« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

クルマ散策:フランクフルト雑感(その2)

Photo ジュネーヴでik-2と呼ばれていたバレーノは、これからの理想的なコンパクトカーの提案・・・だったか。

 同時出展のik-4がアルトに準じて実にキリリとしていたので、ik-2のユルさはかえって際立っていて、どうして同じメーカーからこういう対照的な提案が出てくるんだろうと思ったんである。

  だから、いくつかの雑誌での「これが次期スイフトだ!」なんてイラスト入りの記事を見て、いやあ止めておいた方がいいんじゃない? と思っていたところで。

  けれどもバレーノは、どうやら欧州B/Cセグメント市場への新たな投入というアナウンスになっている。なので、こいつはスイフトのお兄さん的な存在として現地に特化しつつライバルと戦うのかと。

 たしかに、ルノーのルーテシアやシトロエンC3、あるいは新しいオペル・アストラなど、最近の欧州コンパクトは基本エモーショナルな方向になっている。バレーノも、長そうなホイールベースに載るボディは曲線と曲面を多用していてそれっぽいけれど、ただ、まとまり感が足りないとなればこれは話が別なんである。

 Q30_2 インフィニティQ30は同ブランド期待のコンパクトハッチとしての出展だ。

 エッセンスのデザインテーマをしっかり練り込んだボディには、外寸の割に深い掘りのキャラクターラインが走っていて、これが見所なんである。

  けれども、この手の表現は「ちょうどいい加減」を見つけるのが結構難しい。うねりも深さも、それが特徴となれば「もっともっと」となり、新しいモデルほど大胆になるし、逆に言えば前のモデルは早々に陳腐化してしまうのが難点だ。

  これはレクサスがいい先例で、激化が加速するスピンドルグリルの造形は、ちょっと前のGSやHSあたりをも、すでに「古い」と感じさせてしまっている。

  インフィニティも、Q30がこれなら次はもっと・・・という悪循環に陥ってしまうんじゃないか。
いやいや、中村史郎さんはもっと思慮深い。モデルによってちゃんと作り分けを図るか、あるいは適当なところで次のフェーズに移行するよ、ってことならいいんだけど。

 Ghr_2 トヨタのC-HRは、なかなか理解が難しいコンセプトカーだ。

 もちろん、人気のコンパクトSUV市場に満を持して参入したいという意図は分かりやすいけれど、一方でそれが何でこんな恰好をしているんだろうと。

  そりゃあ、日産のジュークが意表を突いたデザインで市場に受け入れられているのは興味深いところだけど、じゃあウチもってことで、似たような近未来方向のコンセプトカーを作ったとしたならいかがなものかと。

  だって、いくらキーンルックを持ち込んでいるからってこのカタチに現在のトヨタである必然性が感じられないでしょう。たとえば、前後ホイールアーチを強調するのはSUVとして珍しくはないけれど、こんな大仰な見せ方はトヨタとして実に唐突だし。

  さらに流行のレイアーな処理や、ジュークっぽいブーメラン状のリアランプなんかを見ると、何ていうかお手軽だなあと思うんである。まあ、そんなことより、多くの見学者が単純に「カッコいい!」と思ってくれればそれでいいのかもしれないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クルマ散策:フランクフルト雑感

Photo ネットからの情報だけだけど、フランクフルトショーの雑感など。

 新しいプリウスは、プラットホームの更新と同時にスタイルの考え方も大きく変わったように見える。

 いや、パッと見は2、3代目と同じ方向なんだけど、これまで比較的端正にまとめてきたところを、やや情緒方向に振ってきた。

 たとえば、現行のシャープなサイドラインはすっかり緩くなり、新たにリアドアから引いたもう一本のラインも微妙にカーブを描いて安定感がない。もちろん、途中でボディ色を消したリアピラーも、延ばしたラインが途中で消えるAピラー下端もそうだ。

 このあたり、要素が増えたフロントとのバランスもあるんだろうけど、4代目としての特徴を持たせるという点では少々安易に思えてしまう。現行まで3代、それぞれが持っていたバランス感覚がなくなったのが残念なんである。

Photo_2 240Zをモチーフにしたという日産グリップスは、なるほどサイドグラフィックやリアパネルにその面影が強いし、ボディカラーもまた分かりやすい。

 なぜいま240Zなのかは?だけど、スタイル自体はこのところのスポーツセダンコンセプトやスウェイと同様のテーマで一貫していると言える。もちろん、これが次期ジュークであってもおかくしくはないし。

 ただ前にも書いたけれど、こうして大々的にブチ上げるデザインテーマが、実際の商品とリンクして見えないのが気になる。たしかにVシェイプなど部分的な展開はあるにしても、いまだ日産全体の商品群とは乖離したままだ。

 イヤイヤそれは今後のお楽しみ、なんてことかもしれないけど、それにしても商品作りの方向性を示すやり方としてうまくいっているとは思えない。まあ、とりわけ日本市場は戦略の対象外なのかもしれないけど。

 マツダはロードスターで新商品群が揃ったようなことが言われていたけど、KOERUは上級SUVとして一連の流れにあるように見える。

Koeru たしかにシグネチャーウィングは新たな表情に進化しているし、ブラックアウトしたAピラーも新鮮だけど、ソウルレッドのボディは基本SHINARIの延長という点でこれまでと同じだ。

 じゃあ何が「越える」のかといえば、たぶんこのセグメントのSUVとして新しい存在感を示したということなんだと思う。

 実際、よく見るとKOERUはポルシェ・マカンやBMWのX6あたりと張り合うべくまったく新しいプロポーションを持っているけれど、それでいていまのマツダらしさも表現できている点が面白い。

 それにしても、こうなってくると、いよいよSHINARIの次に来るコンセプトカーに興味が沸いて来るんである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける

Img_1880 数年ぶりに「CGCLUB MEETING」に行ってきました。

 ご存じのとおり、もともとは二玄社時代のCG主催「CG DAY」が、雑誌自体がリニューアルした現在では読者クラブが主催する形で継続されているものです。

 会場も、かつては都内だったものが、大磯や伊豆、御殿場などを経て、昨年はなんと軽井沢と結構な変遷があるようです。

 今年は多くの伝説を生んだとされる船橋サーキットの跡地、船橋オートレース場という、なかなか意外な会場。比較的近場ということと、スケジュールもうまいこと合ったので出かけてみました。

 で、久々に参加してみての印象は、当たり前のことですけど、CG創設の要だった小林彰太郎氏と、イベント常連だった徳大寺有恒氏不在の大きさでした。

 プログラム自体はゲストや編集部員によるトークショー、愛車自慢大会、長期テスト車の展示や書籍・各種グッズの販売、あるいは来場者の愛車展示など、基本的には以前と変わりませんが、全体の盛り上がりには大きな違いが感じられました。

 たとえば、端的に参加者がかなり減ったように思えます。都内の「としまえん」から飛び出し、サクッと参加するにはかなりの積極性が必要な場所へと移行した面もありますが、そのモチベーションとなる両氏の不在はあまりに大きいのかもしれません。

Img_1884_2 もともと、CGはクルマの国内外あるいは年代を問わないノンジャンルな姿勢が特徴ですが、そういうバラバラな指向の読者が集まるには、たぶん確たる求心力が必要なんだと思います。旧車雑誌のイベントが、クルマつながりで結構な来場者数を確保するのと大きな違いです。

 また、かつてはCGとまったくコンセプトの異なる姉妹誌NAVIとの共催という別の求心力もありました。先の両氏以外にも、大川、舘内氏や個性に富む編集部員の参加は、それだけ幅広い読者=来場者を引きつけていたことは間違いないでしょう。もちろん、そうした幅広い布陣はプログラムの充実度にも大きく影響していたと思います。

 その点、今回のプログラムの内容が、ひとりでも多くの来場者を招くためのものになっていたかは少々疑問だったということですね。

 ただ、それでも読者ボランティアによる運営がいまでも継続しているのは奇跡的かもしれません。いまは主催もその読者クラブに移行しているわけですが、それも含た献身的な取り組みには本当に頭が下がります。

 恐らく、ある種の低迷は運営側もとっくに気付いているでしょうから、すでに色々と意見や提案が出ているのかもしれません。船橋を会場にした今回は、そういう意味で過渡期だったのでしょうか。

 いえ、特段派手な内容にする必要はないと思います。ただ、ノンジャンルにして、しかし比較的意識が高いであろう読者の好奇心や知識欲を満足させるイベントとは何かを考えれば、自ずと面白い企画案が出てくるのではないでしょうか。

続きを読む "クルマ散策:CGのミーティングに出掛ける"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌ナナメ読み:提案は難しい?

Photo 具体的な提案がほとんどみられないのが残念だなあ、と。

 いま売りの『ベストカー・プラス』はマツダ特集。同社の歴史、目覚ましい業績回復を果たした新商品群の開発経緯、ロードスターを筆頭とするそれら新商品の検証などなど、とにかく元気いっぱいのマツダを多角的に語るものだ。

 だた、過去の名車をランキングしたり、現行車をあれこれ語るのは通常見かける記事であって、まあ想定内だ。でも、今回はせっかく1社に絞った特集なのだし、できれば今後の展開についても大いに盛り上げたいところなんである。

 その点、「マツダはいまのままでいいのか」という記事で3人の評論家諸氏が執筆しているんだけど、残念ながら今後の展開への提案としてはいささか物足りないのがちょっと。

 国沢氏は、たとえばロードスターが国内に2リッターを用意しないことを挙げ、そういう走り方向が不足であって満点とは言えないのに、「うちのクルマはいいでしょ」とメーカー自ら連呼するのは興醒めだと。

 伏木氏は、相変わらず隙間のない長文で難しい表現を続けるけれど、読み終わってみれば現状をなぞっているだけで、結局氏の新しい考えは見当たらない。

 唯一、清水氏は現状を満点以上としながらも、個人的な希望としてデミオのロングホイールベース版ワゴンという具体的な提案を用意した。

 この特集に限った話じゃなく、メーカーがこれからどういう商品展開を行うべきかといった話はほとんど見られない。あったとしても、スポーツモデルだの高性能モデルだの、クルマ好きにありがちな狭い範囲の「希望」がほとんどだったりする。

 では、このブログをお読みいただいている皆さんは、今後のマツダに対してどんな商品展開を希望するだろうか?

 個人的な意見だけど、たとえばエンジン。苦労の末、劇的に燃焼効率を上げても、それだけでは商品性を得られないとがわかったスカイアクティブG。ここは順当に過給器付にシフトして付加価値を上げ、これをガソリンエンジンの標準にしてはどうかと思う。

 好調なディーゼルとの住み分けは、相応の価格差によるグレード分けで行けるかと。もちろん、ターボのアシストと同時に、次世代スカイアクティブの超高効率燃焼による省燃費を大きくアピールすることは従来と同じだ。

 デザインについては「SHINARI」の次ステージなわけだけど、魂動デザインの本質がエモーショナル方向であるなら、そこに端正さを採り入れてはどうだろう。

 僕はSHINARIは素直にいいと思うけれど、特徴的なキャラクターラインは、使い方を誤ると息の短い造形に陥ってしまうとも思っている。若干間延びしたアクセラや逆に窮屈なデミオはその例で、このラインのために長い期間生き残るデザインにはなっていないと僕は感じている。

 一方、バブル期の「ときめきのデザイン」がある程度成功したように、曲面重視の流麗さと端正さは両立する。であれば、魂動デザインの中でもしっかり表現できるんじゃないかと。

 モデル展開としては、来るフランクフルトショーでCX-9を想定させる「KOERU」が出るとすれば、あとはスペース重視のコンパクトがあればと思う。これは清水氏が提案したデミオのワゴンに近いけれど、まんまステーションワゴンではユーザーを限定してしまうので、「広いハッチバック」的な設定がいいかと。

 現行ベリーサは高級路線を目指したけれど、新商品群はすべて高い質感を達成しているので、仮に後継を作るのであればここはスペース追求が面白い。いまのマツダなら、少なくともポルテやソリオみたいなことにはならないでしょう。

 さて、もう10月には東京モーターショーもあるし、実際にはマツダを含めた各メーカーとも色々な部分で「次の一手」を進めているわけだけど、しかしそういう実勢に間に合うか否かは別として、プロの評論家による具体的な提案なり提言はやっぱり必要なんだと思う。

 それは責任云々だけじゃなくて、基本的に受け身姿勢ができあがってしまっている僕らユーザーへの啓蒙の意味もあるんである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »