« クルマ散策:新社長の抱負 | トップページ | クルマ散策:純正カスタマイズって? »

新車心象風景:トヨタ・シエンタ

Photo やっぱり、数撃ちゃ当たるってことの証なんだろうか?

 あまりに派手だと賛否両論のエクステリアは、個人的に悪い印象はない。というか、明快なテーマを持った造形は、当初、初代のヴィッツファミリー同様、ヨーロッパスタジオの作かと思ったくらいなんである。

  周知のとおり、トレッキングシューズをモチーフにした発想は、しかしトヨタ東日本の若手デザイナーによるそうで、こういう才能がポッと出てくるあたりは裾野の広いトヨタならではかもしれない。

  派手だという批判の対象である一筆書き風モールも、光りものをほとんど使わず、ボディ全体を”ブラックで締める”という役割を兼ねているし、それも含めて全体的にカジュアルな質感を出しているとも思う。最近のトヨタは、欧州版のヴィッツやアイゴを筆頭に、ランプ周りのグラフィックをやたらと引き伸ばす傾向があるけれど、今回はそれ関係じゃないみたいだけど。

  細かいことを言えば、当初写真ではこのモール部分が艶消しのゴム素材を思わせたところ、実際にはフツーの樹脂素材であったのは若干安っぽい感じで惜しい。まあ、それでもそのモール部分のみが浮かないよう、前後のランプと一体に見せる処理はなかなかなんである。

  また、シューズからとった新色の黄色も鮮やかだし、グリーンも悪くない。青や赤も含め、本当はもっと高い彩度のビビッドな色でもいいと思うんだけど、それはきっと今後の展開にとってあるんだろう。やっぱり、どこか初代ヴィッツを想起させる大胆なインテリアも面白い。

  そういう明快なデザインテーマと、もうひとつ明快な「ホンダ・フリードのお株を奪ってやる!」という市場戦略の合致が今回の肝だ。その点、まさに「ちょうどいい」サイズとなったシエンタは、 同じ5ナンバーサイズの3列ミニバンなら、四角四面なノア・ボクシーよりも短い分扱いやすいし、しっかりHVを 設定し、しかもお値打ち価格に設定と抜かりはない。わずか2週間で4万台近くの受注を達成したのは、そう した要素がすべてバッチリ決まったからなんだろう。

 ただ、いくら販売のトヨタだからって毎回こんなクリーンヒットとは行かない。

 車種によってデザインからマチマチなやり方の中でこうした成功があるのは、やっぱり大メーカー 故の「数撃ちゃ当たる」な世界だからかと思わせる。原点回帰の現行カローラや打倒ゴルフを目指したオー リスなどが、それなりのカッコを得られなかったのが逆の意味での例示だ。

  これは統一デザインテーマで好調のマツダ、少数精鋭のスバル、あるいは共通顔を揃えるホンダなどとは別方向の展開である。どちらの打率が高いのかは?だけど、トヨタのあまりの担当主査頼み、偶然加減を見ると、そういう比較も無意味に思えてくるわけだけど。

  あ、そうそう。なんでこのクルマに滝川クリステル?については、個人的にその1ピースだけどうしてもパ ズルが合わないんである。

|

« クルマ散策:新社長の抱負 | トップページ | クルマ散策:純正カスタマイズって? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

正面から見た顔がヴィッツよりもナマズに見えるのは自分だけでしょうか?!髭も生えているし

投稿: muku | 2015年8月13日 (木) 22時01分

すぎもと様こんばんは。
 
確かにインパクトもありますし、目を引くデザインではあると思いますが、
すっきりとしないサイドのグラフィックなど、
ちょっとデザインの耐用年数に疑問が…
正直な所、あまり好きなデザインではありません。
 
しかし、先のアルファード、ヴェルファイアの残念さからみたら、
相当好感の持てるデザインではあると思います。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年8月14日 (金) 01時24分

この車は「走っている姿」が素晴らしい。停まっているとちょっとやりすぎかと思いますが。
インパネの造形も出色。(グローヴボックス付近のオレンジちら見せ!!)
トヨタは「多人数乗車、ハイブリッド、価格」というコンセプト段階で勝利を確信していてデザインで挑戦できたんでしょうか。シートの造形がいつものトヨタ調なのがご愛嬌。
乗って楽しい車だといいなぁ。(そこに手を抜いてくるのがいつものトヨタなんですが。初代ヴィッツも乗るとうんざりしたし。。。)

投稿: ネコ | 2015年8月14日 (金) 07時16分

滝川クリステルさんのCM採用は、東京オリンピック・パラリンピックの招致から来たものでしょうね。トヨタとしては、オリンピックの公式スポンサーですからそれをシエンタのキャラクターとひっかけたのでしょう。たぶん・・・
デザインの処理に疑問、好き嫌いは多々ありますが、こういう発想のクルマを出せるところは大したもんです。ユニバーサルデザインを突いたポルテともども、トヨタのコンパクトカーは侮れませんね。
本来、こういう商品を日産から出してほしいものですが、国内最軽視(軽く見ているという意味と、軽自動車重視と両面で・・・)の戦略で突き進んでいるから期待はできませんね。
数撃っても、それなりに当ててしまうし、当たるように販売が頑張りますから、いくら揶揄しようともそれは揺るがないでしょうね。

投稿: アクシオム | 2015年8月14日 (金) 09時00分

ずっとフリード一人勝ちなのを、なぜトヨタはシエンタのモデルチェンジで迎撃しないのかと思っておりましたが、ようやく出ましたね。しかし、こんなにイメージが変わってしまったことには驚きです!ビビッドなカラー展開がもっとあってもいいですよね。黒ボディーにビビッドピンクのモールとかあったら即買いなのになぁ(笑)こういう小さなミニバンにはあまり生活臭を出さない方がオシャレだと思うので、個人的には良かったと思います。

投稿: としぴぃ | 2015年8月14日 (金) 18時44分

こんばんわ。

斬新な色使いとクリステル効果で初見の人には「おっ!」と思わせるインパクトがあるかもしれませんが、飽きられるのも意外と早いのではと感じます。
新しいフリードが出るまでにその新鮮さを保っていられるかが見所ですね。

投稿: ポン太 | 2015年8月14日 (金) 22時47分

mukuさん

ナマズですか。たしかに・・・

とあるイラストレーターさん

アルファード、ベルファイアもいまのトヨタ的ではあるんですけどね。シエンタは好き嫌いがかなり出るクルマかと思います。

ネコさん

パッケージとしてフリードに完全にぶつけていますので、販売的にはもう間違いないと。さらにインパクトある外観でトドメを・・・というところでしょうか??

アクシオムさん

そうですね、こういう国内をガッツリ意識した元気のいいクルマは、いつの間にか日産からはなくなってしまいましたね。安っぽいのはありますけど。

としぴぃさん

シエンタを変えるのに、フリードという明快なモチーフがあれば色々考えやすかったんでしょうね、逆に。そしてライバルよりちょっと先を行くというのがトヨタ流です。

ポン太さん

シルバーの似合うホンダ的なデザインとある意味真逆の造形として、僕は長持ちするクルマだと思っています。これがヒットすれば、次が難しいんじゃないかなと。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年8月15日 (土) 10時52分

こちらのブログ、過去のものを含めて拝見しました。

大分前のものですが、ノア・ヴォクシーの記事には正直失笑してしまいました。

すぎもとさんはトヨタへ個人的な恨みでもあるんでしょうか?
トヨタが絡むと斜に構えた様な記事ばかりですね。
私もトヨタの車を保有したことはありませんし、かっこ悪いなと感じる車はありますが(トヨタに限らず)、一方でレクサスのNxの造形などは素晴らしいとも感じます。

ノア・ヴォクシーの記事で笑ってしまったのが「常軌を逸した」という表現。
常軌を逸した300万もするプロダクトが何万も何十万も売れてベストセラーにはなりませんよ(笑)
トヨタを購入する多くの方が常軌を逸しているのか、すぎもとさんが常軌を逸しているのか。
私個人の意見では、すぎもとさんがお乗りのホイールまで赤いジェミニは極めて悪趣味に見えますが・・・。

投稿: けいまん | 2015年8月17日 (月) 17時32分

>けいまんさま

別に杉本さんの方を持つわけではありませんが、ノア・ヴォクシーという車の成り立ちを考えたら売らんがためとはいえ、過剰なエアロ展開は度を超してるのでは?というのを誇張して常軌を逸しているという言葉を使われたであろうと思いますが。
売らんがためにある観点からすれば常軌を逸している捉える人がいるほどのことまでしたんですから、両車が売れているという事実と杉本さんの文章は整合性が取れていると思いますけどね。

ちなみにジェミニが悪趣味って30年近く前の車ですよ。まかか今のセンスで論じてるわけでは無いですよね。

でNXの荒削りな造形のどこが素晴らしいのか私は理解し難いのでご解説願いたいところです。

トヨタほどよいしょとアンチが、わかりやすいメーカーもないと思いますが、盲目的で思考停止が多いであろうユーザー層とは違った視点で物言いするのは別に悪いことだと思いませんけどね。

投稿: KATSU | 2015年8月17日 (月) 23時38分

〉けいまんさん
わたしもKATSUさんに賛同します。
「常軌を逸した」という言葉は、すぎもとさんの視点ではそう思うということを言われているのであって、その言葉のみを捉えて批判なさっても、ノアやヴォクシーのデザインが良いということにはならないのではないでしょうか。NXも然りです。「売れているから良いものだ。」というのは少々乱暴ですよね。
デザインが良いと思われるのならどこがどう良いのかきちんと説明なさってから批判されれば説得力があるというものです。少なくともすぎもとさんはそうされていると私は思います。

すぎもと様はじめまして。いつもブログを楽しみに拝見させて頂いております。これからも面白い記事をお願いします。

投稿: スープラス | 2015年8月18日 (火) 11時25分

けいまんさん

たくさんの記事をよんでいただいたようでありがたく思います。失笑はとても残念なので、今後はさらに精進したいと思います。

KATSUさん、スープラスさん

スープラスさん、はじめまして。
おふたりが仰るとおり、やはり具体的な感想、意見、解説があることが望ましいですね。そこから意見交換が始まると僕も思っています。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年8月19日 (水) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/61144331

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・シエンタ:

« クルマ散策:新社長の抱負 | トップページ | クルマ散策:純正カスタマイズって? »