« クルマ散策:工房は無茶な買い物か? | トップページ | クルマ散策:オートサロン雑感 »

雑誌ナナメ読み:専門誌は敷居が高い?

Sportsrideconcept見ている次元が違うんだろうな、とは思うけれど。

雑誌『カースタイリング』が行っている日本カーデザイン大賞の選出。2015ー2016の今回は、量産車部門がマツダ・CX-3、コンセプトカー部門がヤマハ・スポーツライドコンセプトとなった。

CX-3は、好調マツダが「デザインを先に考えた」というくらいの入魂作。ベースになったデミオが、テーマを消化し切れずズングリと残念な感じになってしまったのに対し、その”失敗”を覆い隠すかのような仕上がりなんである。

なんだけど、個人的に気になったのは、誌面上の対談でのトヨタ・シエンタとスズキ・アルトの扱い。

シエンタは取り上げるべきクルマとして結構な字数で語られたけれど、最終的にはあくまでも営業的視点からの偶然の成功例と切り捨てられた。さらに、アルトについては「どこがいいの?」で終わりだ。

いや、べつにここでシエンタやアルトの応援をしようって話じゃない。何て言うか、そういうことになってしまう空気に違和感を持ってしまったんである。

一方、コンセプトカー部門はほぼマツダのRX-ビジョンをどう見るかが誌上で展開され、これはゴールデンクレイ賞に持って行くこととして、大賞にはヤマハが推された。

こっちで気になったのは、スポーツライドコンセプトのどこがどういいのか、具体的な話がほとんどなかったこと。ゴードンマーレー社提唱のボディ構造や、四輪進出による新たな可能性など、どちらかと言えばその存在自体が評価されたようにも見えた。

いや、これまたヤマハにケチをつけようって話じゃない。ただ、スポーツカー的王道まっしぐらのボディのどこが評価点なのか、そこは語らずのままの進行に違和感があったと。

言い方は難しいけれど、たとえば多くの自動車評論家、あるいは雑誌メディアが「スポーツカー大好き」なのと、これはどこか似たものを感じるんである。

審査メンバーは、当たり前だけどデザイン誌に登場するべき経歴の持ち主で、元メーカーのデザイナーにしてもジャーナリストにしても、まあデザインのプロに間違いはない。これまで数え切れない程のカーデザインを見聞きし、あるいは評価してきた専門家だ。

だから、きっと見ているレベル、次元が、たとえば僕のような素人感覚のライターなどとは比較にならないんだろうと思う。もう、スタート地点からして違うと。

けれども、そのスタート地点のかさ上げ部分には、どこかある種のスマートさ、スタイリッシュさ、もしくはスポーティさなど、「デザイナーあるある」な世界を前提とするバイアスを感じてしまうんである。

シエンタがマーケットイン的なイメージを与えるとか、あるいはアルトがベーシックで質素な軽だとか、それ自体はデザインの評価と何ら関係ないわけだけど、いわば「通」の最上格たる専門家としては、そのあたりの認識が違うんじゃないか?

だからといって「ユーザー目線のデザイン論」なんてものもないわけで、結局求められるのはバランス感覚なのかもしれない。プロ・業界的にはこっちでしょうとか、これは見なくていいよね、なんてお約束や風潮があるとしたら、そんなものはいらないと今回は感じたんである。

まあ、中途半端にデザイン好きなお前の考えすぎだと言われれば、たしかにそのとおりなんだけれど。

|

« クルマ散策:工房は無茶な買い物か? | トップページ | クルマ散策:オートサロン雑感 »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
私は常々、デザインの善し悪しなんてモノは本来存在しなくて、各々の主観でしかないと感じております。
 
各々の主観同士が、すれ違いで偶然交われば、「良いデザインだね」となる。
 
似たような好みの人達が集まれば、当然評価にも偏りが出る。
 
結局はその程度のモノでしかないと感じております。

投稿: とあるイラストレーター | 2016年1月11日 (月) 23時09分

シエンタは、マツダの魂動デザインのようにトヨタとしての統一的なアイデンティティに基づいたデザインが見えないから営業的な偶然の成功例として見られたんでしょうね。まぁそれには半分同意しますが、それで片付けちゃうのも結構乱暴ではありますね。
コンセプトカー部門のヤマハのスポーツライドコンセプト、残念ながら東京モーターショウで実車を拝見できなかったので写真を見た感じでしか言えませんが、正直このクルマのデザインのどこがいいのか、凄いのかさっぱり分からず。要素は多いし、煩雑だし、シンプルにこれいいとか凄いかとは思えないデザイン。下手をすればミツオカのオロチのような感覚でしか見れません。
あとこのアワードを誌面で読んだ印象としては、もうちょっと詳しく取り上げてくれた方がよかったかも知れませんね。扱いも巻末の方だったし。ホントは、もうちょっと語ってくれないと具体的にどうして選ばれたのかよくわからない消化不良な印象です。

投稿: アクシオム | 2016年1月11日 (月) 23時50分

とあるイラストレーターさん

うーむ、なかなかキツイご指摘ですね(笑) しかし場面によって偏りが起こるのは
間違いないところです。

アクシオムさん

そうなんです。ヤマハのどこがいいのか、僕にもわからない。それらしい恰好はしていますけど、新しさは特に感じないし。シエンタの扱いは気持ちは理解できるんですけど、ちょっとどうかなと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年1月16日 (土) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/63420522

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:専門誌は敷居が高い?:

« クルマ散策:工房は無茶な買い物か? | トップページ | クルマ散策:オートサロン雑感 »