« クルマ散策:東京ショー散策「レクサス・LF-LC」 | トップページ | クルマ散策:LAショー雑感「マツダ・CX-9」 »

クルマ散策:LAショー雑感「スバル・インプレッサセダンコンセプト」

Photo 写真からの印象だけど、ああ、やっぱりなあと。

 東京ショーの5ドアコンセプトについてはここで書いたばかりだけど、案の定その延長線上になってしまった。

 大仰なフェンダーはやっぱりいまさらな感じで、どうして「ダイナミック」をこういう解釈にするんだろう? もちろん、シャープなショルダーラインと相まってとにかくサイドが騒がしい。オフィシャル写真ではここのアップもあるから、作り手としては見せ場ということなんだろうけど。

 リアはセダンとしてある程度の「厚み」を持たせたのかもしれないけど、これではやっぱり騒がしい。ここは逆に5ドアみたいにシンプルにまとめればよかったのに。

 そもそも、何でこのどこかで見たようなフォルム? これ、5ドアも同じく既視感いっぱいだったんだけれど、何かこう妙な呪縛にでもかかっているのか、どうして最近のスバルはスパッと新しい発想に行けないのか? これで今後6、7年って結構キツイと思うけどなあ。

 前にも書いたけれど、少ない車種の中、モデルチェンジの機会もあまりないわけで、そういう貴重な機会をみすみす逃すようなことを、こうしていつまでも続ける意図が不明なんである。

 まあ、これが北米でウケるんだと言われてしまえばそれまでなんだけど。

|

« クルマ散策:東京ショー散策「レクサス・LF-LC」 | トップページ | クルマ散策:LAショー雑感「マツダ・CX-9」 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

今しがたご存知の某ジャーナリストさんのメールマガジンが来ていたので拝読していました。ちょうど、LAショウでインタビューしたインプレッサセダンコンセプトの記事が書かれていました。
まぁスバルの担当役員さん曰く、コンセプトカーでつかみはOK!的なデザインを命じたとのこと。ゆえにこのコンセプトが毎度のことのように、市販車に移行するとそのままいくとは限らないと・・・あとは、量産化に際して採用する新型プラットフォームSGPがコンセプトカーのとおり低重心のパッケージを実現できるかにかかっていますね。
それにしても、インプレッサとWRXは切り離したはずなのに、どうして次期型インプレッサのデザインにWRXを思い起こさせるモチーフが出てきてしまうんですかね?
そこは同じメーカーだからアイデンティティとしていいのか?まぁこれだからスバルはボクサーエンジンとAWDがあっても、プレミアムメーカーに移行できないでいるんでしょうね?まぁスバルはプレミアムメーカーへの移行は自身で望んでいないようですから、それはそれでいいんでしょうが。

投稿: アクシオム | 2015年11月22日 (日) 21時36分

「つかみはOK」ですか・・・。そういうのは勘弁してほしいですね。インプレッサとWRXは、レヴォーグも合わせて実に不可解です。メーカーのアイデンティティというよりは、引き出しが少ないとしか思えません。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年11月28日 (土) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/62595135

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:LAショー雑感「スバル・インプレッサセダンコンセプト」:

« クルマ散策:東京ショー散策「レクサス・LF-LC」 | トップページ | クルマ散策:LAショー雑感「マツダ・CX-9」 »