« クルマ散策:LAショー雑感「スバル・インプレッサセダンコンセプト」 | トップページ | クルマ散策:LAショー雑感「フィアット124スパイダー」 »

クルマ散策:LAショー雑感「マツダ・CX-9」

Cx9 ああ、こういう応用もあるんだなと。

 直近のSUVとしては「KOERU」があったので、CX-5より上のクラスはこれがモチーフになるのかな、と思っていたら全然違った。

 どうなんだろう、もしかしたら比較的流麗な現行型が北米あたりでは「弱い」という判断があったのか、パッと見の力量感はこれまでのSHINARIシリーズとはだいぶ異なる。

 とくに特徴的なフロントフェンダーから斜めに下るラインがなく、その分フロントからリアまでかなり張りのあるショルダーラインが可能になり、同時にサイドボディも豊かな面を全体で表現することができているみたい。

 それでもシグネチャーグリルやシャープな前後ランプなどはこれまでに準じるから、最新のマツダとしての表現はできていると。

 もちろん、魂動デザインとして「動き」を感じるか?というと、ある意味逆のアプローチだから相対的にそうは言えない。

 東京ショーのRX-VISIONがそうだったけど、SHINARIモチーフの次の表現をどうするのか?

 少なくともこのクルマではまだよく見えてこないけれど、何かヒントがあるんじゃないかと想像させるクルマではある。

|

« クルマ散策:LAショー雑感「スバル・インプレッサセダンコンセプト」 | トップページ | クルマ散策:LAショー雑感「フィアット124スパイダー」 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

写真だけの印象だと、ずいぶんオットリしたデザインですよね。確かにサイドボディの面は豊かですが、なんかいままでの魂動デザインとは違う。
たぶん「動き」という面よりも、「艶」を意識したんじゃないかと思います。でもやっぱりサイズのデカイCX-5とも言えて、CX-9ならではの個性は薄く感じますね。

投稿: アクシオム | 2015年11月25日 (水) 22時19分

アクシオムさん

市場に合致させることと、自社のテーマの折り合いをどうつけるのか? これが注目点ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年11月28日 (土) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/62595197

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:LAショー雑感「マツダ・CX-9」:

« クルマ散策:LAショー雑感「スバル・インプレッサセダンコンセプト」 | トップページ | クルマ散策:LAショー雑感「フィアット124スパイダー」 »