« Drive My Car:愛車の記事が載りました! | トップページ | Drive My Car:2週間ぶりの愛車退院 »

クルマ散策:ボルボ新世代コンセプト発表

402久々に面白そうなコンセプトカーなんである。

新世代プラットホームを使う、文字どおり新しい世代のボルボを提示する2台は、あっけない発表とは裏腹に、内容のインパクト、とりわけエクステリアデザインのそれはかなり大きかった。

1年半ほど前にヘッドハンティングされたデザイナー、トーマス・インゲンラート氏は、キャリアのほとんどをVWグループで過ごしたそう。アウディやVWブランドの経験はもちろんのこと、個人的にはシュコダでの仕事が今回大きく影響しているように思える。

シンプルなラインが特徴のVWグループの中でも、とりわけシュコダは数年前から「クレバー」を造形テーマに掲げており、たとえば現行のゴルフやパサートの精緻な作り込みによるシンプル路線とは、またひと味違ったテイストを持っている。ホワイトの端正なボディはそこに近いイメージを持つ。

ボルボの現行各シリーズは、いまどきの曲線ボディにかつてのテイストをうまく採り入れて成功したけれど、新しい2台は、逆に直線基調に戻した上での再解釈に見える。ただ、たとえばルーフは緩やかな曲線だし、サイドボディも張りのある面を持っていて、単調な直線ということではなく、そのミックス加減が新鮮だ。

401このあたり、質実剛健なボルボの伝統を再構築させるのに、VWの経験を実に巧妙に盛り込んでいるのが心地いい。現行車から採用しているヘッドランプのトールハンマーも、なるほどこういうことだったのかとあらためて納得できたり。

もちろん、量産型への落とし込みが正否のポイントではある。特徴的な鋭いエッジをどこまで再現できるのか、直線基調が退屈さに陥らないよう質感をキープできるか、などなど。

久々の直球勝負な試みは、もう2017年には市販型が現れるというから、今後しばらく期待してみたいと思うんである。

|

« Drive My Car:愛車の記事が載りました! | トップページ | Drive My Car:2週間ぶりの愛車退院 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

確かにシェコダのデザインに触発された部分を感じますね。今年のジュネーブショウに出品されていたVISION Sに通ずるものがあります。
でも、僕はそれ以上についに中国資本の影響がそこはかとなく感じるパキパキなデザインになってきたかと・・・
このサイズだから許せる感じはしますが、今後このデザインが40シリーズから60シリーズに移行していくと、ちょっと残念に感じるかも。
できれば60シリーズは90シリーズのテイストで上品かつ、スタイリッシュにまとめてほしい気がします。

投稿: アクシオム | 2016年6月 9日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/65881660

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ボルボ新世代コンセプト発表:

« Drive My Car:愛車の記事が載りました! | トップページ | Drive My Car:2週間ぶりの愛車退院 »