« 雑誌記事:記事が掲載されました | トップページ | クルマ散策:デザイン講座に出掛ける »

雑誌ナナメ読み:新型プリウス絶好調!

Photo新しいプリウスの記事がなかなか残念なんである。

クルマ各誌で展開される新型プリウスの記事、これが一様に絶賛な感じだ。もちろん、誉め称えるべきクルマが出てくるのは歓迎だけど、あまりのハシゃぎぶりには少々違和感もあったりする。

まずは何と言ってもお約束の「先代潰し」だ。新型のよさを強調するには、先代がいかにダメだったかを掘り返すのがもっとも効果的。何しろその時点ではもはや過去の商品、そこそこのことを書いても許されるし、その分新型を誉めちぎるんだから問題なしと。

今回はこの”手法”がことさら多い。あるB5判誌での評論家氏は「加速とエンジン回転が合ってなかった」「燃費はよいがシャシーがプアだった」「トヨタのFF車の欠点は乗り心地の質感」「プリウスの欠点として指摘されてきたブレーキフィール」と、たったひとつの記事で4点もの潰しネタを披露している。

評論家による「正直に言えば」なんて表現は、読者=ユーザーを大きく裏切り、バカにしたものなんだけど、果たしてそういう自覚があるのか否か。いや、もしかしたら、それこそが自分の仕事だと信じているのかもしれないけれど。

で、絶賛の要であるTNGA。そのポテンシャルはともかく、ことプリウスについては疑問もある。

相当な低重心が走りの質を大きく向上させたという話なんだけど、じゃあその向上とやらは他メーカーの同クラス車をブッチ切るようなものなのか。もう日本車のレベルをドーンと底上げしちゃったのだろうか。

たとえば、トヨタが「ベンチマークはゴルフ」としたことを受けた比較記事では、燃費は圧倒、でも堅牢なボディと走りの質感はあと一歩なんて記事もあったりする。え、こっちの方が新しいのに追いついてない? じゃあ、一連の絶賛記事はいったい?と思うわけである。

そもそも低重心ってそんなにスゴイのかというあたりも疑問だ。もちろん、高いより低い方が有利な面があるのはわかるけど、技術が成熟したいま、それだけで走りのクオリティが決まるわけじゃないでしょう?

いや、実際そんなことはないんだろうけど、つまりは「これはTNGAだからスゴイ」「低重心だからいい」という単純なモノ言い、記事はいかがなものかと。誉めるのはいいけど、もっと冷静に落ち着いた方がいいんじゃないか。

ほら、大騒ぎのわりにほとんど変わっていないHVシステムなど動力性能、一部残したニッケル電池への突っ込みが足りない件はどうなんだと。

ま、今回はTNGAで走りがドーンとよくなったんだから、そこはほら、まあネエ・・・という姿勢は、先代までの「燃費がいいんだから、走りはホラねえ」というのと同じ発想じゃないか。もう言ってるそばから、性懲りもなくまたまた同じことを繰り返してるんじゃ?

あ、ちなみにスタイリングについての記事はあの「顔」が話題の中心だけど、個人的には今回のスタイルの問題は顔じゃなく、ボディ全体の話だと思うんだけど。

|

« 雑誌記事:記事が掲載されました | トップページ | クルマ散策:デザイン講座に出掛ける »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
また次の型が出たら
「先代はイマイチだった」
とか書くんじゃないですかね(笑)
 
話半分に聞いとくのが吉かもしれません。

投稿: とあるイラストレーター | 2016年2月28日 (日) 21時01分

こんばんは。私もこの記事は読みましたが、前のプリウスを買った人が好燃費と評論家先生の言うことを信じて買ったとしたら、その人達に対する裏切りみたいに思いますが?いまさら評論家先生のおっしゃることを鵜呑みにする人がいるかどうかはわかりませんが、私は自分で気に入った車しか買いませんので、提灯記事にふれると自分で見る目を持たないといけないなあとおもいます。また、このような記事にふれると私はいつも(車の雑誌ではありませんが)昔、「暮らしの手帖」という雑誌がありいっさいコマーシャルがなく、電化製品などの厳しい評価がしてあったことを思い出します。「車の手帖」があったらいいかも?などと考えてしまいました。

投稿: pottsy | 2016年2月29日 (月) 18時33分

新型プリウスの特徴は、TNGAによる操縦安定性の向上とそれによる社長号令の「もっといいくるま」効果なんでしょう。
まぁそれはトヨタの狙い通り自動車媒体は褒めたわけですが・・・
でも相変わらずのハイブリッドの加速をはじめとする走行フィーリングは、システム自体根本的に変えたわけじゃないですし。デザインのフォルムやパッケージにしても、斬新なフロントフェイスやMIRAI指向のテールエンドや、インパネに対して、一見変わったと思わせせておいて、実のところ3代目のキープコンセプトだったりしているんですよね。
そういう点に対して、新旧の比較をして旧型からの進化を語りながら指摘がないのが実に惜しいですね。まぁそんなこと書いちゃうといけないんでしょうが・・・
TNGAを採用して走りのいいハイブリッドを標榜するのはいいのですが、これでホントにドイツのアウトバーンを疾走できるクルマになっているかは疑問ですね。
TNGAの採用についてももっと深く踏み込んだ考察も欲しいですが、そこまで突っ込んだものはまだ見ていません。いずれモーターファンイラストレーテッドあたりが、3代目同様4代目も特集してくると、そういう記事が見れるか楽しみではありますが。

投稿: アクシオム | 2016年3月 1日 (火) 11時03分

評論家をはじめとするメディアはもうトヨタに頭が上がらないのでしょうね。
そしてバランスをとる?ためか日産やホンダへの辛辣な論評も妙に目立ちます。
アメリカの「コンシューマーレポート」みたいなスポンサーをつけない公平な立場からの論評を期待できる媒体が必要ですよね。

投稿: ポプラ並木 | 2016年3月 3日 (木) 12時59分

とあるイラストレーターさん

うーん、そうかもしれないですね・・・。

pottsyさん

雑誌の中には購入ガイダンス的なものもありますから、こうした記事を信じる人は少なくないと思います。雑誌CGはたしか自動車版「暮らしの手帖」を目指しての発刊でしたね。テストが多いのはそのためかと。

アクシオムさん

あまりの絶賛ぶりの反動か、一部評論家から別の声も聞こえ始めて来ましたね。まあ、モーターショーのガイドツアーのように、いま評論家諸氏は評論よりも「盛り上げよう」的な立場にあるようですね。

ポプラ並木さん

日産への記事はなかなか辛辣なものが目立ちますね。これも広告の絡みだとしたら酷い状況です。メーカー広告を持たない雑誌はマガジンXがありますが、もう少しスマートな誌面だといいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年3月 4日 (金) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/64187843

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:新型プリウス絶好調!:

« 雑誌記事:記事が掲載されました | トップページ | クルマ散策:デザイン講座に出掛ける »