« 雑誌ナナメ読み:自動運転と呼ばないで | トップページ | クルマ散策:ダイハツ・キャンバス発表会へ出掛ける »

新車心象風景:ホンダ・NSX

Nsxホンダ車のデザインエッセンスって何だ?って話なのかもしれない。

たとえばメルセデス・ベンツのGTにしても、あるいはアウディのR8でも、機構や機能の違いはともかく、どこから見てもメルセデスだし、アウディそのもの。スーパースポーツではあるけれど、その佇まいはラインナップ全体に共通するデザイン言語をそのまま使い、自身の主張をする。

2千万円前後もする特別なクルマなんだから、じゃあ量産車とはまったく異なるデザインを作り出そう、100%スペシャルにしよう、なんてことはないみたいだ。

一方、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなど、そもそものスーパースポーツメーカーは独自に構築された一貫するスタイリングを持ち、展開している。どの車種であれその存在は一目瞭然だし、伝統に基づいた魅力も備える。

NSXも、初代は当時のアコードやシビックなど量産車の雰囲気を低いアルミボディに落とし込み、ホンダらしく、また実に日本的な佇まいを見せていた。あまりに長いリアオーバーハングなどの難点もあったけれど、より万人向けのスーパースポーツを巧く体現していたと思う。

じゃあ、当然2代目はいまのホンダらしさを、となるわけど、これがなかなか難しいことになっている。

80~90年代がウソのように独自性を失った近年のホンダデザインは、それを一蹴するべく「エキサイティングHデザイン!!!」を掲げているけれど、残念ながらフィットのボディに切り欠きを入れるような空虚な勢いくらいしか見えてこない。

で、2代目NSXはもちろんそこが問題だ。

たとえば、アキュラを示す横バーと、ホンダの「ソリッド・ウイング・フェイス」を組み合わせたフロントフェイスはかなり煩雑で、そもそも両者の要素を反映する必要があったのかどうか?

まるでミニバンみたいなリアランプは、これもまた量産車を意識したのかもしれないけど、れがスーパースポーツとして味気なく感じてしまっては意味がないのではないか? などなど

で、北米チームの女性デザイナー作というエクステリアは、実際には2012年の日本チームによるコンセプトカーが基本で、まるまる日本の空気を反映して出来たもの。当初より初代のコンセプトを堅持するとした北米チームは、だから日本的な表現もそのまま受け継いだのかもしれない。

一般に、2座スーパースポーツは、スリーサイズさえ間違えなければそれなりに見えると言われるとおり、NSXの基本シルエット自体に違和感はない。けれども、迷いが続く量産車のデザインを部分的に採り入れたエクステリアは、それでもってホンダの頂点を、あるいは25年間の集大成を示しているのかといえば、これは相当疑問なんである。

今回、正式発表まで何やら妙に時間がかかったけれど、しかしスタイリングについては、コンセプトモデルの登場以降、何となくそのまま初期案を引きずってしまい、実際の練り込みがほとんどなかったようにさえ思える。

まあ、量産車なら希にそういうこともあるかもしれないけど、何といってもこいつは2400万円のスーパースポーツなんである。

評論家の島下氏は雑誌で、開発と生産が北米主体になってしまったこと、価格が初代の3倍にもなってしまったことから、2代目は僕たち日本のユーザーのものではないと言い切っている。それは今後に期待したいとも。

新型が、そんな風にどこか遠い存在だと言えるなら、それは開発主体や価格だけの話じゃなくて、クルマそれ自体の理解と解釈が難しいことも大きいんじゃないかと僕は思う。

もちろん、3モーターのHVスポーツという成り立ちこそがニッポンらしいとは言えるし、北米に軸を置くこと自体がホンダらしいじゃないか、とも言えるんだけど。

|

« 雑誌ナナメ読み:自動運転と呼ばないで | トップページ | クルマ散策:ダイハツ・キャンバス発表会へ出掛ける »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

初代NSXは最初にホンダブランドとしての前提があったデザインでしたが、2代目NSXはどうみたってアキュラブランドのはず。
なのに、ホンダマークをつけるからおかしくなる。日本でもヨーロッパでもアキュラは展開していないからホンダで売るのではなく、同じホンダでもきちんとアキュラのマークを付けて売るべきでしょう。
確かに日産スカイラインにインフィニティマークをフロントグリルだけ付けてテールにつけないのも、迷走感がひどくてどうしょうもなかったですが、デザインフィロソフィーとかを考えるとぎりぎりセーフだったかと・・・
その点、GT-Rは日産ブランドとしても訴求できているし、フロントのエンブレムにどんともってきたようにGT-Rとしての訴求力も抜群だったのかもしれません。
これは意外と開発や商品企画のトップにそれなりの覚悟があって、迷わず決断できた証拠かもしれません。

投稿: アクシオム | 2016年9月 6日 (火) 19時30分

以前から思っていたことですが,
「これから世に出ようとするクルマなのに、既にあるスーパーカーよりも新鮮味が無いな~」
フロントは乗用車的なグリルより、ボディーパネルを生かした一体感のあるデザインにして欲しかった。
変な例えで言えば、見ても立たないエロ本のようなものでしょうか

投稿: sugawara | 2016年9月 6日 (火) 21時13分

初代NSXのリアオーバーハングは開発者の方もおっしゃってますが「空力のため」であって純粋に機能的なものだそうですね。
世界的な流行は「ラギットなデザイン、究極の走行性能、高価格」とうことでしょうけど、初代NSXは「シンプルなデザイン、切れ味の感じられる性能、(比較的)低価格」ということだったはず。
日本刀のようなシンプルさ、切れ味を感じされる車こそホンダの作るべき車じゃなかったのかなぁ。性能を追及する車でないなら、全車MTでも良かったんじゃないですかね。NSXを売って何百億も儲けようとうわけじゃないんだし。

投稿: ネコ | 2016年9月 7日 (水) 06時50分

この手の車は物議を醸されて本望と言うか、むしろそれがなければスーパーカーじゃないと思います。
初代もフェラーリの物真似だ、没個性だと散々貶されてた記憶があります。
そういう意味で、デビュー以来賛否が飛び交っているこの新NSXは成功作になりうる資格は十分ではないでしょうか?捻くれた見方かもしれませんが。
私はと言うと、この間青山の本社でじっくり見てきましたが、デザインに関しては初代を超える完成度、傑作というのが感想です。
アメ車でも欧州車でもない、オリジナリティ溢れる見事な作品だと思います。
ここのコメント欄では否定的な意見もあるようですね、人の好みや感性はやはり違うものと感じます。
それにしても島下氏のアメリカでの開発・生産だから云々・・・・根拠の乏しい「間違いだらけ」の評論ですね、徳さんが天国で泣いています。

投稿: ミルカ | 2016年9月 8日 (木) 20時05分

確かに、アキュラの五角形グリルに最近のホンダデザインを混ぜるのは煩雑ですね。
メディアの露出の多さもあって全然新鮮に見えないし、いつ市販されるのかが分かりずらかったので初代ほどのインパクトがないですね。
性能はスーパーカーとして申し分ないと思いますけど。なので、レースでの活躍は期待してます。
後、リアバンパーのデザインをなぜFIT風にしたのかがいまいち分からないですね。あんまりかっこよくない。

投稿: RY | 2016年9月11日 (日) 17時47分

アクシオムさん

そうですね。日本のスーパースポーツとしてはGT-Rのやり方は巧かったと思います。散々ガンダムルックとか言われましたけど、じゃあNSXとどっちが?となると、少なくともオリジナリティはGT-Rですね。

sugawaraさん

すでに世にある市販車よりも新鮮味はなかったかもしれないですね(笑)

ネコさん

仮にアキュラブランド優先と考えても、それでも日本メーカーには違いないんですから、デザインはもっと練り込んで欲しかったですね。

ミルカさん

たしかに、オリジナリティを持っているなら、つまり既存のスーパースポーツと異なるからこそ物議になるという考え方はあると思います。もちろん、好き嫌いは別として。

RYさん

リアはフィットの方がスーパースポーツを安易に採り込んだような気もします。どちらにしても同じに見えてしまうのはマイナスですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年9月11日 (日) 18時57分

逆でしょう。
NSXコンセプトのデザインありきの、フィットのバンパーやEV-Sterコンセプト(S660)なわけで、
フラッグシップスポーツのイメージを、ファミリーカーだったりエントリースポーツに落とし込んだんじゃないですか?
NSXの前後ダクトはちゃんと機能しており、フィットのがただのデザインって点がその証拠。

投稿: パトあき | 2016年9月21日 (水) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/67356734

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・NSX:

« 雑誌ナナメ読み:自動運転と呼ばないで | トップページ | クルマ散策:ダイハツ・キャンバス発表会へ出掛ける »