日 (金) 07時12分

ちゃんと造られてない車の代表格という扱いのマーチですが
確かに内装はチープだし、外観も古臭くて目を惹くところの少ないものです。
でも、乗り味は以外にしっかりしていて骨太で、何より「車らしさ」に満ち溢れています。
この中身をこの値段で提供するためのコストダウンなら、個人的にはアリかなと思います。
外見は地味で内装も貧相だけど走りはしっかり、というのは一昔前の欧州コンパクトの十八番でした。
そういう車を、かつての評論家諸氏は「クルマの本質を弁えてる」と褒めてましたが
今、日本のメーカー(ルノーは欧州メーカーですが)が同じことをやるとダメ出しされるんですよね。
これも時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、メーカーも大変だなぁと思います。

投稿: 自動車好き | 2016年9月24日 (土) 10時45分

熟成仕切った国内市場。取捨選択がされて量販が見込める車としてミニバン、軽自動車、コンパクトが残りそこに渾身を振るうのは企業としては間違ってないのでしょうけどね。

他の車も手を抜いて開発した訳じゃないと思いますが、海外の市場を見据えて開発された車を持ってきて、さぁどうぞってのが日産は露骨に見えますね。まだ他のメーカーはそこら辺を感じさせない様に販売戦略と宣伝イメージで工夫して上手く包み隠せてると思うんですが。

少子高齢化に歯止めがかからず国内市場が縮小していく中、少なくなるパイを奪い合うより新たな需要を求めてどの国産メーカーも海外に進出して行くのは当然の判断でしょうし今後も更に加速するでしょう。
頭では納得出来るのですが、心では悲しいものです。

投稿: 空色のR2 | 2016年9月25日 (日) 03時11分

確かに日本市場での日産は元気がないように見えるけど、北米や中国では面白い車を出してるんですよね。
マキシマとかムラーノは凄くカッコいいし、エクストレイルは名前を変えて欧米では売れまくっています。
その内日本市場でも本気を出すのではないでしょうか?

投稿: ミルカ | 2016年9月29日 (木) 01時13分

個人的な見解ですが、ゴーンさんにはコストカットをする人というイメージしかわいてきません。そんなわけで今の日産の車に興味はあまりありません。今回のセレナが小手先のモデルチェンジでなく、必要なところにお金をかけたまっとうなモデルチェンジならいいのですが? 

投稿: pottsy | 2016年9月29日 (木) 19時12分

ご無沙汰しております! 特に何かあった訳でもなく、只々、日本車に希望もへちまも無く考えるのも嫌になってました。
新しいセレナは、デザインが好きです。フロント、横から見たボンネットは今の日本車にない何かです。グリルのメッキオラオラ感も意外に嫌じゃないですし、線は素直にまとまられて、街にいても嫌じゃないかも、と、思っています。
高価な車ではないのに、足で反応するスライドドア、最大のウリ「オートパイロット」(は、セレナにしては高いか?)を搭載してきたのは、低装備に定評のある日本車の中でも「ちょっといい感じ」を受けます。
まあ、デザインが嫌じゃない日本車は久しぶりですね。

投稿: ぷじお | 2016年10月12日 (水) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/67602096

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・セレナ:

« 雑誌記事:不定期コラム、後編です | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »