« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

新車心象風景:ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ

X2いいコンパクトカーの認識が、たぶん最初からズレているんじゃないかと思う。

トヨタの完全小会社化が決定し、ダイハツが小さいクルマの開発を引き受けると聞いたとき、少なくとも僕がイメージしたクルマはこういうものじゃなかった。

玩具的趣味の対象となり得た初代コペン、軽のセルシオを標榜した4代目ムーヴなどの意欲的な軽はもちろん、小型車でもシャレードやアプローズ、YRVなど、ダイハツはなかなかに個性的なクルマを世に送り出してきたんである。

先代までのパッソやbBなどが、トヨタの企画故の残念なクルマだったとすれば、すっかりダイハツの主導となる今回は、だからいい意味でヒネリの利いた面白いコンパクトになると思うじゃないか。

実際、ダイハツの主張は「軽メーカーだからこそできたコンパクト」。これっていろいろな受け取り方ができるけれど、キツキツな制約の軽枠で工夫を重ねたノウハウを持ち込めば、その余裕分を十二分に生かした魅力的な小型車ができると聞こえるわけで。

けれども、どうやらそれは大きな間違いだったようだ。

個性を消したスタイル、加飾パーツが貧しさを感じさせる内装、安易な2グレード構成、車重ギリギリな1リッターNAエンジン。結局ノウハウというのは、単に一回り大きい軽を115万円で作ることができますよ、というものだったらしい。

どうして、もっと広い視点で企画ができなかったんだろうと思う。多少値は張ってもダイハツなりの「小さな高級車」を狙うとか、初代ヴィッツのようにクラスレスな革新性を打ち出すとか、一方、余裕のある1リッター・ターボをベースエンジンに据えるとか。

先日、デザイナー氏へのインタビューを行ったときに感じたのは、何よりも開発スタッフの真面目さだ。合理性の追求という統一目標に向け、ダイハツの技術を結集する意図にブレはないように見えた。

じゃあ、そうやって真面目に取り組んで、広い室内、クラストップの低燃費、フラットな乗り心地と安い価格を達成すれば優れたクルマになるのかと言えば、しかしそう簡単な話じゃない。

もちろん、軽の技術を生かすのはいいとしても、おかしな延長路線に囚われるのは間違いだと僕は思う。それは、ライバルのスズキが独自の小型車戦略でいい見本となっているじゃないか。

トヨタのラインナップを構成するのは大きな制約と言いたいのかもしれない。ただ、わざわざ別会社が企画・開発をするのは、そこで新鮮な提案をするからこそ意味があるんじゃないのか。そもそも、トヨタだって『ワオ!』なクルマが欲しいんでしょ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:事故に教訓は必要なのか?

11km自動車評論家だけが悪いという話じゃない、とは思う。

MAZDA・ターンパイクで評論家の森野恭行氏が亡くなった事故は、業界やクルマ好きだけではなく、TVの報道などで一時は話題となったみたいだ。

ただ、広く報道される場合の多くの例に漏れず、またネットを中心にした反応は冷ややかで、「運転のプロでもないのに無謀」「100キロ以上出していたなんて自業自得」「一般の人が巻き込まれなかったのが救い」といった、まあいつもの切り捨て論調な感じ。

それは決して間違いではないけれど、調子に乗ったひとりの評論家がたまたま激突死したで終わってしまうのは、たぶん違うと思う。

また、同業者やクルマ好きの一部では「原因追究」などとあれこれ想像を働かせた記事やブログなどがあるけれど、人ひとりの死より衝突のメカニズムや技術論に興味が傾いているようで気持ちが悪く、これもまた違うかなと。

今回は雑誌の取材だったらしいけれど、ターンパイクはメーカー試乗会会場にもなっている。そこで多くの評論家が「テスト」を行い、それを記事にする。その時、では多くの評論家が制限速度内で走っているかといえば、そんなことはほぼ皆無だろう。

もちろん、道路を借切って制限速度を開放するケースもあると思うけれど、その場合だって
道路自体が変わるわけじゃないので、リスクとしてはまあ同じことかと。そして
メディアやメーカー、あるいはインポーターもそれを認識しているという点が肝なんである。いや、認識というか、速度についてはある種の黙認をして「そういう記事」を期待していると。

だから、今回の事故ではなぜ依頼元のメディアの話が出てこないのかがいささか疑問な感じだった。乗客を乗せた高速バスが事故を起こせば、運転手の責任はバス会社の管理責任にも及ぶ。じゃあ、同乗者がいないからといって自己責任でコトは終結なのか?

当然、警察の取り調べ段階ではメディアへの聴取もあったんだろうけど、ニュースとしては
あくまでも個人のミス、暴挙としてのみ扱われることに大きな違和感を持つ。もしメディアなどへ話が及べば、もしかしたら業界の実情なりインプレッションのあり方などに話が展開したかもしれないのに。

それにしても、プライベートはいざ知らず、媒体ではほとんどこの件に触れられないのが不思議なところ。あたかも何事もなかったようにするのが故人のためということなのか、あるいは大人の対応ということなのか?

※写真はMAZDAターンパイクHPより

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:不定期コラム掲載されました

Img_2593自動車専門サイト「クリッカー」の不定期コラムが掲載されました。

今回は、久々に国土交通省への取材です。以前、マガジンXなどで社会ネタを書いていたころは頻繁に通ってましたが、最近は霞が関から遠ざかっていましたので。もちろん、燃費の話です。

今回の三菱不正問題では、カタログ値に対して最大15%程度の差異という内容。不正自体は論ずるまでもなくOUTですが、TVの報道番組で”したり顔”のキャスターが「リッター30キロが実は28キロでした!」とか、、「三菱車を買ったけど思っていたより燃費が良くなかったというユーザーが多い」なんて切り口で特集をしているのを見ると、どうにも違和感があったりします。

前にも書きましたが、それを言うならそもそも国の燃費モードは実燃費に6掛け、7掛けの世界なわけで、そこは触れないの?と。ということで、今回は先日発表された国際新基準を含めて、そのあたりを国交省の担当者に聞いて来ました。

とは言っても、雑誌のように文字数に余裕がないこともあり、かなりライトな内容になっています。え、これで終わり?なんて感じられるかと思いますが、その辺はご承知おきくさだい。逆に、1、2分で読めますので(笑)

(クリッカー記事サイト)

http://clicccar.com/2016/05/19/372611/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌記事:不定期コラム掲載されました

X2自動車専門サイト「クリッカー」の不定期コラムが掲載されました。

今回は、先月発売となったダイハツ・ブーン、トヨタ・パッソのデザイナーインタビューです。なぜか大々的な発表会がなかったということで、連休前に行われた試乗会会場にてチーフデザイナーさんから話を聞きました。

ダイハツはトヨタの子会社となりましたが、小型車はダイハツに任せる・・・という新しい体制の第1弾としてか、今回はダイハツ主導による開発となったそうです。もちろん、デザインもダイハツ側です。

ただ、ハスラーやアルト、イグニスなど、最近キレのあるデザインを見せるライバルのスズキに対し、どうもダイハツは迷いの中にあるんじゃないかと思わせます。コペンやムーヴ、キャストなど、どうもパッとしない。

ブーン・パッソについても、初代が結構いいまとまりをしていたところ、2代目はずいぶん緩くなっちゃったなあと。じゃあ、開発を主導した今回はとなると、新型ブーン・パッソというよりキャストのお兄さん的なイメージが僕にはあります。

これが良くも悪くも、実にいまのダイハツっぽいんですよね。佇まいに独特の匿名感がある。デザイナーさんによると、このクルマは非常に幅広い年齢層を想定しているので、万人にウケる必要があるとのこと。であれば、その「幅広さ」をどう考えるかが要になるわけですけど、皆さんはどう思われたでしょうか?

では、お時間がありましたら下記サイトにて。

(クリッカー記事サイト)

http://clicccar.com/2016/05/10/370907/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ散策:1986年のクルマ大集合

Photo5月5日のこどもの日、筑波サーキットのイベントに出掛けてきました。

これは今年で30回目となる「コカ・コーラ オールドナウ カーフェスティバル」。サーキットを会場に、新車も旧車もとにかく走って楽しみましょうという趣旨のようです。

コースではスーパーFJやロードスターのワンメイクなど本格的レースから、トヨタ2000GT,コスモスポートといったヒストリックカーのデモランまで幅広いプログラムとなっていました。

今回出掛けたのは、30周年特別企画として、初回年の1986年と同年式のクルマを集めて展示するというプログラムがあったため。たまたま事前公募の記事を見て応募、意外や当選となった次第です。

この企画ではフェラーリ288やロータス・エスプリといった外国勢に加え、マツダ・RX-7(FC)、トヨタの初代スープラなど国産勢も参加、全8台の展示となりました。実はもっとたくさんの参加があると思っていたのですが、86年式ともなると早々見つからないというのが実情だそうです。

2_2展示は1台ずつ解説パネルまで作成していただき、想像よりも本格的な感じでした。また、展示の合間を縫ってデモランも実施。当然ですが、愛車でコースに出る機会などほとんどありませんのでいい経験となりました。

イベントには雑誌CGも後援、参加していて、トークショーなどのほか、読者もデモランできるという特典企画があったようです。GT-Rもいればヴィッツも走っているという、なかなか興味深い風景でしたね。

まあ、夏日のサーキットは結構しんどかったですが、連休中のいい時間にはなったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »