« 新車心象風景:スズキ・アルトワークス | トップページ | 雑誌ナナメ読み:専門誌は敷居が高い? »

クルマ散策:工房は無茶な買い物か?

Photoもったいない、というのは変ではあるけれど。

以前から経営不振が伝えられていたピニンファリーナが、先月、インドの自動車メーカーであるマヒンドラ社に買収された。

ボルボやジャガーなど、メーカー自体がアジア資本下に収まるいま、このニュースにそれほど意外性はないかもしれない。とりわけ、中国やインドなどは現在も自動車産業伸張期なわけだから、デザイン工房だって想定内の買い物かと。

なんだけど、個人的には、どうして日本メーカーはこの手の買い物に消極的なのか?とあらためて感じたりするんである。

いや、トヨタ以下、どこのメーカーもいまやすっかり成熟企業であり、かつての成長過程ならいざ知らず・・・という話もわからなくはない。もちろん、各社とも結構な所帯のデザイン部を擁しているわけだし。

けれども、じゃあその社内デザイン部がどれほどの仕事を?となれば、実はそれほど盤石な基礎を築いてるとも思えない。逆に、ある種のデザインの迷走は、インハウスデザイン指向が明確になってからのことじゃないかとさえ思える。

考えてみれば、より成熟度の進んでいる欧州勢では、この辺実にダイナミックな動きをしている。プジョーやフィアットグループとピニンファリーナの協業はもとより、巨人VWはイタルデザインを買ってしまった。

さらに、各メーカー間の人的交流も少なくない。ワルター・デ・シルバなどトップデザイナーがメーカー間を渡り歩き、その都度メーカーのデザインフィロソフィを深めて行くという文化がある。

そのあたり日本メーカーはほとんど無風状態だ。まあ、国内にもいくつかのデザイン工房は存在するけれど、メーカーデザイン部の人事にかかわるような大きな動きが日常的にあるわけじゃない。いすゞからヘッドハンティングされた中村氏などは、結構例外なパターンだろうし。

もちろん、社内デザインがすべてNGなんて単純なことは言わないけれど、歴代の日本車で「これは」というクルマの多くが外注デザインであるのは間違いのない事実だろう。

だったら、外部工房を傘下に収めるという選択は大いにアリだと思う。べつに、買収したからといって社内デザイン部がなくなるワケじゃないのはVWと同じことだし、他メーカーとの仕事も拒まない独立性を保証すれば、企業としての評価も上がる。

期待できるのは、日常的なコンペ参加による社内デザイン部への大きな刺激だろう。もちろん、会社間の異動もまた 十分な成果を残せる筈だし、結果として悪いことは何もないんじゃないか?

たとえば、和田智氏がアルトやイグニスを手がけているのは、スズキのデザインをすべて変えるというより、デザイン部への影響力の大きさだと分析する声もある。

外注であっても「社内です」という契約が多い日本メーカー。そこに特定のデザイン会社の買収を期待するのはもちろん難しい発想だ。

けれども、魂動デザインで邁進するマツダでさえ、フォード時代のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏による『流』など、一連のコンセプト展開の経験があってこそだ。マツダはそこでコーポレートデザインとその発信の重要性を学んだ。

そう考えれば、外の才能をできるだけ多く受け入れる余裕と姿勢が、おそらく時代を問わず必要なんだと僕は思う。

|

« 新車心象風景:スズキ・アルトワークス | トップページ | 雑誌ナナメ読み:専門誌は敷居が高い? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

フェラーリがピニンファリーナを採用しなくなったのがトドメですよね。
これだけ自動車メーカーのインハウスデザインが進んでしまうと、いくらデザインが優れていてもカロッツェリアへの外部発注って難しいんでしょうね。
コンサルタント的な立場ならもう少し生き残れる道があったとは思うんですが、それですら許されない。
ホントはオールイタリアで、フィアットグループが面倒を見てあげればいいんですが、やっぱり総帥であるセルジオ・マルキオンネの脱イタリア戦略が相当きついせいか無理なんでしょうね。
でもマツダと協業して作られたフィアット124スパイダーを見ると、ピニンファリーナが手がけていたら・・・と思うと、一体インハウスデザインのどこがいいんだと思わずにはいられませんね。
いざとなったら餅は餅屋だと思いますが・・・

投稿: アクシオム | 2016年1月 4日 (月) 21時46分

すぎもと様こんばんは。
 
どちらかと言うと国産車を応援したい私ですが(外車好きですけど)、街中を走っていて、
夕焼けに浮かぶシルエットでハッと息を飲むデザインで、メーカーを確認すると、大抵外車だったりします(笑)
 
デザインで遅れをとると言われがちな国産勢の中でも、マツダは相当頑張っていると思いますが、
こと「洗練度」という視点でみると、やはりもうひと頑張りかなとは感じます。
 
かといって、カスタム系の野暮ったいコテコテのデコラティブな車も、実は私は嫌いではありません(モノによりますが…)
 
結局国産車のデザインは、日本人の肌にはあっているのかな、とも思いますね。
どうにも受け付けない人が、外車勢に流れて行くんでしょうね。
 
余談ですが、マセラティはやはり美しいですね。好きなメーカーです。

投稿: とあるイラストレーター | 2016年1月 5日 (火) 00時13分

アクシオムさん

そうですね。それでフェラーリがよくなったんだったら問題ないんですけど、そうじゃないのがチョット。オールイタリア、いい考えだと思います。

とあるイラストレーターさん

何系かはともかく、長い時間に耐えるデザインが欲しいと感じています。その先鋒がイタリアの工房だと感じているんですけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2016年1月16日 (土) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/63292798

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:工房は無茶な買い物か?:

« 新車心象風景:スズキ・アルトワークス | トップページ | 雑誌ナナメ読み:専門誌は敷居が高い? »