« クルマ散策:NYショー、雑感 | トップページ | Drive My Car:北陸ツーリングへ出掛ける »

新車心象風景:マーチ・ボレロ A30

Photoわずか30台という稀少性は、しかしその価値が疑わしい。

オーテックが30周年を記念するクルマを作るという話は結構前からあったし、初のアニバーサリーモデルとして、何やらずいぶん特別なものになりそうな予告っぷりだった。ただ、ベース車の希望を募ると聞いて、いまの日産にそんな特別な素材があったっけ?と。

で、マーチである。

過去3代の実績と評価をすべて放棄すると開き直ったかのように貧相な現行。内外装のデザインも作りも、初めてクルマを作ってみましたという新興国メーカーの商品のような。え、これをベースにするの?

そして、さらに意外だったのは、厳選パーツを手組みするエンジン、トレッドを広げて専用ダンパーを驕った足回り、補強を入れたボディ、レカロと本革ステアリングの内装と、特別の中身がいたって「想定内」だったことなんである。

いや、その抜群の精度の高さや変更箇所の多さは結構な力の入れようだし、ガチガチではなく快適性を重視しようという考え方も面白い。けれども、基本方針は昨今流行のメーカー系カスタムシリーズと同じ発想なわけで、極端な話、ノート・ニスモSとの決定的な違いは何だと。

で、マーチをベースにした今回、僕はボディの大半を架装するくらいのことをしてもよかったと思っている。あのザガートを持ち出すまでもなく、そもそもオーテックはそこに長けた会社だった筈で、よもや現行ボレロでお茶を濁してどうするんだと。

インテリアもパネルからすべて変更したかった。革巻きステアリングを付けたくらいで、あの残念な内装がどうにかなるものでもないし。内外装のデザインは、もちろん日産本体のデザイン部から募っても、あるいはいっそのこと外注でも面白かったろう。

その上で入魂のエンジン、足回りを施せば本当に特別なクルマになったと思う。それで350万円が500万円になったとしても、付加価値という点では比較にならないし、何しろお客はたったの30人だ。

いや、これが先代マーチだったら部分的なリファインでもよかったかもしれない。SR12がいまでも人気のように、結局ベース車に魅力があれば問題は小さいという実に単純な話なんである。さらにそのリファインが巧ければ、元の魅力も倍増されるという好循環すら期待できる。

日産車がつまらければニスモも退屈だし、オーテックも面白くない。記念するべき特別仕様を、屈指の駄作をベースにするという残念さは如何ともしがたい。そこを開発陣はどう感じているのか?

ま、この手の走り系仕様車はあくまで中身の機構が主役であって、見た目など二の次という風潮が一部のクルマ好きにはある。だから、オーテック的には立派なオーバーフェンダーのこのボディで何が不足?と思っているのかもしれないけれど。

|

« クルマ散策:NYショー、雑感 | トップページ | Drive My Car:北陸ツーリングへ出掛ける »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

どうせなら、IDxの市販版でもオーテックでやればよかったのに・・・ベースは?と聞かれて、それなら特別に日産から開発中止になったコンパクトFRのコンポーネントを特別に供出しましょうと。
今の日産には、90年代にやっていたパイクカーを出すべきかもしれませんね。あの時は、バルブ景気もあったけど、日産を活性化させなければという危機感が反面にはあってBe-1はでわけでなんですが・・・そう考えると、日産本体は海外での好調さはあっても、国内の販売は結構ジリ貧。でも国内軽視でもよければ出す必要がないと。
いやせっかく矢沢さん使って、「やっちゃえ日産!」ってやっているんですから、そろそろ商品で真面目にやっちゃってもらわいないといけませんね。

投稿: アクシオム | 2016年4月 4日 (月) 22時38分

すぎもとさんはどんな記念車を期待していたんでしょうね。
オーテックというと私は4ドアのGT-Rを思い出しますが、現行のGT-Rでセダンはさすがに無理でしょうね。

パフォーマンスに振ったマーチ、私は悪いと思いませんよ。ある意味GT-Rより手の込んだ仕事で作り上げるオーテックの技術の結晶のようなものですから、素材はマーチだろうがスカイラインだろうが何でもいいんだと思います。こういうクルマはそれこそごく一部のクルマ(というかオーテック)好きのために30台だけ作るんじゃないでしょうか。

むしろザガート・ステルビオのように見た目だけで中身(インテリアじゃありませんよ)はただのレパード?のようなキワモノは今の時代(当時も雑誌が騒いだだけでしたよね)誰も見向きもしないんじゃないでしょうか。もしそんなクルマを出したらすぎもとさんは「下品で」「残念な」「想定内」のオンパレードなんじゃないですか?(でも高名なデザイナーが絡んでいたらベタ褒めかな?)

以前のすぎもとさんは面白い視点から書かれた記事が結構あって関心することもしばしばでしたが、最近はクルマの見た目を貶すことばかりで読んでいて楽しいと思える記事がほとんど無いように思います。その方が簡単なのでしょうけど。sad

投稿: spank! | 2016年4月 6日 (水) 21時01分

アクシオムさん

中身がない「やっちゃえ」でも、それなりの話題にはなるのですから不思議ですね。グローバル化は国内軽視と同義ではない筈なんですけど、やっぱり目指しているところが違うんでしょうか?

spankさん

素材は何でもいいという考えはもちろんアリだと思いますよ。それにしてもこういうご指摘は刺激になりますね。精進します。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年4月12日 (火) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/64811563

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マーチ・ボレロ A30:

« クルマ散策:NYショー、雑感 | トップページ | Drive My Car:北陸ツーリングへ出掛ける »