« 雑誌ナナメ読み:イタリアデザインの危機? | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・シエンタ »

クルマ散策:新社長の抱負

Photo_2 新しい社長の会見には若干?なことがあったと思う。

 度重なるリコールやらF1での苦戦など、なかなか荒波な環境の中でバドンを引き継いだ八郷新社長は、株主総会も終わった7月上旬の会見で、今後の商品展開について抱負を語った。

 そこで出たキーワードは「夢」「チャレンジ」「チーム」であり、例として引き出されたのはホンダジェットとS660だったんである。

 ただ、昨秋から新型車が矢継ぎ早に投入されたわりには、どうもパッとしない国内販売に対し、そのキーワードが的を射た回答になっているかというと、どうもそれは違うんじゃないかという話だ。

 いや、ホンダらしさを語るとき、勢い夢だの挑戦だの、あるいはレースやらタイプRなんて話になるわけだけど、少なくとも目前の市販車について考えるのなら、たぶんそういうことじゃないだろうと。

 たとえば初代のシティ、ワンダーシビックや初代CR-X、クイント・インテグラにエアロデッキを加えたアコード、そしてビートなどなど、80年代のある時期にはどれもホンダらしく魅力的なラインナップがあった。

 じゃあ、そこに共通していたのは夢やチャレンジ、あるいはレースやジェットに裏打ちされた目新しい新技術なのかといえば、決してそうじゃなかっただろう。

 そうではなく、より美しく、より楽しく、そしてより使いやすくという、もっと純粋かつシンプルな発想であって、それを魅力的にするための優れた感性とセンスとが、いわば両輪として存在していたと思うんである。

 一方、現在のホンダも元気で勢いのあるクルマを目指し、昨年からは「エキサイティングHデザイン」なるフィロソフィを立ち上げた。けれども、そんな掛け声を上げたにもかかわらず、結果としてかつてを思わせるほどの美しさなり新しさを打ち出しているかといえば、決してそうはなっていない。

 量販クラスのグレイス、ジェイド、シャトルなどが、それにしては印象が薄いのは、「ソリッドウイングフェイス」なんて大仰な名前の付いた顔を筆頭に、その新しいデザインが空を切っているからなんじゃないか。そいつはかつてのセンス・感性には遠く及ばなくて。

 社長が持ち出したS660だっていい例だ。スーパーカーの要素をあれこれ盛ったボディは最大瞬間風速的には「カッコいい」けれど、寄せ集めのデザインは見飽きるのも早い。これは、30年近くを経過してもいまだに色あせないビートと決定的に発想力、造形力、センスが違うところだ。

 そこを暢気に「S660がこれからのホンダの象徴」などと言っているのが実に気になる。

 え、感性だセンスだなんて、そんな曖昧で頼りないことでいいの?と思うかもしれないけど、新しい技術や発想をどう使ってどうまとめるかも、結局はそこが肝になると僕は思うんである。

|

« 雑誌ナナメ読み:イタリアデザインの危機? | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・シエンタ »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

会社を経営する立場になるとわかることは、決してチームとしてみんながまとまるだけじゃ会社は動かない。やっぱり船頭になる強固なリーダーって必要だって。
その点、ホンダもそして名物会長が指揮を執ってきたスズキの新体制も果たして今まで以上に行けるのか?と思う部分はありますね。
ホンダが今まで以上にホンダであり続けるには、もうクルマに固執しないことかもしれません。
逆にジェット機の開発で培われたことを、クルマに持ち込むことすれば、また違った発想のクルマができるかも知れませんね。
それと、ホンダのデザイン体制って、トヨタや日産ほど系統だったものがないし、デザインのトップってちゃんと据えていませんよね。その点もデザインのあやふやにつながっているのかも知れません。経営のトップにしても、デザインのトップにしても、ホンダがホンダらしくあり続けようとするなら、チームより独裁的な指揮者でなきゃダメなのかも…と。

投稿: アクシオム | 2015年8月10日 (月) 09時08分

自分の車がリコールしまくり欠陥?ハイブリッドシステムと巷で噂のを積んだホンダ車なので頑張ってほしいです。 CVT搭載車種ばかりの日本車に変化をもたらすと思ったら、エアバック問題も含めリコール騒動… ステップワゴンにダウンサイジングターボ積んだと思ったら変速機はCVT… ここまで評判落としたんだから新社長にはチャレンジで無難なCVTを使わないメーカーぐらい大胆になってほしい。 ホンダに限らずCVTが普及してから新技術の完成度やエンジン技術が停滞して、車の運転する楽しさや魅力が半減してると感じるのは僕だけですかね? マツダはスカイアクティブドライブでなんか凄いし、ホンダもそうなると思ったら悪評がリークされたり、沸き立っちゃってしぼんじゃいましたね。新社長大変でしょうねー…

投稿: さね | 2015年8月11日 (火) 00時02分

アクシオムさん

まあ、たしかに80年代のよき時代はピニンファリーナの関与が大きかったですしね。
ホンダは優秀なデザイナーが少なくないと思いますが、仰るとおりいい船頭がいな
いのかもしれないですね。デザイン部門だけでもいいのですが。

さねさん

まあ、考えようですね。これからは上がるしかないと思えば・・・です。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年8月12日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/61102311

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:新社長の抱負:

« 雑誌ナナメ読み:イタリアデザインの危機? | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・シエンタ »