« クルマ散策:東京ショー散策「マツダ・RX-VISION」 | トップページ | クルマ散策:東京ショー散策「ダイハツ・tempo」 »

クルマ散策:東京ショー散策「日産・IDS」

Img_2021 何だかこう、実がないなあと思うんである。

 前回東京ショーのIDxに続き、サプライズでの登場となったIDSは、とくにニュースメディアでの注目度が高く、それなりに話題みたいだ。

 けれども、自動車メディアでの扱いがあまり大きくないのは、自動運転という技術が実用化にはまだ遠く、それをテーマにしたコンセプトカーはちょっとどうなのかな?という肌感覚があるからかと。

 クサビ型のシャープなボディはなるほどスマートだけど、じゃあこれがEVや自動運転を何か具現化したものかというと、とくにそういう必然性も感じられない。自動運転と徹底した空力性能って直接リンクしないし。

 それでも、実際にはゴーンさんが報道番組に出演して自動運転の素晴らしさを朗々と説き、その背景にこのクルマが輝いているという格好だ。その落差に結構な空疎感を抱いてしまう。

 ただ、Vモーショングリルに加えてフローティングルーフなど、よく見れば最新の日産デザインの文法に沿った造形になっている。だったら、自動運転などと言ってないで、「こいつを日産のHV専用車にして年内に販売します」くらいの提案がちょうどよかったんじゃないか。

 折しもプリウスがおかしな恰好になったようだし、直球デザインのIDSをひと回りほど小さくして、真っ向ライバルに仕立てた方が日産ラインナップとしても面白いかと。

 少なくともIDxと同様、単なる打ち上げ花火にするくらいだったらね。

|

« クルマ散策:東京ショー散策「マツダ・RX-VISION」 | トップページ | クルマ散策:東京ショー散策「ダイハツ・tempo」 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

IDSはおそらく日産が来年以降発売を予定しているEVベースのハイブリッド車として出す車の先行コンセプトカーだと思います。
発表ではEVオンリーのクルマとして登場したIDSですが、これが次期リーフになるとは言えないでしょう。
日産は来年にも一部自動運転の機能を搭載したモデルを発売するようなので、たぶんこのクルマがそのベースになるのかも。
IDxのようなことにはならないでしょうが、あまりにも夢のないクルマですね。
いまの日産の問題点は、開発を主導してきた幹部が辞めてしまうと、その企画そのものがとん挫してしまうこと。IDxをはじめスポーツモデルを主導してきたアンディ・パーマー氏がアストンマーチンに移籍した途端、スポーツモデルの開発は相当ダメになったそうです。
IDSのような次世代のクルマ社会の根幹をなす技術をもつクルマなら、ゴーンさんが辞めない限り大丈夫なんでしょうが、そういう人事的な騒動によってクルマの開発がとん挫するのは情けない限りですね。いまの日産は、90年代の官僚組織の末期症状とは違った意味でヤバさを感じます。それでも業績が好調だからなおさら不気味ですね。

投稿: アクシオム | 2015年11月 6日 (金) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/62376367

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:東京ショー散策「日産・IDS」:

« クルマ散策:東京ショー散策「マツダ・RX-VISION」 | トップページ | クルマ散策:東京ショー散策「ダイハツ・tempo」 »