« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

雑誌ナナメ読み:新型プリウス絶好調!

Photo新しいプリウスの記事がなかなか残念なんである。

クルマ各誌で展開される新型プリウスの記事、これが一様に絶賛な感じだ。もちろん、誉め称えるべきクルマが出てくるのは歓迎だけど、あまりのハシゃぎぶりには少々違和感もあったりする。

まずは何と言ってもお約束の「先代潰し」だ。新型のよさを強調するには、先代がいかにダメだったかを掘り返すのがもっとも効果的。何しろその時点ではもはや過去の商品、そこそこのことを書いても許されるし、その分新型を誉めちぎるんだから問題なしと。

今回はこの”手法”がことさら多い。あるB5判誌での評論家氏は「加速とエンジン回転が合ってなかった」「燃費はよいがシャシーがプアだった」「トヨタのFF車の欠点は乗り心地の質感」「プリウスの欠点として指摘されてきたブレーキフィール」と、たったひとつの記事で4点もの潰しネタを披露している。

評論家による「正直に言えば」なんて表現は、読者=ユーザーを大きく裏切り、バカにしたものなんだけど、果たしてそういう自覚があるのか否か。いや、もしかしたら、それこそが自分の仕事だと信じているのかもしれないけれど。

で、絶賛の要であるTNGA。そのポテンシャルはともかく、ことプリウスについては疑問もある。

相当な低重心が走りの質を大きく向上させたという話なんだけど、じゃあその向上とやらは他メーカーの同クラス車をブッチ切るようなものなのか。もう日本車のレベルをドーンと底上げしちゃったのだろうか。

たとえば、トヨタが「ベンチマークはゴルフ」としたことを受けた比較記事では、燃費は圧倒、でも堅牢なボディと走りの質感はあと一歩なんて記事もあったりする。え、こっちの方が新しいのに追いついてない? じゃあ、一連の絶賛記事はいったい?と思うわけである。

そもそも低重心ってそんなにスゴイのかというあたりも疑問だ。もちろん、高いより低い方が有利な面があるのはわかるけど、技術が成熟したいま、それだけで走りのクオリティが決まるわけじゃないでしょう?

いや、実際そんなことはないんだろうけど、つまりは「これはTNGAだからスゴイ」「低重心だからいい」という単純なモノ言い、記事はいかがなものかと。誉めるのはいいけど、もっと冷静に落ち着いた方がいいんじゃないか。

ほら、大騒ぎのわりにほとんど変わっていないHVシステムなど動力性能、一部残したニッケル電池への突っ込みが足りない件はどうなんだと。

ま、今回はTNGAで走りがドーンとよくなったんだから、そこはほら、まあネエ・・・という姿勢は、先代までの「燃費がいいんだから、走りはホラねえ」というのと同じ発想じゃないか。もう言ってるそばから、性懲りもなくまたまた同じことを繰り返してるんじゃ?

あ、ちなみにスタイリングについての記事はあの「顔」が話題の中心だけど、個人的には今回のスタイルの問題は顔じゃなく、ボディ全体の話だと思うんだけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌記事:記事が掲載されました

Photo久々ですが・・・、記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回は自動車専門サイトの「clicccar(クリッカー)」でのデザイン記事掲載です。対象はスズキのイグニス。先週行われた試乗会会場で、担当デザイナーさんに取材をしてきたものです。

僕はそもそも試乗記事というのを書かないので、当然試乗会にも出かけないのですが、発表会などで話を聞けなかった場合は、後日試乗会時にも話を聞くことができるケースが多いようです。

イグニスに関してはすでにここで書いていますが、デザインについては感心しきりです。アルトに次いでこれも和田智さんでしょ、という話はやっぱり「なし」ですが、まあそれはそれで・・・。

今回の記事はとにかく分かりやすさ、読みやすさを第一にしています。なので、「もうちょっと突っ込んでよ」という意見もあろうかと思いますが、その辺は今後試行錯誤で詰めて行きたいと思います。

それでは、お時間がありましたら以下のサイトでご笑覧ください。

(clicccarサイト)

http://clicccar.com/2016/02/19/354323/

続きを読む "雑誌記事:記事が掲載されました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマの他:限定JAZZイベントで日本橋へ

160218_183045クルマの他です。興味のない方は飛ばしてくださいませ。

今夜、ジャズピアニスト上原ひろみの限定イベントに行って来ました。

新譜『SPARK』を購入したら応募券が付いていたので何気なく申し込んだところ、約7倍の抽選に当選してしまった次第。仕事を17:00で早々に終え、コレド室町にある日本橋三井ホールまで駆けつけました。

上原ひろみは矢野顕子とのデュオ・コンサートで「対決」を観て以来。アルバムのトリオであるベースのアンソニー・ジャクソンとドラムのサイモン・フィリップスはいないソロイベントです。

前半はトークで、もともとおしゃべりは苦手だそうですが、話が曲のことになると俄然調子に乗ってきます。とくに新曲のリフの説明に至るや目の輝きが違ってきたり。

その勢いに乗った後半のソロライブは圧巻。

例によっての超絶技巧はますます磨かれ、これがひとりの演奏かと思えるほど。スピード感、グルーヴ感はもとより、美しさも加わってもはや他を寄せ付けない圧倒的なもの。

こういう限定イベントはなかなか来れないけど、こんなものが無料で聴けるなんてちょっと信じられません。何しろ、新譜を出したばかりなのに、来週からはベースのスタンリー・クラークとの別のワールドツアーに行っちゃうほどの人気者ですし。

新譜ツアーは「年内には帰ってこれると思います」とのことで、数か月は待たなくてはいけないようです。今回もブルーノートかな?

まあ、とにかくクルマも音楽も本物はいいってことですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマ散策:子会社化の肝は?

Photo子会社化の理由なんて、そう複雑なもんじゃないんだと思う。

コンパクトカー作りの技術を共有するとか、インドなどアジア圏でのシェアを確保するとか、いい加減聞きあきた「グローバル」なんて言葉を使って説明されたトヨタによるダイハツ完全子会社化の説明は、まあ企業としては当たり前な内容だ。

だから、そんなところを詮索して”したり顔”をしたところでたぶん面白くも何ともない。「ダイハツの名前は絶対になくしません」なんて章男社長の言葉が大きく取り上げられること自体、すでに退屈だし。

この手の提携や買収といった話では、より単純にユーザーに恩恵があるのかないのか。これを冷静に考えられるのであれば、そっちの方がいろいろ見えてくるものが多いと思うんである。

たとえば、ボディや走行性能の底上げを怠らない真面目なダイハツの軽に、トヨタ傘下になることでどんな変化を期待するだろうか。

個人的な意見なら浮かぶことはある。まず商品企画あたりで、ダイハツは個性的商品を出すけれど、同時に思い込みが少々ズレていたり、あるいは企画自体が寸足らずな面も少なくない。

たとえば、現行コペンは着せ替えというこだわりが実際のニーズと噛み合っていないとか、ウェイクのように勢いやり過ぎちゃうとか、キャストのように展開自体に無理があるとか。

そのあたり、ある意味真逆のトヨタ的営業至上主義でもって洗い直してはどうかと思う。もしかしたら、両社のミックスくらいでちょうどいい塩梅なんじゃないかと。

それから軽の実燃費向上とか。まんまTHSをとは言わないけれど、その応用技術でスズキのエネチャージを遙かに越えるミディアムHVなんて面白そう。乾いた雑巾を絞るようなモード燃費じゃなく、パワーと実燃費が正比例する軽の新しいパワーユニットとして。もちろん、システム出力は64馬力オーバーってことで。

一方、コンパクトカーをダイハツに任せるという話では、軽の作り込みのよさをそのまま引き継いで欲しいなど。

ダイハツは、もともとシャレードやストーリアなど魅力的なコンパクトを作ってきたわけだし、パッソ・ブーンみたいなことはもうやめて、ヴィッツも含め、丁寧な作りで質の高い小型車を提案してはどうか。マツダ・デミオを出し抜くような。

とまあ、すべてはたとえばの話ではあるんだけど、肝要なのは、ユーザーにとって本当に恩恵のある具体的な提案を思い描いてみることなんだと思う。

最近、やたらと「いいクルマ作り」を口にするトヨタが、なぜ他社との提携や子会社化を進めるのか。共同開発やら委託生産が、果たしてその近道だと確信しているのか。それを具体的なアウトプットで検証してみると。

ここに来て、下請けからの仕入れ額を半年ごとに値下げさせる慣例を再開したトヨタ。「ワオ!」なんてカッコのいいことを言ったところで、結局はコスト削減が目的であってゴールなんだろと思わせる。

いち企業の子会社化のような大きな変化は、そのあたりの実像を結構浮き彫りにしてくれるとは思うんだけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Drive My Car:長野温泉ツーリング

Img_2185先週、長野へ温泉ツーリングに行って来ました。

もう何度となくここに書いている鹿教湯温泉の定宿『三水館』ですが、またしても飽きずに冬の料理を期待して行って来ました。

車検も終わったし快調なジェミニで、と思ったのですが、少し前に結構な量が降った雪の影響で中央道と長野道の一部がチェーン規制に。ジェミニは残念ながらスタッドレスを履いてないので、出発直前に急遽レンタカーを手配した次第です。今回の相棒はスズキ・スイフト。

実は、チェーン規制の高速道路は初めて走ったのですが、ちゃんと規制開始ラインで係員がタイヤのチェックをしているんですね。ここで夏タイヤの場合はチェーンを巻くか、下道に降りるか。

松本に着いたのは、規制のせいもあっていつもよりも遅めの時間に。毎回寄る蕎麦屋『浅田』が休みということで、代替え案に探してあった中町通りの『野麦』へ。 これが予想以上に美味しくいただけました。 その後は早々に宿へ。

定宿冬の料理は地元特産の松本一本ネギによる文字通りの「ネギ鍋」。大皿に溢れんばかりの短冊切りネギを美味しい出汁でいただきます。マイナス9度の外気温は、温泉を楽しむのには逆にいい感じでした。

翌日はこれもいつものように上田へ抜け、みすゞ飴本店でジャムなどを購入。この上田はいま、例の『真田丸』で大賑わいです。城跡には大河ドラマ館も作られて人気のよう。三谷幸喜脚本のドラマ本編も好調みたいですしね。

Img_2195_2気持ちのいい店です。 その後は上信越道を使ってまっすぐ東京昼過ぎにはちょっと走って『丸山珈琲』小諸店へ向かい、ゆっくり読書時間です。ここは広いスペースと大きなガラス窓からの眺めがとてもへ。

スイフトはスタッドレスタイヤの柔らかさを随分と感じましたが、それでも素直なハンドリングが印象的でした。ステアリングを切った分だけ素直にしっかり曲がるのは当たり前ですけど心地いい。

ノーマルのNAエンジンは排気量も小さく、決して「速い」クルマではありませんが、それでも高速の安定性はさすがですし、往復460キロをこなしてガソリン消費量がメーターで半分少々という燃費の良さもジェミニとは大違いです。

ただ、せっかく快調なのですから、次回はジェミニを連れ出したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »