« クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける | トップページ | クルマ散策:フランクフルト雑感(その2) »

クルマ散策:フランクフルト雑感

Photo ネットからの情報だけだけど、フランクフルトショーの雑感など。

 新しいプリウスは、プラットホームの更新と同時にスタイルの考え方も大きく変わったように見える。

 いや、パッと見は2、3代目と同じ方向なんだけど、これまで比較的端正にまとめてきたところを、やや情緒方向に振ってきた。

 たとえば、現行のシャープなサイドラインはすっかり緩くなり、新たにリアドアから引いたもう一本のラインも微妙にカーブを描いて安定感がない。もちろん、途中でボディ色を消したリアピラーも、延ばしたラインが途中で消えるAピラー下端もそうだ。

 このあたり、要素が増えたフロントとのバランスもあるんだろうけど、4代目としての特徴を持たせるという点では少々安易に思えてしまう。現行まで3代、それぞれが持っていたバランス感覚がなくなったのが残念なんである。

Photo_2 240Zをモチーフにしたという日産グリップスは、なるほどサイドグラフィックやリアパネルにその面影が強いし、ボディカラーもまた分かりやすい。

 なぜいま240Zなのかは?だけど、スタイル自体はこのところのスポーツセダンコンセプトやスウェイと同様のテーマで一貫していると言える。もちろん、これが次期ジュークであってもおかくしくはないし。

 ただ前にも書いたけれど、こうして大々的にブチ上げるデザインテーマが、実際の商品とリンクして見えないのが気になる。たしかにVシェイプなど部分的な展開はあるにしても、いまだ日産全体の商品群とは乖離したままだ。

 イヤイヤそれは今後のお楽しみ、なんてことかもしれないけど、それにしても商品作りの方向性を示すやり方としてうまくいっているとは思えない。まあ、とりわけ日本市場は戦略の対象外なのかもしれないけど。

 マツダはロードスターで新商品群が揃ったようなことが言われていたけど、KOERUは上級SUVとして一連の流れにあるように見える。

Koeru たしかにシグネチャーウィングは新たな表情に進化しているし、ブラックアウトしたAピラーも新鮮だけど、ソウルレッドのボディは基本SHINARIの延長という点でこれまでと同じだ。

 じゃあ何が「越える」のかといえば、たぶんこのセグメントのSUVとして新しい存在感を示したということなんだと思う。

 実際、よく見るとKOERUはポルシェ・マカンやBMWのX6あたりと張り合うべくまったく新しいプロポーションを持っているけれど、それでいていまのマツダらしさも表現できている点が面白い。

 それにしても、こうなってくると、いよいよSHINARIの次に来るコンセプトカーに興味が沸いて来るんである。

|

« クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける | トップページ | クルマ散策:フランクフルト雑感(その2) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
トヨタのデザインは
『いいから俺を見ろ!』
的な安直さがありますよね。
 
行き当たりばったりで、その場で流行っている要素を練り込むでもなくなんでもかんでもブチこんで、
根底的なデザインテーマはあるのか?と思います。
 
MC後のカローラも訳が分からない顔になってしまったし
(MC前の方が随分出来がよいあたり、SAIの二の轍を思いっきり踏んでますね…)
 
だから、息が続かないのではないかと思います。
 
80年代~90年代のトヨタは、好き嫌いはさて置き、
端正で息の永いデザインだったのに…

投稿: とあるイラストレーター | 2015年9月18日 (金) 20時47分

プリウスはデザインよりも86並みのロードクリアランスが最大の問題点だと思います
現行よりも走りは良くなりそうですが
普段使いの車としては使い勝手が悪いような気がします

投稿: muku | 2015年9月18日 (金) 21時05分

KOERUはサイドから見るとなおいいですね。

この車の2ドアクーペ版が出たら最高だなぁ。

投稿: ネコ | 2015年9月19日 (土) 01時55分

ただいまフランクフルトです。相変わらず見ごたえはありますが、疲れるショウです。
トレイドデー(プレスデーと一般公開の間の商談日)を2日見ましたが、2日でやっとすべて網羅できる規模で、以前はまだ余裕があったのに結構混んでしまい、やはりドイツメーカーには黒山の人だかりで写真や動画を収めるのが難しいかったです。あと雨にも祟られましたし・・・
すぎもとさんが取り上げた3台すべて見ました。
その中で、KOUERUは確かにかっこいいんですが、次のマツダデザインを示唆するものは少なかったように思います。あくまでもロードスターで完成を見たフルスカイアクティブの商品群の魂動デザインの延長。そろそろ新しいフェイズに向かうデザインを見せたほうがいいのかもしれません。見た感じ、CX-5の上にきそうなクーペ版。CX-7として投入するのが妥当かもしれません。

投稿: アクシオム | 2015年9月20日 (日) 05時12分

とあるイラストレーターさん

そうそう、80~90年代のトヨタは巧かったですね。もちろん社外への委託もあったようですけど、それはそれでよかったでしょうし。

mukuさん

低重心は新しいプラットホームの大きなウリだそうですね。ただ、プリウスでそこばっかり主張するのには違和感がありますけど。

ネコさん

KOERUは一時代を築いた小泉氏が担当しているようですね。欧州のライバルに対してどのくらい対抗力があるのか興味があります。

アクシオムさん

いいですね、現地へ行けるなんて!! 日本ではあまり紹介されないメーカーを見てみたいです。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年9月26日 (土) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/61667401

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:フランクフルト雑感:

« クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける | トップページ | クルマ散策:フランクフルト雑感(その2) »