« Drive My Car:リアシートの張替え | トップページ | クルマ散策:新社長の抱負 »

雑誌ナナメ読み:イタリアデザインの危機?

488 いや、いまさらそんなことを、と若干思ったんである。

 いま売りの『ベストカー』。清水草一氏と渡辺敏史氏によるエンスー対談はイタリア車のデザイン衰退がテーマだ。

 まずはピニンファリーナと手を切った?フェラーリ488GTB。前衛作品の如くウネるボディは行き過ぎたエモーショナル路線で、これがいまのイタリア車のデザイン崩壊を象徴していると始まる。こりゃあ、どう考えても458からの買い替えはないな、と。

 そして、近頃発表されたアルファのジュリアにはさらに手厳しい。まるでBMW3シリーズに無理やりアルファ顔を取って付けたような酷い出来と嘆く。さらに、マツダ・ロードスターをベースにするという新しいフィアット124はまるでコペン・セロみたいになるというウワサがとどめを刺す。

 ついにイタリアデザインがニッポンに負ける時が来たという話で、クルマ好き=イタリア車好きとして多少なりともこれを贔屓目に見てきたけれど、もはやかばい切れないと。まあ、たしかにジュリアはいかがなものかと思うけれど、ただ、個人的にはもう結構前からそんな感じになっていたんじゃないかと思っていたので、若干の違和感を持ったんである。

 そのアルファでは、2007年に発表された8Cが妙に評判で、過去のモチーフを採り入れたというボディには「これはカッコいい、カッコいい筈だ、カッコいいと思わなくてはイケナイ」という、半ば集団意識的な評価があったように思う。

 けれども、個人的には8Cが絶賛に値する程とはどうにも思えなくて、たとえば近代アルファの140・150番シリーズをなかったことにする程のものじゃないと。だから、続くミトやジュリエッタのやたらな高評判にも懐疑的だったんである。

 また、マセラティも04年のクアトロポルテが似たような感じで、「これこそがマセラティ」といった声が、とりわけA4判雑誌方面からあがり、現行型も含めてそういうことになっている。しかし、これとて個人的にはその前の3200GTの方がよほど新しさを持っていると感じていたので、そこまでの賞賛には?がついていたと。

 そもそも、最大シェアのフィアットが500XやL、3代目パンダ、あるいはドブロなどで相当生温いことになっていたわけで、突如ヘンテコな488やジュリアがイタリアに出現したという話じゃないんである。

 それよりも、ここはやっぱりインハウスデザインとカロッツェリアの違いを問題にするべきなのかもしれない。ピニンファリーナやイタルデザインも、フィアットやアルファのデザインセンターも同じイタリア国内の話なわけで、そこに明確な違いがあるなら理由を知りたいと思うじゃないか。

|

« Drive My Car:リアシートの張替え | トップページ | クルマ散策:新社長の抱負 »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
個人的にはMito~ジュリエッタあたりは嫌いではないですが、
確かにジュリアを見た時は『え?』となりましたね。
イタリア車ならカッコいいはずだ、カッコ悪いハズはない、
と言う無意識の意識は、私にも少なからずあるかなと、今回の記事を読んで思いました。
 
しかしながら、ランボルギーニウラカンのような素晴らしいデザインもまだまだ健在で、
イタリアデザインの崩壊、と結論付けは、個人的にはまだしたくありません(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2015年8月 4日 (火) 19時42分

ミト乗りの自分が言うのもなんですが、ミトのデザインはあのやりすぎでやんちゃな潔さに共感できないとダメかも知れませんね。それと車高はやや低くして、そして定番のアルファレッドを外して選ばないと、あの砲弾のようにシュッと勢いのあるサイドビューは活きてこないと思うのですが・・・
確かにデザイナーさんの中に、ミトに共感できる人と、できない人ははっきりいて、それは最後にデザインは好き嫌いの話で片付けられますが、自分としてはまぁそんなことで終わるのは結構残念感のある話だと思います。まぁ人に押し付けられるものではないので、それ以上のことは言えた義理ではありませんが。

カロッツェリアが確かに機能していないのは明白で、こうまでインハウスデザイン化されると仕方がないですが、一方で現在のデザイントレンドが中国をはじめとした国々の市場による影響も少なからずあるような気がしますね。
あとすぎもとさんにとってアルファ・ロメオ4Cのデザインはどうなんでしょうか?ボクは8Cより受け入れられるイタリアンデザインかと思います。

投稿: アクシオム | 2015年8月 4日 (火) 21時24分

とあるイラストレーターさん

ランボルギーニは健在ですね。ランボはイタルとの関係もありますよね。コンペの勝敗はともかく、影響がないとは言えないと思っています。

アクシオムさん

ミトは悪いとは思いませんが、絶賛という風潮に?ということでしょうか。少なくともジュリエッタよりははるかにまとまっている。4Cは1台だけ完全に独立したクルマと考えていて、成り立ちを考えれば基本デザインは面白いと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年8月 7日 (金) 21時25分

こんばんは。 フェラーリと聞くと348やF355やテスタロッサを思い浮かべてしまいます。古いのはディーノ246 全部は知らないけどかっこいい。最近のは… アルファは何故か155を思い出します。弁当箱みたいで不評でも僕にはカッコイイ。後、古い初代ジュリエッタ マセラティも2代名ギブリなどカクカクデザインが強烈。 車でイタリアデザインと聞くと初代パンダや初代フィアット500や初代フィアットウーノ。 最近のイタリア車は…昔の車種ほどかっこよくもなければインパクトないですね。

投稿: さね | 2015年8月10日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/61029573

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:イタリアデザインの危機?:

« Drive My Car:リアシートの張替え | トップページ | クルマ散策:新社長の抱負 »