« クルマ散策:トークショーへ出掛ける | トップページ | 新車心象風景:マーチ・ボレロ A30 »

クルマ散策:NYショー、雑感

PhotoNYショーから、とりあえず3台の雑感を。

コンセプトカーをほぼ踏襲、というのはたいてい「いい話」の表現だけど、そもそもコンセプト段階で?だったインプレッサの場合は、残念ながら逆だ。

ダイナミック&ソリッドという発想はまったくもって正しいと僕は思うけれど、その捉え方を間違えている気がする。 たぶん、パキパキしたフロントや真っ直ぐなショルダーラインに加えて前後に流れるキャラクターラインなど、エッジの効いたラインをもってしてソリッドと言いたいんだろうけど、それは違う。もちろん、それで醸し出す勢いをダイナミックというのもまた違うし。

Photo_3そもそも、基本のプロポーションからいけない。ぼんやりしたハッチバック、リアの持ち上がりが気持ち悪いセダンとも、なぜいまこんな既視感満載の凡庸フォルムなのか? レヴォーグでも感じたスバルの飛翔感の欠如は本物かもしれない。

ロードスター(MX-5)は、マツダの勢いが継続中であることを感じさせて面白い。

先代までのRHTは便利でありつつ、構造上リアピラーが残念な形状になってしまう。じゃあフルオープンはあきらめても徹底してデザインを優先しよう、ファストバックがいやな人には他を選んでもらおう。そういう分かりやすさがいまのマツダっぽい。

写真だけだけど、実際RFはオープンでもクローズドでも悪くない。考えてみれば「入魂」のロードスターに妙チクリンな追加仕様なんて当然ナシな選択なわけだけど、それをちゃんと形にするのはさすがだ。

Photo_5個人的なことを言ってしまうとロードスターというジャンルに興味はないけれど、これはなるほどと思わせる。

プリウスPHVは顔の変更が大きな話題。たしかにHV版の奇抜さはないけれど、ただ、最近のトヨタの節操のない横長ランプと品のないアンダーグリルに沿っただけで、特段よくなったわけじゃない。

リアのダブルバブル風ハッチを含め「こっちの方がカッコいい」的な声がこれからたくさん聞こえてきそうだけど、それはどうかと思う。

まあ、ここで何度か書いているとおり、新型プリウスが妙なのは前後ランプだけの話じゃないので、この程度の違いでどうこうってことじゃないと思うんである。

|

« クルマ散策:トークショーへ出掛ける | トップページ | 新車心象風景:マーチ・ボレロ A30 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

スバルは無理に流行に乗らないでシンプルなデザインにすればいいのになぁといつも思います。
「デザイン以外の部分」に十分魅力があるし、世間の評価もついてきている。それを無理に「今風」にするからおかしなことになるのかなぁ。個人的には現行インプレッサG4のデザインが好きなので程度のいい中古車出てくるのを期待してます。

投稿: ネコ | 2016年3月26日 (土) 04時31分

ニューヨークショウが予想以上に日本車で活気づいていましたね。
ジュネーブと違って、日本車が売れるのはやっぱり北米ってことですかね。
まぁそういう点で、インプレッサのモデルチェンジは、デザインだけでなく、ディメンションの面でも北米市場に重心が置かれたものですね。
まぁ北米で売らんがためのものですから、どうしてもコンセプトカーで予告提示はしておいても、そのとおりにはいかない。でもじゃあなぜコンセプトカーは出す必要があるのか?って・・・
ロードスターのRF、デザインを優先する仕掛けとしてはなかなかなものですが、それ以上にこのマシーングレイというボディカラーに惹かれますね。
カラーリングまで徹底して魂動デザインをするところにマツダデザインの勢いを感じます。ソウルレッドプレミアムじゃない色で訴求してきたRFはなかなかですね。
プリウスPHV改めプライムは、バッテリーの搭載の関係から全長が伸びて、ベースのハイブリッドよりもスマートになりましたが、まあそれに合わせたデザイン変更なんですかね。でもこれでPHVかHVの違いがデザイン上意味のある違いなのかといえば、そこまでは行っていないような気がしますね。

ps.ジュネーブショウ行ってきましたので、こちらのブログご覧下さい。
http://minkara.carview.co.jp/userid/174658/blog/

投稿: アクシオム | 2016年3月26日 (土) 22時34分

すぎもと様、こんにちは。
インプレッサの特にフロントやサイドの面に関しては、要素があり過ぎてダイナミックと言うよりビジーに感じます。
現行レガシィの突き出したヘキサゴングリルから大らかにリアに勢いが続くデザインがてっきりダイナミック×ソリッドだと思ってまして、個人的に特にアウトバックが伸びやかさと適正さを感じて好きだったのですが、スバルに言わせると違った様で…笑
マツダの魂動デザインが世界で評価されている事から、面に稜線を引いて表情を持たせるのが現在の世界のトレンドなんでしょう。
個人的には面に表情を持たせるだけの曖昧な弱い稜線は無駄と感じてるのですが、私の感覚が世間とズレてるみたいです。

投稿: 空色のR2 | 2016年3月27日 (日) 02時20分

すぎもと様こんにちは。
 
スバルのデザインはこちらでは不評のようですが、
個人的にはそんなに良くないかなー?という感じです。
(そもそもレヴォーグ好きですし(笑))
 
強いて言うなら、ちょっとラインがくどい気がしますね…
もう少しシンプルな面構成にしたら、もっと分かりやすくなるかなとは思います。
 
ロードスターについてはもはや言う事はないですね…
さすがに辻褄合わせが上手い…絶妙なボディワークは流石です。
 
プリウスPHVは、素のプリウスよりは大分マシに見えます(ヘッドライト回りとか)、が…
根本的なデザインが破綻しているので、小手先の変更では全体のアンバランスさは如何ともし難いようですね…残念。

投稿: とあるイラストレーター | 2016年3月27日 (日) 09時53分

インプレッサのこのデザインで今後5年間売れるのかな?
セダンの絞りながら持ち上がるリアデザインも収まりが悪く凡庸、5ドアもマイナーチェンジレベル
トヨタの方がデザインへの危機意識が高く感じる、車はシャープ顔の方が売れてるでしょ

投稿: アイシス10年落ち | 2016年3月30日 (水) 22時18分

ネコさん

そうですねえ。実際初代から数代のレガシィ、あるいは初代インプレッサなどはシンプルにできていたんですからね。まあ、ありがちな造形ではありますけど・・・。

アクシオムさん

ジュネーブいいですね。じっくり拝見します。インプレッサの北米傾倒は理解できますが、現行レガシィなんかは結構いいんですけどね。魂動デザインの評価はいろいろでしょうけど、明快な攻めの姿勢は僕もいいと思います。

空色のR2さん

僕も現行レガシィを見てようやくスバルデザインは落ち着くのかと思っていました。まさかこういう方向に行ってしまうとは驚きです。情緒的な手法はそれ自体ありだと思いますが、相当な力量が必要だと思います。実際、マツダにも成否があると思いますし。

とあるイラストレーターさん

ビジーですね。ビジーなのを「ソリッド」と言ってしまうところが?なんです。車種が少ないところでこれは痛いと感じます。プリウスは仰る通りで、破たんしていますね。

アイシス10年落ちさん

北米では継続して売れるんでしょうかね? なんだかどの車種も似通っていて、それに魅力がないんですよね。どうしてリセットできないんでしょう?

投稿: すぎもとたかよし | 2016年4月 2日 (土) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/64620840

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:NYショー、雑感:

« クルマ散策:トークショーへ出掛ける | トップページ | 新車心象風景:マーチ・ボレロ A30 »