« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

クルマ散策:NYショー、雑感

PhotoNYショーから、とりあえず3台の雑感を。

コンセプトカーをほぼ踏襲、というのはたいてい「いい話」の表現だけど、そもそもコンセプト段階で?だったインプレッサの場合は、残念ながら逆だ。

ダイナミック&ソリッドという発想はまったくもって正しいと僕は思うけれど、その捉え方を間違えている気がする。 たぶん、パキパキしたフロントや真っ直ぐなショルダーラインに加えて前後に流れるキャラクターラインなど、エッジの効いたラインをもってしてソリッドと言いたいんだろうけど、それは違う。もちろん、それで醸し出す勢いをダイナミックというのもまた違うし。

Photo_3そもそも、基本のプロポーションからいけない。ぼんやりしたハッチバック、リアの持ち上がりが気持ち悪いセダンとも、なぜいまこんな既視感満載の凡庸フォルムなのか? レヴォーグでも感じたスバルの飛翔感の欠如は本物かもしれない。

ロードスター(MX-5)は、マツダの勢いが継続中であることを感じさせて面白い。

先代までのRHTは便利でありつつ、構造上リアピラーが残念な形状になってしまう。じゃあフルオープンはあきらめても徹底してデザインを優先しよう、ファストバックがいやな人には他を選んでもらおう。そういう分かりやすさがいまのマツダっぽい。

写真だけだけど、実際RFはオープンでもクローズドでも悪くない。考えてみれば「入魂」のロードスターに妙チクリンな追加仕様なんて当然ナシな選択なわけだけど、それをちゃんと形にするのはさすがだ。

Photo_5個人的なことを言ってしまうとロードスターというジャンルに興味はないけれど、これはなるほどと思わせる。

プリウスPHVは顔の変更が大きな話題。たしかにHV版の奇抜さはないけれど、ただ、最近のトヨタの節操のない横長ランプと品のないアンダーグリルに沿っただけで、特段よくなったわけじゃない。

リアのダブルバブル風ハッチを含め「こっちの方がカッコいい」的な声がこれからたくさん聞こえてきそうだけど、それはどうかと思う。

まあ、ここで何度か書いているとおり、新型プリウスが妙なのは前後ランプだけの話じゃないので、この程度の違いでどうこうってことじゃないと思うんである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クルマ散策:トークショーへ出掛ける

Img_2313先週の土曜日、都内人形町までトークショーに出掛けてきました。

ジャーナリストの沢村慎太朗氏と森慶太氏が主催する自動車メディア「モータージャーナル」が開催する月例のトークライブ。有料メールマガジン登録者限定のイベントですが、興味があって先日登録したばかりで。

緻密な取材による明晰な記事の沢村氏、クズした文体ながらも深い分析が光る森氏。この両者によるトークライブは、さぞやカッチリと隙のない濃厚なものかと思いきや、特段テーマを設けることもない成り行きトークでした。

冒頭はイグニスに始まり、レクサス、NSX、アウディといったクルマ絡みはもちろん、いま沢村氏が取材を進めているドイツ文化や、あるいは両氏のプライベートな日常まで思いつくままのまったりトーク。

以前のリポートを見ると、プロジェクターの映像を見ながら・・・なんて写真もあったので、おそらく当初はそれなりに仕込み系の内容だったようですが、数年経ってスタイルも変わってきたのでしょうか?

「モータージャーナル」は万人に無難な記事を届けるよりも、少数のユーザーに質の高い評論を提示するという新提案のメディア。実際、週に1回配信されるメルマガは、他では読むことのできない情報が詰まっています。

トークライブは、その新メディアのもう1本の柱。なのでこの成り行きな進行は意外でした。もちろん、幅広い話題自体は悪くありません。あまりに個人的な自動車趣味を延々と語られるよりずっといいですし。

ただ、成り行きと怠惰は紙一重です。いくら素晴らしい才能を持っていても、会の運営にもし手抜きがあるとしたら、それは入場料を支払う参加者に対しての裏切りになってしまう。それどころか、満足を得られないという点で、結局巷の提灯記事と同じ穴の・・・なんてことすら言えるかも。

そう考えると、自動車メディアというのは本当に難しいですね。というか、高い志を維持し、なおかつ発展させるとなると、結構な自己制御はもちろん、プロデューサー的に要となる人物が必要だったりするのかもしれません。

だって、やり方次第でこのトークライブが自動車メディア界の台風の目になる可能性もあるわけですから。いや、両氏はそんなもの望んでないと言うかもしれませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌ナナメ読み:辛口は難しい?

2015悪くはないけど、同時に残念な感じもある。

少し前の『ベストカー』誌での小特集。「その評価本当に正しいの!?」は、最近のインプレッション記事はやたら褒めちぎる記事が多すぎる、という読者からの指摘を受けたものだとか。たぶん、新型プリウスあたりの話じゃないかとは思うけど。

これについての著名評論家3人の対談は、ある種本音のようなことも書かれていてなかなか興味深いんだけど、一方で突っ込みどころもあったりする。たとえば、

「いまの時代、欠点をあげる記事が求められているのか? 辛口スタイルで成功したのは徳大寺さんくらいだし・・・」

欠点の指摘は求められているか否かで決めるものじゃないし、そもそも「辛口スタイル」という捉え方からしておかしい。つまり、ベタ褒めじゃなければ辛口などという両極端な発想自体が間違いなんである。

当然のことだけど、評論はフラットであるべき。よいところは褒めればいいし、そうじゃない部分は淡々と指摘すればいい。どちらかに偏る必要はどこにもない。そういう意味で、徳大寺氏は「辛口スタイル」なんかじゃなかったと僕は思っている。

「言い放しはよくない。自分は試乗会でおかしいと思ったことは開発陣に伝えている。許せないのはコストのせいにする開発者だね・・・」

いやいや、開発陣に言うよりも記事にしなくちゃ。意見を公にしなければそれこそ言い放しでお蔵入りになってしまうしね。もちろん、許せないことがあるならそれこそをユーザーに伝えるのが仕事でしょう?

後半の評論家諸氏による「実はここがおかしい」記事はいささか取って付けたようなもので、まあ今回の特集として支障のない範囲で”異論”を書いた感じだ。

ただ、仮に一回限りの思いつき企画であっても、こういう記事が載ることはもちろん悪いことじゃない。だって、それすらやらない媒体もあるわけだし。

けれども、同時にこの特集でわかったのは、著名な方々であっても現場はこの程度の認識なの?という事実だ。辛口は求められているのか、批判は覚悟や勉強が必要、編集部の意向もある等々、これはいったい何十年前の話なんだという。

流れの中での思いつき企画であっても、そういう実状が垣間見れたのは興味深いし面白い。仮にそれが残念な場面であったとしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイン記事掲載されました

2記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回は前回同様、自動車専門サイトのclicccar(クリッカー)で、昨日発表となりましたスズキ・バレーノに関するデザイナー・インタビューです。

内容は記事のとおりですが、このバレーノは最近のスズキ小型車からはずいぶんと異なる趣となっています。

このあたり、もっとも数が出るインド市場をし意識しているのは当然のことですが、それにしても・・・という感じですね。

それではお時間がありましたら、下記サイトにてご笑覧ください。

(クリッカー記事)

http://clicccar.com/2016/03/10/359475/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ散策:スズキ・バレーノ発表会へ出掛ける

Img_2295今日、スズキ・バレーノの発表会に行って来ました。

ご存知のとおり、バレーノはインドからの逆輸入車。アジア圏からの逆輸入車というと、日産マーチや三菱ミラージュなど、少しお安い系のものを想像しますが、バレーノはスイフトよりひと回り大きな上級車種という位置づけで、その点新鮮な感じがあります。

長い経験を持つインドから日本へ持ってくるというのは、スズキにとっては相当な出来事のようで、今日は珍しく鈴木修会長が出席していました。さらに、駐日インド大使も挨拶に登壇するという力の入れようです。

で、バレーノは軽でダイハツに若干遅れをとるスズキが、より収益の大きい小型車で盤石なラインナップを築くべく、イグニスから時間をとらずして持ち込んだということのよう。

スイフトの1.2リッターNAエンジンに加え、ウワサのブースタージェット、1リッター・ターボエンジンを導入したのも上級クラスっぽいところ。NAを回してナンボという楽しみもあるでしょうけど、豊かなトルクで余裕のある運転というのが自分の好みなので、このエンジンシリーズには期待してしまいます。これがスイフト・スポーツに使われるといいな、とか。

いわゆる質感についても、修会長が今日再三話していたとおり「インドだから」といった先入観が不要なほど”ふつう”にできています。というか、ヴィッツあたりよりよほど作りはいい。

まあ、仮に作り自体に難がなくても、商品として受け入れられなくては結局販売には結びつきません。つまりはソリオじゃなくて、背の低いこのハッチバックを選ぶ理由が日本市場にあるのか否か。

その意味で、スズキの新しい提案は結構な賭けなのかもしれませんが、年間6000台という販売目標はそのひとつの回答なのかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クルマ散策:デザイン講座に出掛ける

Img_2289今日の午後、デザイン講座の聴講に出掛けてきました。

これは、御茶ノ水のカフェでほぼ月1回開催されている『青戸務 マンスリー・カー講座』です。

青戸氏はおもにホンダで活躍されたデザイナーで、オペルで活躍した児玉英雄氏、マツダで活躍した河岡徳彦氏とともに、多摩美術大学・プロダクトデザイン研究室出身の「3人衆」として有名な方です。昨年、そのタマビで凱旋講演会があり、業界を含めなかなか盛況だったと聞きます。

本日のお題はフランス車の動向で、2008年のパリ・ショーの振り返り、そして同時期のパリ・レトロモービルショーもついでに語ってみるというもの。

情報としては10年近く前のイベントですが、欧州をメインにしたデザインの動きは、かえって最近のショーよりも見えるものが大きかったようです。ルノーではパトリック・ルケマン後年の展開や元気だったプジョー、まだ落ち着きのあったレクサスなど、なるほどと思いました。

講座にはトヨタを定年となった、あるいは日産から独立したなどの元自動車会社デザイナーや家電のデザイナー、あるいは雑誌CGのクラブ会員など、様々な方が集まっていてなかなか濃い場になっていました。そうそう、カースタイリング誌の藤本彰氏の姿もありましたね。

毎回”二次会”が恒例らしく、ある種のデザイナー交流の場になっているようです。僕も参加させていただきましたが(下戸ですけど)、ちょっとした仕事上のニアミスがあったりして楽しい時間を過ごせました。

モーターショーやサークル・イベントだけでなく、こうした集まりも自動車文化のひとつのカタチとしてとても魅力的かと思います。在京の方はぜひ聴講をされてはいかがでしょうか?

※会場の御茶ノ水『ESPACE BIBLIO』のサイト

http://espacebiblio.superstudio.co.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »