« クルマ散策:今年もお世話になりました | トップページ | クルマ散策:工房は無茶な買い物か? »

新車心象風景:スズキ・アルトワークス

あけましておめでとうございます。

で、Photo_2年最初のワークスについては、東京ショー雑感と基本的に同じ話。

アルトに久々のターボが出た!と盛り上がったRSは、スズキ的にはアルトの上級グレードという認識だったそう。だからMTは設けなかったし、足周りもあまり固めなかったとか。

けれども、その説明はいささか理解しがたい。実際、RSのカタログでは結構ベタに「走り」を謳っていたし、これってアバルト?な外見もまんまスポーツ仕様。そもそも「ターボRS」なんて名前もそうだしね。

メディアもそんなアナウンスはほとんどせず、走り仕様としてこの5ASGはいかがなものか?のオンパレードだったから、当然ユーザーへの周知もなかったに等しいわけで。

ところが、走り仕様はこっちですよと出したワークスは、これまたどこから見てもRSの付加価値版で、エンジンはもとより内外装に至るまで、RS+αな感じだ。

つまり、アルトは素のグレードと、スポーティなターボRS、もうちょっとスポーティなワークスという、どうにもバランスの悪い展開になってしまったんである。

で、スズキは「RSを出した時点でワークスの想定はなかった」と言うけれど、早々にMTの要望が出るのは目に見えていたんだし、この説明はなかなか理解しにくい。

いや、だからRSは上級仕様なので・・・と言うのかもしれないけど、予想とおりのMT待望論に結局簡単に乗ってしまったのを見れば「だったら最初から想定しておきべきでしょ」となるんである。

いや、長年クルマを作ってきたメーカーが、こんなに甘い商品企画をしたとすればちょっと驚きじゃないか。実際、20万円の差はあれど、あえてRSを選ぶ理由はほとんどなくなったように思える。

いまさらだけど、もしRSが上級グレードだというのなら、変にスポーツ方向じゃない付加価値を徹底して施すべきだった。外装は当然アバルト風の必要はないわけで、新色をメインにしたアクセントの追加。いささか質素な内装はシートに限らず、貧弱なセンターコンソールやドア内張りなどを含めたひととおりの見直しを。

「そんなに豪華にしたら高くなっちゃうでしょ」という意見もあろう。けれども、エンジンや内外装にそこそこ手を入れたRSで129万円。たとえば、これに1台あたり5万円分の素材を追加投入すれば恐らく相当な「手当」ができる筈だ。

そうすれば、ベースに対し135万円のターボ付き「上級仕様」、150万円のワークスと、性格を明快に変えた面白いシリーズが展開できたと思う。もちろん、上級仕様をベースにワークスを作ればさらなる相乗効果もあったわけだし。

アルトは和田智氏によるという斬新なデザインと軽量ボディが素晴らしいけれど、ベーシックな車格故にユーザーを限定してしまうことが惜しかった。

そこに、せっかく特別な仕様を加えるのであれば、それなりに周到な企画を立てるべきだったと思うんである。

|

« クルマ散策:今年もお世話になりました | トップページ | クルマ散策:工房は無茶な買い物か? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
昨年は身内に不幸があったので、祝いの挨拶は控えますが、
今年もよろしくお願い致します。
 
アルトワークスですが
「最初からこっちを出すべき」
って感じですね、確かに…
 
そしてRSは、おっしゃるように、コンフォートに降ったバージョンならば、
ラインナップのバランスが取れて良かったかも知れませんね。 
なんともスズキらしくないミス(?)というか…

投稿: とあるイラストレーター | 2016年1月 1日 (金) 22時55分

身近な先輩がアルトRSターボを発売前に急いで予約して買ったんですが、やっぱり5ASGには不満があってぼやいてましたが、ワークスなんて出されちゃうと心中お察しいたしますとお悔やみを言いたくなりますね。
スズキにとってはRSターボの売れ行きが想定以上だったので、おそらく最初からワークスを織り込んだ企画をしていなかったんじゃないでしょうか?
いま振り返ると、和田さんと思われるアルトのデザイン、ちょっとキレ過ぎた感があるのかも・・・軽自動車にあるべきフレンドリーさを感じるようで、感じにくいんですよね。
玄人というか、通っぽさが予想以上に見え隠れします。RSやワークスを派生するには、子供っぽくならずにいいのですが。

投稿: アクシオム | 2016年1月 4日 (月) 21時59分

新型アルトの購入を考えていたのですが、まさに「内装のチープさ」と「シートの貧弱さ」で購入を諦めました。
外装はクラスレスなのに、内装が「ハイト系より一段下のセダン系軽自動車」そのものなんですよね...

内装をグレードアップしたバージョンを都市向けの洗練されたシティコミューターとして打ち出して欲しいなと思ったりしますが、カスタム系が主流の日本の軽自動車市場だとなかなか難しいのかもしれませんね。

投稿: abc | 2016年1月 9日 (土) 21時54分

とあるイラストレーターさん

そうですね、もはやミスと言ってもいいと思えますね。どうしたんでしょうか?

アクシオムさん

ああ、買った方がいらっしゃるんですね。もしMT希望ならとても残念な感じです。
キレがイイのは悪いことじゃないんですけどね。

abcさん

そうなんですよね。先代などはここまでチープではなく、安いなりに質感も出して
いたんですけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年1月16日 (土) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/63236295

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・アルトワークス:

« クルマ散策:今年もお世話になりました | トップページ | クルマ散策:工房は無茶な買い物か? »