« 雑誌ナナメ読み:過去は振り返りません? | トップページ | クルマ散策:BMW複合施設に出掛ける »

新車心象風景:ルノー・トゥインゴ(9月発売)

Photoこれが日本のコンパクト、とりわけ軽規格へのいい刺激になればいいと思う。

魅力はあったけれど、歴代の3ドアハッチではなかなか「一家に一台」に対応できないところ、満を持しての5ドア化で、いよいよ実用性を手にしたと。

さらに、インポーター自ら「戦略的」とする180万円台からの設定で、財布にもより現実的となった。もちろん、「軽で十分」という圧倒的ニーズを考えれば、特別天井は高くなくてもサイズに大きな不満もないだろうし。

そうやって国産コンパクトと同じ土俵に立ったと思えば、欧州車らしい作りは、そのまま強みになるところがおもしろい。

エンジンは、軽はもとより、たとえばパッソあたりより力強いターボ仕様だし、ミッションはデュアルクラッチを標準とし、特別仕様ではMTも用意した。

インテリアは、高級感を中途半端に狙って失敗している国車勢を尻目に、ボディカラーに沿ったポップなカラーをインパネ、ドア内張り、シートにまで施して独自の質感を打ち出し得ている。

サンクターボをリスペクトしたリアハッチを始め、ボディに安っぽい処理は見当たらず、全身に新しいルノー・ファミリーの特長を備えている。いちいち引き合いに出してナンだけど、これでパッソの上級グレードと20万円差なら説得力もあるってもの。

いや、パッソやマーチ、フィットあたりとの競合というよりも、さらに一回りコンパクトなサイズながら、日常使いとして我慢や不足のない商品を「当たり前に」作る、その自然な姿勢が清々しいんである。

だから、高い技術力を有しながら、おかしな規格のおかげで最終的に寸足らずな商品に止まるニッポンの軽などは、この自然な取り組みをいま一度参考にしてはどうかと思うわけだ。

単純な話、現行の軽ボディにこの0.9リッター過給エンジンを載せるだけで、どれだけ余裕のあるコンパクトカーになることか。もちろん実用燃費も含めて。

トゥインゴが魅力的に見えるとしたら、クルマ作りのプロが「これはこうした方がいいだろう」という、ごく当たり前の発想を、素直に商品にまとめているところなんだと思う。

もちろん商品である以上、コスト管理もしっかり行っているんだろうけれど、一定のクオリティ維持とのバランスがうまく、安普請に陥るような価格設定に走らないのもまた自然だ。

そう考えれば、2016年のいま、最新の自動車技術やその蓄積を使えば、このくらいの商品はで決して特別なものじゃないとも言える。妙な規格に止まったり、旧態依然の商品ヒエラルキーにしがみつくか否か、だけなんだと思う。

あ、そうそう。リアエンジンという方式が、馴染みがない故に購入動機へのネックになるのかどうか、これは正直まだ読めないところなんである。

|

« 雑誌ナナメ読み:過去は振り返りません? | トップページ | クルマ散策:BMW複合施設に出掛ける »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

トゥインゴもそうですが、ボクは同じコンポーネンツを共用するスマートの新型もそれなりに評価されていいかと思います。スマートは実用性の5ドアだけじゃなく、3ドアも用意されていれば、カブリオレもあるし、ブラバス仕様も用意されているわけで、その守備範囲の広さはなかなかだと思います。
ホントは、同じアライアンスを組む日産が、ルノーと一緒に軽を手掛けてみたり、また軽の枠をはみ出したコンパクトカーを作ったほうがいいんじゃないかトゥインゴを見ていると思いますね。枠にしがみつく三菱なんてと組むよりも・・・
欧州のモーターショウに行くとわかりますが、日産とルノー、同じアライアンスを組んでいるのに、こうもクルマの商品的な魅力や、意外にもそのクオリティに差を感じますね。日産はやっぱりルノー従属されている感じがします。ホントは、トゥインゴのようなクルマを相乗的につくれてこそ真の成功したアライアンスかと・・・

投稿: アクシオム | 2016年8月12日 (金) 15時52分

後席に人が乗るとトラクションかかって面白い乗り味になるんだろうなぁ。
意味もなく人を乗せたくなる「本当のファミリーカー」かも(笑)

投稿: ネコ | 2016年8月13日 (土) 16時04分

すぎもと様こんにちは。
このトゥインゴやフィアット・500の様な良い意味で割り切った作りのファニーな雰囲気を持ったスモールカーって国産にはあまり無いですよね。
マーチには十分その資格があったのですが、次期型はスタイリッシュ路線に変更の様で残念です。
どうしても他よりも少しでも広く、フェイクでも良いから見栄え良く見せようとしてしまうのは、国民性もあるのでしょうね。それが決して悪い事とも思いませんがなんだか寂しいです。

投稿: 空色のR2 | 2016年8月14日 (日) 01時47分

私は今、トヨタのWill Viという車に乗っているのですが、飾らないオシャレ感という意味では、フィアット500やこのトゥインゴに共感するものがあります。15年も前の車ですが、トヨタもこんな車が作れたのになぁって思うと今のラインナップは残念ですね。乗りつぶしたらトゥインゴを検討したいです(o^―^o)

投稿: としぴぃ | 2016年8月15日 (月) 20時44分

アクシオムさん

いや、そうですね。本来なら日産と・・・と思うわけですが、端からそんなことは考えてない。当然のこと欧州目線なんですね。スマートはそれこそ向こうでは評価されているんでしょうけど、日本のメディアや評論家さんは興味がないんじゃ?

ネコさん

どこかにセカンドカーと割り切った発想があるのかもしれませんね。

空色のR2さん

先代、先々代のマーチなんて結構いい佇まいでしたけどね。そういう財産を簡単に捨てるメーカーはいけません。マツダはデミオで頑張っていますが、トヨタもそういう方向でワオ!なクルマを作ればいいのにと思います。

としぴぃさん

Willですか。別ブランドということで思い切った企画が実現したクルマでしたね。フツーのラインナップでも、そのくらい肩の力を抜けばいいと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年8月16日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/66952632

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ルノー・トゥインゴ(9月発売):

« 雑誌ナナメ読み:過去は振り返りません? | トップページ | クルマ散策:BMW複合施設に出掛ける »