« クルマ散策:東京モーターショー開催 | トップページ | クルマ散策:東京ショー散策「スバル・インプレッサ5ドアコンセプト」 »

クルマ散策:東京ショー散策「トヨタ・S-FR」

Img_2007 このクルマ、ある意味で実に東京ショーらしいと思うんである。

 現行の「86」は廉価でコンパクトなFRスポーツ待望論の中で登場し、それなりの話題になったわけだけど、「いや、本当はもっと安くて小さいヤツが・・・」という本音は次第にヨタハチ後継なんて話になり、実際こうやって壇上に置かれたわけだ。

 けれども、その待望論はそれこそかつてのハチロクをもう一度という実に狭くマニアックな層からの声であって、とくにクルマ好き一般の声じゃない。なんだけど、一部の雑誌をはじめ、とにかく「これぞ今回の主役」みたいなことになっていたと。

 で、実際のS-FRはそんな声を体現するかの如く実に子供っぽいカッコで現れた。キーンルックだのアンダープライオリティだの、あちこち尖がった造形に邁進するトヨタ車の中で、どうしてこういうデザインになるのかがサッパリわからないままに。

 いや、そりゃコンセプトカーだからね、という話であったとしても、じゃあこの丸いコンパクトに何か別の新しい提案があるのかと言えばそれもまた見当たらない。何だろう、それこそヨタハチの安易な焼き直しという以外に何も思いつかず、明るい黄色のボディカラーのお陰でそれっぽく目立っているだけで。

 そんなクルマが主役なんだゼというのは、超内向きな国際ショーと実にマッチしている。その一部雑誌が、「どうやら市販化は白紙」と報じている残念さや中途半端さもまた同様に。

 もちろん、それが日本一のメーカーからの発信というところも肝だ。

|

« クルマ散策:東京モーターショー開催 | トップページ | クルマ散策:東京ショー散策「スバル・インプレッサ5ドアコンセプト」 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんにちは。
 
賛否渦巻くこのコンセプトカー、私は嫌いではないです。
シンプルなデザインで、むしろ新型プリウス(個人的にイメージ最悪です)などよりは好印象です。
 
まぁ、だからと言って、惚れ込むとかの段階ではないんですが…
所謂『可もなく不可もなくあまりイヤミを感じない』といった印象どまりですかね。
 
ただ、コンパクトFRという企画を、最近の利便性一辺倒の車需要の中に立ち上げたというところは、
個人的にすごく応援したいところです。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年11月 1日 (日) 09時24分

とにかく、適度な大きさのFRクーペを再提案した姿勢は評価したいですね。あとは価格の問題ですが…。これで90年代トヨタデザインの延長線ならいいのになぁと個人的には思います。結果的に「売れる売れない」は別にして、素直に「欲しい!」と思わせるプロダクトを世に送り出す必要がメーカーにはありますし、今それが可能なのはトヨタだけなのではないでしょうか。決してロードスターのようなニッチなものではなく、もう少し敷居が低く乗れるスポーツカーとして。

投稿: としぴぃ | 2015年11月 1日 (日) 19時51分

S-FRが出せるのが、トヨタの強みであり、余裕ってもんじゃないですか?
すべてが自動運転の流れに行ってしまう中で、自分の意志であえて走るクルマはあってしかるべきですし。
ただし、このクルマが出せるか五分五分で、リサーチをしているというよりも、ショウの目玉的な数合わせにも思えますね。
でもちゃんとリサーチして次につなごうとしているなら立派だと思います。
ボクはこのデザイン、賛否はあっても、多数あるトヨタ車の中であってもいいと思います。すべてがキーンルックになる必要はないですし、多様性の面からも。

投稿: アクシオム | 2015年11月 1日 (日) 22時12分

とあるイラストレーターさん

プリウスは・・・正式発表となったら一回じっくり考えたいですね。嫌いじゃなくてもいいと思います(笑)

としぴぃさん

個人的に「コンパクトなFR」というニーズが本当にあるのか?という気がしているんです。クルマ好きの一般論としてはあるんですけど・・・。

アクシオムさん

キーンルック以外のアプローチもOKとして、じゃあどんな提案? と考えた時にこれではちょっとというのが僕の感想です。もちろん、賛否ありということで。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年11月 2日 (月) 21時17分

あまり格好良いとは思えませんが、メルセデスの芋虫やアウディの実現性セロなPHVよりまマシですね。
東モを見る限り、欧州勢はもう行き詰まってるのに、それを指摘する評論家が皆無なのは残念です。

投稿: 自動車好き | 2015年11月 3日 (火) 00時46分

屋根を黒くしたのは、オープンカーの需要を探る目的。
全体的に丸いのは、女性層のウケを探る目的。
目が丸いところにアイラインとなっているのは、やんちゃ坊主向けにいかつい顔とした場合の反応を探る目的。

コンパクトで安いのを作る!

は決まっているけど、

それを多く売るためにどうするか?
というところの方向性が定まってない・・・?(^^;

と診ます。

投稿: Maro@ジェミニ乗り | 2015年11月 4日 (水) 19時56分

Maro@ジェミニ乗りさん

面白い考察ですね。しかしトヨタにはそういう余裕があるというのは確かだと思います。個人的にマーケットインはどうかと思いますけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年11月 4日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/62300696

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:東京ショー散策「トヨタ・S-FR」:

« クルマ散策:東京モーターショー開催 | トップページ | クルマ散策:東京ショー散策「スバル・インプレッサ5ドアコンセプト」 »