« 雑誌記事:不定期コラム掲載されました | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ »

クルマ散策:事故に教訓は必要なのか?

11km自動車評論家だけが悪いという話じゃない、とは思う。

MAZDA・ターンパイクで評論家の森野恭行氏が亡くなった事故は、業界やクルマ好きだけではなく、TVの報道などで一時は話題となったみたいだ。

ただ、広く報道される場合の多くの例に漏れず、またネットを中心にした反応は冷ややかで、「運転のプロでもないのに無謀」「100キロ以上出していたなんて自業自得」「一般の人が巻き込まれなかったのが救い」といった、まあいつもの切り捨て論調な感じ。

それは決して間違いではないけれど、調子に乗ったひとりの評論家がたまたま激突死したで終わってしまうのは、たぶん違うと思う。

また、同業者やクルマ好きの一部では「原因追究」などとあれこれ想像を働かせた記事やブログなどがあるけれど、人ひとりの死より衝突のメカニズムや技術論に興味が傾いているようで気持ちが悪く、これもまた違うかなと。

今回は雑誌の取材だったらしいけれど、ターンパイクはメーカー試乗会会場にもなっている。そこで多くの評論家が「テスト」を行い、それを記事にする。その時、では多くの評論家が制限速度内で走っているかといえば、そんなことはほぼ皆無だろう。

もちろん、道路を借切って制限速度を開放するケースもあると思うけれど、その場合だって
道路自体が変わるわけじゃないので、リスクとしてはまあ同じことかと。そして
メディアやメーカー、あるいはインポーターもそれを認識しているという点が肝なんである。いや、認識というか、速度についてはある種の黙認をして「そういう記事」を期待していると。

だから、今回の事故ではなぜ依頼元のメディアの話が出てこないのかがいささか疑問な感じだった。乗客を乗せた高速バスが事故を起こせば、運転手の責任はバス会社の管理責任にも及ぶ。じゃあ、同乗者がいないからといって自己責任でコトは終結なのか?

当然、警察の取り調べ段階ではメディアへの聴取もあったんだろうけど、ニュースとしては
あくまでも個人のミス、暴挙としてのみ扱われることに大きな違和感を持つ。もしメディアなどへ話が及べば、もしかしたら業界の実情なりインプレッションのあり方などに話が展開したかもしれないのに。

それにしても、プライベートはいざ知らず、媒体ではほとんどこの件に触れられないのが不思議なところ。あたかも何事もなかったようにするのが故人のためということなのか、あるいは大人の対応ということなのか?

※写真はMAZDAターンパイクHPより

|

« 雑誌記事:不定期コラム掲載されました | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

自動車業界での交通事故は、意外と真相は闇?みたいなことが多いですね。
そういえばトヨタのテストドライバーであった成瀬さんのニュルブルクリンク近郊での交通事故だって、事故原因はおろか、事故の状況だって詳しくは報じられないまま、レジェンドとして祭り上げられちゃっている。
そういえば、森野さんも所属していたAJAJ、ジャガーの伊勢志摩での試乗会では、一般人から試乗車両について危険運転だとか、色々とクレームが来たそうですね。
交通事故に関して、本来ならばきちんと専門的にとりあげるべきメディアのはずが、どこか隠蔽しちゃいましょう的な流れで報じられないんですから、自動車メディアって相当落ちているメディアなんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2016年5月24日 (火) 09時23分

ドライバーか、車か、原因は報道されませんね。走る凶器と言われる不完全な車が販売を続けられる事実。性能は誇示しても安心に関してはタブーなマスコミ。もちろん交通事故を考えたら世界中の車は販売禁止が妥当。それは世界経済が止まるタブー。
将来的に自動運転車が100%近くなれば、自分で運転するなんてのは愉しさより凶器として見られそうな気がする

投稿: R35 | 2016年6月 4日 (土) 09時11分

アクシオムさん

伊勢志摩でそんなことがあったんですか? 闇・・・といっても本来の意味の闇などではないと思うようなことも、業界の雰囲気としてダブー扱になってしまうんでしょうね?

R35さん

どの交通手段であれ危険はあると思います。肝心なのは望まない事故などがあったときの対応なんだと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年6月 7日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/65125734

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:事故に教訓は必要なのか?:

« 雑誌記事:不定期コラム掲載されました | トップページ | 新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ »