« クルマ散策:フランクフルト雑感 | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事掲載されました »

クルマ散策:フランクフルト雑感(その2)

Photo ジュネーヴでik-2と呼ばれていたバレーノは、これからの理想的なコンパクトカーの提案・・・だったか。

 同時出展のik-4がアルトに準じて実にキリリとしていたので、ik-2のユルさはかえって際立っていて、どうして同じメーカーからこういう対照的な提案が出てくるんだろうと思ったんである。

  だから、いくつかの雑誌での「これが次期スイフトだ!」なんてイラスト入りの記事を見て、いやあ止めておいた方がいいんじゃない? と思っていたところで。

  けれどもバレーノは、どうやら欧州B/Cセグメント市場への新たな投入というアナウンスになっている。なので、こいつはスイフトのお兄さん的な存在として現地に特化しつつライバルと戦うのかと。

 たしかに、ルノーのルーテシアやシトロエンC3、あるいは新しいオペル・アストラなど、最近の欧州コンパクトは基本エモーショナルな方向になっている。バレーノも、長そうなホイールベースに載るボディは曲線と曲面を多用していてそれっぽいけれど、ただ、まとまり感が足りないとなればこれは話が別なんである。

 Q30_2 インフィニティQ30は同ブランド期待のコンパクトハッチとしての出展だ。

 エッセンスのデザインテーマをしっかり練り込んだボディには、外寸の割に深い掘りのキャラクターラインが走っていて、これが見所なんである。

  けれども、この手の表現は「ちょうどいい加減」を見つけるのが結構難しい。うねりも深さも、それが特徴となれば「もっともっと」となり、新しいモデルほど大胆になるし、逆に言えば前のモデルは早々に陳腐化してしまうのが難点だ。

  これはレクサスがいい先例で、激化が加速するスピンドルグリルの造形は、ちょっと前のGSやHSあたりをも、すでに「古い」と感じさせてしまっている。

  インフィニティも、Q30がこれなら次はもっと・・・という悪循環に陥ってしまうんじゃないか。
いやいや、中村史郎さんはもっと思慮深い。モデルによってちゃんと作り分けを図るか、あるいは適当なところで次のフェーズに移行するよ、ってことならいいんだけど。

 Ghr_2 トヨタのC-HRは、なかなか理解が難しいコンセプトカーだ。

 もちろん、人気のコンパクトSUV市場に満を持して参入したいという意図は分かりやすいけれど、一方でそれが何でこんな恰好をしているんだろうと。

  そりゃあ、日産のジュークが意表を突いたデザインで市場に受け入れられているのは興味深いところだけど、じゃあウチもってことで、似たような近未来方向のコンセプトカーを作ったとしたならいかがなものかと。

  だって、いくらキーンルックを持ち込んでいるからってこのカタチに現在のトヨタである必然性が感じられないでしょう。たとえば、前後ホイールアーチを強調するのはSUVとして珍しくはないけれど、こんな大仰な見せ方はトヨタとして実に唐突だし。

  さらに流行のレイアーな処理や、ジュークっぽいブーメラン状のリアランプなんかを見ると、何ていうかお手軽だなあと思うんである。まあ、そんなことより、多くの見学者が単純に「カッコいい!」と思ってくれればそれでいいのかもしれないけど。

|

« クルマ散策:フランクフルト雑感 | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事掲載されました »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

フランクフルトショウをレポートした実感から・・・
・スズキバレーノ
仰るとおりバレーノデザインは緩いですが、外観はそれなりに質感があってヨーロッパ市場にはもってこいかと・・・ただし、現行スイフトのようなかっちり感はないし、インテリアはちょっと韓国車よりも質感が落ち、現行スイフトのほうがいいかも知れません。エンジンルームを覗くと案外面白く、1.0リッターのジェットブースターと呼ばれるターボ車はきっちり作られているのに、マイルドハイブリッドの1.2リッター車はスズキらしく?コストダウンの跡がはっきり見える粗雑さが散見できました。
・インフィニティQ30
デザインはコンセプトカーのQ30からうまく市販化はしていますが、随所に見えるのはメルセデス・ベンツのコンパクトカーのコンポーネンツを相当利用し、正直な話、側だけ違うと言っても過言じゃないです。日産でQ30を担当していた方にも伺いましたが、ピラーをはじめとする骨格も相当共用しているし、インテリアなんかシートフレームやライトのスイッチ、パワーシートのスイッチ、ワイパーとウィンカーの一体化されたレバーまでメルセデス製でした。ハッチバックだからと言って、AやBクラスをベースにしたというよりも、クロスオーバーのGLAをベースに作ったという方が正解かも知れません。
・C-HR
正直、昨年のパリショウから進化がないです。3ドアが5ドアになったようですが、どうみてもリアドアのパーテーションを引いただけにしか見えません。たぶん市販車は相当まともになって出てくることでしょうから、このコンセプトモデルで夢を抱いた方はがっかりするんでしょね的なパターンが目に見えます。
よろしければこちらのページにレポートと動画をあげていますので、ご覧下さい。
・ブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/174658/blog/
・You Tube
https://www.youtube.com/channel/UCBZb1WtPWZJF1Cxr-vOm9bg

投稿: アクシオム | 2015年9月29日 (火) 22時53分

バレーノは狙いどころというか「主張」がどこにあるのか全くわからないデザインではないかと。
ik-2=イグニスは全体のプロポーションもいいし主張もある。ただアルトのインパクトを知った後だと「毒気」が足りないかなぁと思ったりします。
「誰からも好かれたいクルマ」じゃなく「メーカー自らが顧客を選ぶ」くらいの意気でクルマを作らないとスズキクラスのメーカーはかなり厳しい戦いを強いられるんじゃないかと思いますね。

投稿: ネコ | 2015年10月 5日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/61780966

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:フランクフルト雑感(その2):

« クルマ散策:フランクフルト雑感 | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事掲載されました »