« Drive My Car:長野ツーリング | トップページ | クルマ散策:東京モーターショー開催 »

クルマ散策:やっちゃえ、NISSAN!!

Photo とにかく話題になればいい、ということなんだろうか。

 「やっちゃえ日産」のTVCFは、まず永ちゃんを持ってきてヤンチャぶりをアピールして見せた。

 これ、人選はなかなかいいところをついたと思う。ベテランの歌手ではあるけど、結構幅広い年齢層に支持を得ているし、以前からの日産党あたりには、もうド真ん中にガツンと来そうじゃないか。

 実際、ネットを中心に結構な話題になっていて、ニュースやコラムのネタになっているようだし、周囲のクルマ好きにもかなり盛り上がっている向きがある。何かこう、血が騒ぐというか、一種の高揚感をもたらすみたいで。

 けれども、じゃあ何を「やっちゃう」のかを考えてみると、話は急激に怪しくなるんである。

 永ちゃんが体を張って?披露する自動運転技術は、もちろんいまや日産独自の技術じゃないし、リーフ=EVは日産自らがHVへ急遽シフトしているように、商品としては行き詰まった感じだ。

 続く「まっさん」のシャーロット・ケイト・フォックス版のNV200は、ニューヨークでタクシーに採用されたとはいえ、日本市場云々の話とはあまり気持ち的にもリンクしない。

 そもそも、何でリーフだのNV200だの微妙なところを持って来るのかといえば、もちろん現行ラインナップが壊滅的に魅力を欠いているからだろう。ここ数年の売れ筋と言えばノートとセレナ、そして軽くらいだ。いまさらそのあたりを持ってきても当然「やっちゃえ」にならないんである。

 ご存知のとおり、お得意のグローバル展開を進めた結果、自国の登録車シェアは気が付けば10%程度まで落ち込み、いまやホンダは遥か彼方だ。こいつは何とかしなくちゃいかんとうのが今回のTVCFの契機だろう。

 けれども、永ちゃんが渋く「やるヤツか、やらないヤツか」と問うたところで、実際のラインナップのほとんどは「やらないヤツ」ばっかり。渋ければ渋いほど虚しさが募る。

  この乖離が実に悲しいところなんだけど、逆に言えば実態がないからこそ「やっちゃえ」なんていうイメージで攻めるしかないんだろう。だから日産としては、この仕掛けに反応してくれるメディアやユーザーが少しでもあれば、もう儲けモノなんである。

  ちなみに、トヨタもまたドラえもんだのTOYOTOWNだのイメージ戦略が目立つけれど、こちらは商売をキッチリやったうえでの上乗せ戦略であるところが大きく違う。国内市場を見据えた商品を確実に売ったうえで、さらに薄く広く市場拡大を狙うと。

  実態を伴うか否かでその差はあまりに大きいわけで、だから日産の方は何となくウケればいいやと思っているのかもしれない。であれば、その目的はそこそこ達成しているとも言えるんである。

 

|

« Drive My Car:長野ツーリング | トップページ | クルマ散策:東京モーターショー開催 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

「やっちゃえ」はいいけど、「出しちゃえ」にはならないのが日産ですね。
本社のある日本で、これだけ壊滅的な販売状況で済まされるのが日産の凄いところですね。下手に出して売れないより、最初から売らないという戦術。確かにグローバルな視点からすればごく真っ当なんでしょうが・・・
だったら販社、営業所をもっと少なくして、徹底して販売効率を上げるべきなのに。
すくなくとも今年「やっちゃえ」と言ったことを、来年「やっちゃいました」「出しちゃいました」とやれればいいですが、まさか悪い意味で「やっちゃいました」「やらかしちゃいました」とならないようにしてください。VWとかホンダのようにならないように・・・

投稿: アクシオム | 2015年10月20日 (火) 09時23分

すぎもと様こんばんは。
 
私の場合、このCMを観た感想は、
『自動運転がデフォになったらイヤだなぁ』でした…
 
だったら公共機関だけでいいじゃないか、的な(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2015年10月21日 (水) 02時37分

日産の商品戦略はまったくもって分かりません。
まあハッキリ言って日本市場は重要ではないということなんでしょうが、それにしても、商品の絞り込みも度が過ぎています。
中でも一番理解が出来なかったのが、ティーダをやめたことです。
日産の中で唯一の上質ハッチバックであるティーダは、同社の中でも確実に顧客をとらえていたように思います。
それを指摘すると、ノートも良くなったんで・・と言うのですが、ハッキリ言ってノートとティーダは乗り心地や全ての面でまったく別物ですし、ティーダに乗っていた人がノートに乗り換えるということは殆ど考えられません。
結果、選択肢の無くなった人で、他社の車に乗り換えることなく今でもティーダに乗り続けている人がかなりの数に上ります。
ほかにも、まったく別物になってしまったシルフィーが嫌で旧型を乗り続けている人とか、スカイラインがむやみに大型でどぎついデザイになり従来の顧客の志向からはかけ離れたものになったり、取り上げればきりがありません。
リーフに関して言えば、色々目をつむって街乗り用に買おうとしたこともあったのですが、引き取り価格が他車の半額ほどにしかならないのを聞いて取りやめました。
充電池の価値の低下が大きいとのことですが、大々的に売り出そうという割には工夫がなさ過ぎると言わざるを得ません。
どう考えてもトータルな販売戦略がなさ過ぎです。。
日産は本当に日本市場などはどうでも良いと考えているのでしょうか。
母国で愛されないものは結局は行き場を失い漂流するように思えるのですが。

投稿: ぐーたらジジ | 2015年10月23日 (金) 12時21分

すぎもと様、初めまして。
常日頃から歯に衣着せぬ物言いで投稿されるブログを楽しんで拝読しています。
今回のコラムで私が思っていた事をズバッと書いて下さったので私もコメントしたくなりました笑。

さて日産ですが、どの様な商品戦略か分かりませんがラインナップに一貫性が感じられないのが一番苦しい所だと思います。
例えば同じフルラインナップメーカーのトヨタの場合、うちはハイブリッドで攻めると決めたらどのセグメントでもハイブリッド車を選べる様にする。又、規模は小さいマツダも魂動デザインと決めたら上から下まで展開する。
スバル車は高性能な運転支援システムが選べる。
じゃあ、日産は?
日産ってどんな車造りしてるのか?
日産車を選ぶ事でどの様な良い生活が送れるのか?
結局この辺りが曖昧なのが今の日産の状態であり、消費者の選ぶ理由に結びつかない結果がこの販売状況であると思います。
日産の企業PRサイトで日産のものづくりを見るとまずデザインが出てきます。
10年前のあの勢いのある頃のデザイン群なら納得でした。あの頃の日産のデザインには勢いがありました。ソリッドな面を大胆に見せる張りのある各パネル。フロントの造形を受けてサイドに引かれる一本の稜線、それを受け止めるリア。
車全体のプロポーションと面だけで質感を出していたあの頃の日産のデザインの方がよっぽど『やっちゃえ』してたのでは無いでしょうか?ちなみに私はこの頃の日産デザインが本当に好きです。(愛車はスバル・R2ですが笑。やはりデザインで決めました)

余談が長くなりましたが、とにかく日産には自動車会社としてどんな商品を消費者に提供出来るのか?そこをきちんと筋を通して提供していかなければこの先も低迷は止まらないと思います。

それでは、長文失礼しました。
又、気になる記事ありましたらコメントさせて頂きます。

投稿: 空色のR2 | 2015年10月25日 (日) 03時11分

アクシオムさん

販売店の集約・・・ありですね。半分は軽の専門店にするとか。グローバルの陰になる部分はあるにせよ、それが自国っていうのがどうも・・・。

とあるイラストレーターさん

昨晩はニュース番組でゴーンさんがしきりに自動運転の話をしてましたね。何とも・・・。

ぐーたらジジさん

ティーダは先代を乗り続けている人が周囲にもいます。サニーの名前を捨てても・・・というイメージだったのに、それが1代で終わるとは。

空色のR2さん

一世代前のV字回復初期のデザインはどれもよかったですね。お金はなくてもセンスでカバーした。しかもどれも日産車として同じ香りがありましたね。それにしてもR2いいですね~。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年10月29日 (木) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/62122123

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:やっちゃえ、NISSAN!!:

« Drive My Car:長野ツーリング | トップページ | クルマ散策:東京モーターショー開催 »