« クルマの他:ジャズコンサートへ行く | トップページ | クルマの他:ジャズピアノを聴く »

新車心象風景:トヨタ・プリウス

Photo どこかに底の浅さを感じるんだろうと思う。

 新しいプラットホームは走りの性能をすっかり引き上げたようで、評論家諸氏のレポートはほぼここに注がれている。もちろん、堰を切ったような「いままでは酷かった」の連発は相変わらず失笑ものだけど。

 ただ、プリウスを選ぶユーザーに対し「乗り心地」や「コーナリング」がどれほど請求力を持つかは疑問だ。今回はHVシステムとしてもマイナーチェンジだし、じゃあ一丁スタイルでそこそこ目を引いてやろうか、なんて。

 チーフデザイナー氏の話によれば、どうやら先代は北米市場などでボクシーと評価されていたそうで、つまりは退屈だと。だったらここはパッと派手に行こうと考えたんだろうけど、どうもその中身がいささか安易だったんじゃないかと。

 そもそも、先代を悪い意味で「ボクシー」と評価することからして間違っている。先代は四角いのではなく「端正」なんである。その中に柔らかさや勢いもちゃんと織り込んであった。

 新しいプラットホームを生かした低いボンネットはいいとしても、そこから始まるショルダーラインを微妙に曲げたのが最大の失敗だ。しかも、それで広がったボディ後半に手を入れたくなったのか、リアランプへ向けて引いたフェンダーラインは子供っぽい。

 これがボクシーへの反省ということなんだろうけど、まとめ方は違いつつも歴代が築いた端正なイメージの捨て方として実に安易だ。もちろん、途中からブラックアウトさせたリアピラーも実に安直。

 話題のフロントランプ周りの表現は、だから僕には大した問題に感じない。というか、空力ボディに合わせ半ば成り行き任せに引いたようなラインなど、いちいち評価する気にもなれない。

 躍動的に攻めたことで、デザイナー氏が「賛否両論」とか「好き嫌いがある」などとある種の自信をもって語るのは、したがって実に底の浅い発言にしか聞こえない。だってそれは言い訳でしょう?

 リッター40キロ越えの省燃費、膨大な買い換え需要に絶大なブランド。すでに6万件の受注を得たのにはそれなりの理由があるのだろう。それはトヨタがプリウスという商品に対し、ブレずに真摯な姿勢で取り組んできたことの証でもある。

 評判のよくなかった乗り心地や走りの性能への取り組み。この勢いが、デザイン面ではいささかスピードオーバーになってしまったみたいだ。

 そのあたりの軽さが、最近の「ワオ!」なトヨタ流ではあるけれど。

|

« クルマの他:ジャズコンサートへ行く | トップページ | クルマの他:ジャズピアノを聴く »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

TNGAを採用したなら、もっとパッケージを変えて欲しかったですね。相変わらず後方視界悪いし、後席のヘッドクリアランスは天井をえぐっても悪いし・・・
空力と居住性の両立はプリウスにとって大切なテーマだと思うのですが、そこが出来ていないですね。
たぶんパッケージを根本的に変えなかったせいか、ディテールで変な意味で頑張って?厳ついヘッドランプや、妙にグラマラスなテールエンドに仕上げたのに、イメージとしてはどことなく先代のキープコンセプトさを彷彿させるデザインになっていますね。
いくら変えても、そこは絶大な信頼のプリウスブランド。たぶんこのくらいの変化でも許容できるんですよね。

投稿: アクシオム | 2015年12月14日 (月) 21時02分

すぎもと様こんにちわ。
 
新型プリウス…一言で言えば
『無いわ』です(私個人の見解です)。
 
燃費がさらに更新し、リアにダブルウィッシュボーンを奢り、走りの質が上がったとしても、
この深海魚のようなデザインで全て帳消しです。
 
このバカみたいなヘッドライト、テールランプの形状は一体なんだ?
斜め前から見た時の、落ち着きのないサイドのキャラクターラインは?
 
まあどんなモノであれ、『新型プリウス』の触れ込みでリリースすれば、
売れるのは目に見えてましたし、驚くような事ではありませんが、
 
これが街中に溢れるかと思うと、個人的には暗澹たる気持ちになりますね…。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年12月15日 (火) 12時27分

初代が登場した時のインパクトは今でも忘れられません。ごく普通のノッチバックセダンなのに、未来的な要素をあちこちに感じることが出来ました。そんなプリウスもすっかりカローラに取って代わった車種となった…までは良かったのですがね。リアだけ見るとシトロエンか?と思えますが、フロントとの調和があるわけでもなく、最近のトヨタの悪癖ともいうべき、部分的インパクトが炸裂してますね。現行型は「エコカー減税」で爆売れしたわけですが、今回はそこまで売れるとは思えませんが、さてどうなるでしょう。

投稿: としぴぃ | 2015年12月15日 (火) 19時00分

私も絶対買いません。シエンタのデザインには(いい意味で)少し驚いたのですが、プリウスはトヨタの最も重要な車の一つだと思いますが、その車のデザインがこれとは。これでゴーサインを出す幹部って(社長もふくめ)車ずきの人がいるのかなあと率直に疑問に思ってしまいます。評論家の先生方にもこのデザインを客観的に評価していただきたいと思います。(蓼食う虫も好き好きともいいますが・・・

投稿: pottsy | 2015年12月15日 (火) 19時15分

3代目プリウスは良いデザインでしたよね。「ゴルフ」なんかぜんぜん挑戦してないじゃないか!と言いたい気分というか。

HVシステムを省いて足回りやシートにお金をかけたMTのプリウスがあったらほんといいのになぁとつくづく思います。

田舎に住んでいると特に。

投稿: ネコ | 2015年12月17日 (木) 00時18分

アクシオムさん

HV専用車としての記号性は欲しいんでしょうけど、居住性との兼ね合いを考えれば、もっと現実的な落としどころはあると思いますね。何だか本末転送な感じです。

とあるイラストレーターさん

深海魚・・・なるほど。最近のトヨタはイカツい部分でパッと目を引いて、「そのうち慣れてきたでしょ」という作戦ですが、それで息の長いデザインは生まれるわけもないですね。今日もディーラー展示車を横目で見ましたけど、ちょっとね。

としぴぃさん

部分炸裂です(笑)。これが新しいデザイン部長の実力なんでしょうか? そりゃあ、あくまでも「トヨタらしい」という枠の中での仕事に徹しているのは分かりますけど。

pottsyさん

社長さんは「ワオ」な感じでお気に入りなんじゃないでしょうか。客観的な評価は是非期待したいですね。無理でしょうけど。

ネコさん

はい、今日も路上で先代を見て「よくできているなあ」と感じました。まさかそれを自身で否定するとは・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年12月18日 (金) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/62953441

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・プリウス:

« クルマの他:ジャズコンサートへ行く | トップページ | クルマの他:ジャズピアノを聴く »