« クルマ散策:1986年のクルマ大集合 | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

雑誌記事:不定期コラム掲載されました

X2自動車専門サイト「クリッカー」の不定期コラムが掲載されました。

今回は、先月発売となったダイハツ・ブーン、トヨタ・パッソのデザイナーインタビューです。なぜか大々的な発表会がなかったということで、連休前に行われた試乗会会場にてチーフデザイナーさんから話を聞きました。

ダイハツはトヨタの子会社となりましたが、小型車はダイハツに任せる・・・という新しい体制の第1弾としてか、今回はダイハツ主導による開発となったそうです。もちろん、デザインもダイハツ側です。

ただ、ハスラーやアルト、イグニスなど、最近キレのあるデザインを見せるライバルのスズキに対し、どうもダイハツは迷いの中にあるんじゃないかと思わせます。コペンやムーヴ、キャストなど、どうもパッとしない。

ブーン・パッソについても、初代が結構いいまとまりをしていたところ、2代目はずいぶん緩くなっちゃったなあと。じゃあ、開発を主導した今回はとなると、新型ブーン・パッソというよりキャストのお兄さん的なイメージが僕にはあります。

これが良くも悪くも、実にいまのダイハツっぽいんですよね。佇まいに独特の匿名感がある。デザイナーさんによると、このクルマは非常に幅広い年齢層を想定しているので、万人にウケる必要があるとのこと。であれば、その「幅広さ」をどう考えるかが要になるわけですけど、皆さんはどう思われたでしょうか?

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカー記事サイト)

http://clicccar.com/2016/05/10/370907/

|

« クルマ散策:1986年のクルマ大集合 | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/65413755

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:不定期コラム掲載されました:

« クルマ散策:1986年のクルマ大集合 | トップページ | 雑誌記事:不定期コラム掲載されました »