« Drive My Car:長野温泉ツーリング | トップページ | クルマの他:限定JAZZイベントで日本橋へ »

クルマ散策:子会社化の肝は?

Photo子会社化の理由なんて、そう複雑なもんじゃないんだと思う。

コンパクトカー作りの技術を共有するとか、インドなどアジア圏でのシェアを確保するとか、いい加減聞きあきた「グローバル」なんて言葉を使って説明されたトヨタによるダイハツ完全子会社化の説明は、まあ企業としては当たり前な内容だ。

だから、そんなところを詮索して”したり顔”をしたところでたぶん面白くも何ともない。「ダイハツの名前は絶対になくしません」なんて章男社長の言葉が大きく取り上げられること自体、すでに退屈だし。

この手の提携や買収といった話では、より単純にユーザーに恩恵があるのかないのか。これを冷静に考えられるのであれば、そっちの方がいろいろ見えてくるものが多いと思うんである。

たとえば、ボディや走行性能の底上げを怠らない真面目なダイハツの軽に、トヨタ傘下になることでどんな変化を期待するだろうか。

個人的な意見なら浮かぶことはある。まず商品企画あたりで、ダイハツは個性的商品を出すけれど、同時に思い込みが少々ズレていたり、あるいは企画自体が寸足らずな面も少なくない。

たとえば、現行コペンは着せ替えというこだわりが実際のニーズと噛み合っていないとか、ウェイクのように勢いやり過ぎちゃうとか、キャストのように展開自体に無理があるとか。

そのあたり、ある意味真逆のトヨタ的営業至上主義でもって洗い直してはどうかと思う。もしかしたら、両社のミックスくらいでちょうどいい塩梅なんじゃないかと。

それから軽の実燃費向上とか。まんまTHSをとは言わないけれど、その応用技術でスズキのエネチャージを遙かに越えるミディアムHVなんて面白そう。乾いた雑巾を絞るようなモード燃費じゃなく、パワーと実燃費が正比例する軽の新しいパワーユニットとして。もちろん、システム出力は64馬力オーバーってことで。

一方、コンパクトカーをダイハツに任せるという話では、軽の作り込みのよさをそのまま引き継いで欲しいなど。

ダイハツは、もともとシャレードやストーリアなど魅力的なコンパクトを作ってきたわけだし、パッソ・ブーンみたいなことはもうやめて、ヴィッツも含め、丁寧な作りで質の高い小型車を提案してはどうか。マツダ・デミオを出し抜くような。

とまあ、すべてはたとえばの話ではあるんだけど、肝要なのは、ユーザーにとって本当に恩恵のある具体的な提案を思い描いてみることなんだと思う。

最近、やたらと「いいクルマ作り」を口にするトヨタが、なぜ他社との提携や子会社化を進めるのか。共同開発やら委託生産が、果たしてその近道だと確信しているのか。それを具体的なアウトプットで検証してみると。

ここに来て、下請けからの仕入れ額を半年ごとに値下げさせる慣例を再開したトヨタ。「ワオ!」なんてカッコのいいことを言ったところで、結局はコスト削減が目的であってゴールなんだろと思わせる。

いち企業の子会社化のような大きな変化は、そのあたりの実像を結構浮き彫りにしてくれるとは思うんだけど。

|

« Drive My Car:長野温泉ツーリング | トップページ | クルマの他:限定JAZZイベントで日本橋へ »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

ここ10年くらいダイハツに対するトヨタの影響力が大きくなり続けてるわけですけど、
車の質が反比例して「低下」してないですか。(トヨタ出身者が社長になり続けてから
と言ってもいいですけど)

わかりやすく言えば「素人がわからないことはやらない主義」
以前のダイハツ車は「良心にあふれてた」気がするんですよ。
社用車として6代目ミラのバンに乗ってたんですが、180cmの自分が乗っても
十分な室内空間があって、長いストロークのクラッチを生かして
「低トルクでも楽しめる車」になってましたし。

私は単なる車好きなんで誰が車を作ろうと構わないわけですけど、
トヨタほど「低価格車」(鈴木修会長が言うところの「貧乏人の車」)の質
に対して厳しい会社はないんじゃないでしょうか。
ダイハツがトヨタの影響を受けて「貧乏人に厳しい」会社になるのならば
存在意義が問われてもしょうがないでしょうね。

投稿: ネコ | 2016年2月 8日 (月) 19時38分

ダイハツって真面目で良心にあふれた会社だったんですか!!
かつてミラジーノを発売した時に「今度のミラジーノはうまくミニを真似できました」って
開発者が堂々と語っていたような会社ですが。
不真面目な会社ってちなみにどこなんでしょうか?

投稿: gutsjun | 2016年2月11日 (木) 10時13分

gutsjunさま

ミラジーノ発売時、メディアがどんなにミニの話を振ってもダイハツは無視し続けていた気がするんですが。
もしよろしければ後学のために確認できる資料を教えてください。

しかし、今でもオリジナルミニを乗ってる人を見るにつけ、
オリジナルミニのサイズに近い軽自動車でデザインテイストを真似たメーカー(ダイハツ)と
「ミニ」ブランドを買い取ってやたらたと「巨大な『ミニ』」を作り続けるメーカー(BMW)と
どちらが「不真面目」な会社なんだろうかとよく考えます。

投稿: ネコ | 2016年2月12日 (金) 00時56分

なんかヒートアップしてますが、現在のダイハツ生え抜き社長の三井氏が13年に社長就任した際の記事に、トヨタ出身でないダイハツ生え抜きのトップは21年ぶりという記事がありましたので、初代ミラジーノが99年に誕生した時点でダイハツはトヨタ系のトップだったわけです。車自体の出来云々はともかく、企画としては売れる見込みがあれば平気で痛々しいことをやってしまう不真面目さ、トヨタ的ノリがこの頃、既にあったようですね。

デザイナーなどはルーツはコンパーノと強弁してましたが、露骨になんちゃってミニな売り方をしていた手前、なかなか苦しいものがありました。
ミニを発想の起点にするにしても、せめてかつてのBe-1くらいのオリジナリティを盛り込むべきだったかと。ただ個人的にダイハツはどうにもこうにも都会的で垢抜けたモノづくりが下手な印象が…。なんだかんだで野暮ったさが付いて回るというか。

トヨタの完全子会社化にあたり、BMWに対するミニのような存在にねりたいとのことですが、ダイハツの大阪発動機をBMWにならってOMWとでも言ってみたらどうかと。

投稿: KATSU | 2016年2月17日 (水) 08時53分

ネコさん

ユニークな企画とある種の合理化がうまく噛み合えばいいとは思います。が、パッソみたいな例もあるので気が抜けないところです。

gutsjunさん

ダイハツは真面目じゃない?ってことでしょうか? もう少し詳しく知りたいですね。

KATSUさん

垢抜けないところがダイハツらしいんだと思います。野暮ったいけど、地味に面白いものを作るし、先々代ムーヴのように純粋にいい商品を標榜したり。そこを上手に伸ばしたい。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年2月20日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/63830954

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:子会社化の肝は?:

« Drive My Car:長野温泉ツーリング | トップページ | クルマの他:限定JAZZイベントで日本橋へ »