« クルマ散策:マツダの基幹店に行く | トップページ | クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける »

雑誌ナナメ読み:提案は難しい?

Photo 具体的な提案がほとんどみられないのが残念だなあ、と。

 いま売りの『ベストカー・プラス』はマツダ特集。同社の歴史、目覚ましい業績回復を果たした新商品群の開発経緯、ロードスターを筆頭とするそれら新商品の検証などなど、とにかく元気いっぱいのマツダを多角的に語るものだ。

 だた、過去の名車をランキングしたり、現行車をあれこれ語るのは通常見かける記事であって、まあ想定内だ。でも、今回はせっかく1社に絞った特集なのだし、できれば今後の展開についても大いに盛り上げたいところなんである。

 その点、「マツダはいまのままでいいのか」という記事で3人の評論家諸氏が執筆しているんだけど、残念ながら今後の展開への提案としてはいささか物足りないのがちょっと。

 国沢氏は、たとえばロードスターが国内に2リッターを用意しないことを挙げ、そういう走り方向が不足であって満点とは言えないのに、「うちのクルマはいいでしょ」とメーカー自ら連呼するのは興醒めだと。

 伏木氏は、相変わらず隙間のない長文で難しい表現を続けるけれど、読み終わってみれば現状をなぞっているだけで、結局氏の新しい考えは見当たらない。

 唯一、清水氏は現状を満点以上としながらも、個人的な希望としてデミオのロングホイールベース版ワゴンという具体的な提案を用意した。

 この特集に限った話じゃなく、メーカーがこれからどういう商品展開を行うべきかといった話はほとんど見られない。あったとしても、スポーツモデルだの高性能モデルだの、クルマ好きにありがちな狭い範囲の「希望」がほとんどだったりする。

 では、このブログをお読みいただいている皆さんは、今後のマツダに対してどんな商品展開を希望するだろうか?

 個人的な意見だけど、たとえばエンジン。苦労の末、劇的に燃焼効率を上げても、それだけでは商品性を得られないとがわかったスカイアクティブG。ここは順当に過給器付にシフトして付加価値を上げ、これをガソリンエンジンの標準にしてはどうかと思う。

 好調なディーゼルとの住み分けは、相応の価格差によるグレード分けで行けるかと。もちろん、ターボのアシストと同時に、次世代スカイアクティブの超高効率燃焼による省燃費を大きくアピールすることは従来と同じだ。

 デザインについては「SHINARI」の次ステージなわけだけど、魂動デザインの本質がエモーショナル方向であるなら、そこに端正さを採り入れてはどうだろう。

 僕はSHINARIは素直にいいと思うけれど、特徴的なキャラクターラインは、使い方を誤ると息の短い造形に陥ってしまうとも思っている。若干間延びしたアクセラや逆に窮屈なデミオはその例で、このラインのために長い期間生き残るデザインにはなっていないと僕は感じている。

 一方、バブル期の「ときめきのデザイン」がある程度成功したように、曲面重視の流麗さと端正さは両立する。であれば、魂動デザインの中でもしっかり表現できるんじゃないかと。

 モデル展開としては、来るフランクフルトショーでCX-9を想定させる「KOERU」が出るとすれば、あとはスペース重視のコンパクトがあればと思う。これは清水氏が提案したデミオのワゴンに近いけれど、まんまステーションワゴンではユーザーを限定してしまうので、「広いハッチバック」的な設定がいいかと。

 現行ベリーサは高級路線を目指したけれど、新商品群はすべて高い質感を達成しているので、仮に後継を作るのであればここはスペース追求が面白い。いまのマツダなら、少なくともポルテやソリオみたいなことにはならないでしょう。

 さて、もう10月には東京モーターショーもあるし、実際にはマツダを含めた各メーカーとも色々な部分で「次の一手」を進めているわけだけど、しかしそういう実勢に間に合うか否かは別として、プロの評論家による具体的な提案なり提言はやっぱり必要なんだと思う。

 それは責任云々だけじゃなくて、基本的に受け身姿勢ができあがってしまっている僕らユーザーへの啓蒙の意味もあるんである。

|

« クルマ散策:マツダの基幹店に行く | トップページ | クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
個人的に国沢氏は(自粛)、
伏木さんは文章が小難しい割に、言わんとする事が良く絞れてない印象で、
読みづらいのでちょっと…なんですが、清水さんは好きですね。
 
言いたいことを簡潔に、面白可笑しく文章にしているので、
ちょっと読んでみたいな、と言う気持ちになります。
(たまに暴走気味になるのはご愛嬌)
 
新しい提案って難しいですよね。
自動車メーカーに限らずですが…

投稿: とあるイラストレーター | 2015年9月 4日 (金) 20時34分

まずスカイアクティブGの件について。ガソリン車に過給器をつけて付加価値をするとなると、戦略的にダウンサイジングターボが想定されますが、この方向にはスカイアクティブエンジンを統括する執行役員さんがかなり否定的なので、まずやらないでしょうね。むしろ自然吸気で、排気量を現状維持、もしくは拡大してHCCI(予混合圧縮着火)という方式のエンジンの実用化を目指しているようですね。まぁそれがロータリーを超える革新的なガソリンエンジンとして登場をするんでしょうね。
次にデザインとパッケージについて。CX-3を見ていると、カッコはいいんでしょうが、デミオベースの限界なのか、そもそもパッケージをスペース効率の方向で追求せず割り切ったせいか、クロスオーバーモデルとしてあまりユーティリティーがよくありませんね。この方向でいくと、ドライビングポジションを含めドライバーにとっては有益であっても、同乗する他の乗員や、荷室の使い勝手、積載性はあまりいい恩恵は受けないでしょう。
今後、マツダがCX-9、MPV、プレマシー、ベリーザといったフルスカイアクティブ化されていない商品をどうするかが、今後の課題ですね。
KOERUというコンセプトカーで一見クーペっぽいクロスオーバーモデルでありながら、外観からは想像もつかないスペース効率に優れたパッケージを持っていたらすごい展開が期待できますが・・・
なんにせよ、スカイアクティブにしても、魂動デザインにしても、次のステージ、フェイズに入って行くことでしょう。
僕としては、現行のスポーティーでアクティブでスタイリッシュな路線は残しつつ、OEMで入れているハスラーのマツダ版フレアクロスオーバーのようなシンプルで真四角で徹底的にスペース効率を追求した商品があってもいいと思います。
以前「シークレットバイアウト」というコンセプトカーがそうであったように・・・
ってなことを評論家のセンセイに語ってもらえれば、マツダの特集もそれなりに共感を得られたんでしょうが・・・
伏木センセイは、相変わらずカタルシスにはまった文章をお書きのようですね。お会いして話すと結構バンカラでストレートな方ですが、文章にするとそれがどうして長くて、読みづらくなるのか。たぶん言いたいことがいっぱいあって、それでも言いきれていないんでしょうね。まぁそれを如何に簡潔に書くかがプロだと思いますが・・・

投稿: アクシオム | 2015年9月 4日 (金) 22時46分

もう10年以上前ですが、徳大寺有恒さんが「マツダはシトロエンからハイドロニューマチックの特許を買うべき」というアイデアをベストカーのコラムか「間違いだらけ・・・」かは忘れましたが提言していたのを覚えています。
マツダはユニークさを追求すべきと言う根拠だったような気がしますが、なるほど、そいつは面白いなと膝を打ったのを覚えています。
昔の話ですから当然現在とは自動車市場を取り巻くシチュエーションは違っていますが、マツダの車にハイドロニューマチックが載ったら面白い事になりそうな気は今でもします。
ハイブリッドだ、ダウンサイジングだとなにかとドライブトレーン関連の話題が多い昨今ですが、足回りにユニークさを追求した車を出せば、マツダの車に対するインパクトはさらに高まるような気がしますね。

投稿: ポン太 | 2015年9月 4日 (金) 23時42分

とあるイラストレーターさん

中身のあることを分かりやすく書くのは難しいことですね。清水氏はその辺が巧いのかもしれません。自粛って・・・気になりますね(笑)

アクシオムさん

スペース重視のコンパクトという点で同感です。そこでのデザインに興味もありますね。エンジンについては技術・開発力と商品力が必ずしも直結しないところが難しいところです。

ポン太さん

スカイアクティブはシャシーも含めた全体の取り組みですが、エンジン以外にはなかなかユーザーに伝わらないのが難しいですね。足回りもその辺を意識して開発すると面白いかもしれないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年9月 8日 (火) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/61452963

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:提案は難しい?:

« クルマ散策:マツダの基幹店に行く | トップページ | クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける »