« クルマ散策:事故に教訓は必要なのか? | トップページ | Drive My Car:愛車の記事が載りました! »

新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ

X2いいコンパクトカーの認識が、たぶん最初からズレているんじゃないかと思う。

トヨタの完全小会社化が決定し、ダイハツが小さいクルマの開発を引き受けると聞いたとき、少なくとも僕がイメージしたクルマはこういうものじゃなかった。

玩具的趣味の対象となり得た初代コペン、軽のセルシオを標榜した4代目ムーヴなどの意欲的な軽はもちろん、小型車でもシャレードやアプローズ、YRVなど、ダイハツはなかなかに個性的なクルマを世に送り出してきたんである。

先代までのパッソやbBなどが、トヨタの企画故の残念なクルマだったとすれば、すっかりダイハツの主導となる今回は、だからいい意味でヒネリの利いた面白いコンパクトになると思うじゃないか。

実際、ダイハツの主張は「軽メーカーだからこそできたコンパクト」。これっていろいろな受け取り方ができるけれど、キツキツな制約の軽枠で工夫を重ねたノウハウを持ち込めば、その余裕分を十二分に生かした魅力的な小型車ができると聞こえるわけで。

けれども、どうやらそれは大きな間違いだったようだ。

個性を消したスタイル、加飾パーツが貧しさを感じさせる内装、安易な2グレード構成、車重ギリギリな1リッターNAエンジン。結局ノウハウというのは、単に一回り大きい軽を115万円で作ることができますよ、というものだったらしい。

どうして、もっと広い視点で企画ができなかったんだろうと思う。多少値は張ってもダイハツなりの「小さな高級車」を狙うとか、初代ヴィッツのようにクラスレスな革新性を打ち出すとか、一方、余裕のある1リッター・ターボをベースエンジンに据えるとか。

先日、デザイナー氏へのインタビューを行ったときに感じたのは、何よりも開発スタッフの真面目さだ。合理性の追求という統一目標に向け、ダイハツの技術を結集する意図にブレはないように見えた。

じゃあ、そうやって真面目に取り組んで、広い室内、クラストップの低燃費、フラットな乗り心地と安い価格を達成すれば優れたクルマになるのかと言えば、しかしそう簡単な話じゃない。

もちろん、軽の技術を生かすのはいいとしても、おかしな延長路線に囚われるのは間違いだと僕は思う。それは、ライバルのスズキが独自の小型車戦略でいい見本となっているじゃないか。

トヨタのラインナップを構成するのは大きな制約と言いたいのかもしれない。ただ、わざわざ別会社が企画・開発をするのは、そこで新鮮な提案をするからこそ意味があるんじゃないのか。そもそも、トヨタだって『ワオ!』なクルマが欲しいんでしょ?

|

« クルマ散策:事故に教訓は必要なのか? | トップページ | Drive My Car:愛車の記事が載りました! »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ダイハツの車で良かったのは、(古い例でいえば)例えばコペンならホンダのビートに少しでも近づけようとしたから(革新性には大きな差がありますが)ではないかと思います。それが今回はトヨタの車と先代のパッソしか見ていないのでは、この結果は当然といえるかもしれません・・・・などと考えてしまいました。せめてVWのUPでも見本に頑張れば違った結果になったかもしれません。何年も経つのにあのクラスでは買うのならやっぱりUPかなと思います。まあトヨタの傘下のダイハツには無理かなとも思いますが、是非いい意味で期待を裏切って欲しいですけど!

投稿: pottsy | 2016年5月29日 (日) 20時28分

新型パッソ/ブーンそれほど詳しく注視していないので、これと言って意見はありませんが、日産と三菱のNMKVのような共同商品企画をするつもりはないんですかね・・・すぎもとさんの記事を拝見すると、ダイハツがすべて主導したように思えますが。ダイハツが海外でパッソ/ブーンを売るのであれば、また違った商品になったのかもしれませんが、出てきた新車を見ると、まぁあながちこのままダイハツが得意とする東南アジアで売るのであればそのままでもいいし、多少グレードダウンして売るのかなという気がしないでもないですね。
もし、トヨタ流の「ワォ!」的な商品を期待するのであれば、そこはやはり本家のトヨタが主導するべきじゃないでしょうか?
スズキなみの商品企画をするのであれば、トヨタの完全子会社にはなっていないはずですし。

ところで、以前「Drive My Car:北陸ツーリングへ出掛ける」の文末に「ブログのテーマである自動車評論家については、このところいろいろなニュースが飛び込んできています。ちょっと頭を整理して、近いうちにこでコラムにしたいと思いますので、」とありましたが、こちらの方はどうなりましたか?ちょっと気になっていたので・・・

投稿: アクシオム | 2016年5月31日 (火) 16時06分

pottsyさん

なるほど、どこを見ているのかという問題ですね。UP!はいい目標ですね。快適性などで足りない部分が指摘されますが、そこを日本の細かな配慮でカバーしたようなクルマが出ればと思います。

アクシオムさん

やはりダイハツにはスズキ並みの開発は難しいのでしょうか? 評論家のニュースについてはいま頭を整理しているところです(笑)

投稿: すぎもとたかよし | 2016年6月 7日 (火) 21時16分

ダイハツ、トヨタは最大手メーカーとしてライバルがいない故の自車がライバル、その社内ライバルを食ってはならぬ掟が金科玉条なんだろうと感じます。
安全装備にしても、デザインにしてもヒエラルキーを頑なに守っているんだなあと。

翻って中小メーカーのスズキやマツダ、スバルは技術を出し惜しみしない戦略ですね。

好きな方を、どうぞ。

私は車が既に技術面では煮詰まっていると感じます。トヨタは冒険しない。それは枯れた技術を使う意味をよく理解してるんだと思います。

投稿: スギちゃん | 2016年6月 9日 (木) 02時34分

スギちゃんさん

技術の出し惜しみをしない・・・まさにそうですね。その必要もないし。
しかし、ダイハツはそれなりに真面目に取り組んでいるところが複雑
なところです。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年6月10日 (金) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/65736868

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ:

« クルマ散策:事故に教訓は必要なのか? | トップページ | Drive My Car:愛車の記事が載りました! »