« Drive My Car:夏休み博物館巡り | トップページ | 雑誌ナナメ読み:提案は難しい? »

クルマ散策:マツダの基幹店に行く

Img_1823 マツダの新しいディーラーに行って来ました。

 店舗は関東マツダの目黒碑文谷店。もうすでに各媒体で紹介されていますが、マツダが新世代商品に合わせ、今後のブランディング構築を意図して設計したという基幹店です。

 といっても、広大な敷地に・・・ということではなく、注意してないと前を通り過ぎてしまうくらいで、それより中身で勝負といったところでしょうか。建物全体は外壁や構造体がブラック、内装面が濃いブラウンでまとめられていて、まあ実にシックな空間です。

 クルマを止めて1Fエントランスから入るとロビーになっていて、車両展示は2Fに。

 アテンザ、デミオ、ロードスター、CX-3の展示4台はすべてソウル・レッドで統一されていて、言ってみれば車両もインテリアの一部という考え方のよう。細かいことを言えば、壁面に置かれたラックのカタログも黒地にソウルレッドの車体写真ですから、そこまで色彩コーディネイトされているかのようです。

 案内の方の話では、今後別のカラーの車両が展示されることも想定しているそう。そうやって考えると、新世代商品群に用意されたブルーマイカやローズマイカなど、無彩色以外のボディカラーも、この黒と濃茶の空間ではそれなりに栄えそうではありますね。

Img_1825_2 自慢の商談コーナーはガラス壁の個室で、これまたお洒落。ただし、変に密室感が出ないよう、天井部の壁面は開放されています。間接照明が美しいトイレや、飲み物を提供するカウンターの陰になって目立たない子供用スペースなど、あまり広くないながらもこだわりと工夫が散りばめられていました。

 工場は地下にありますが、ここも実に整然とレイアウトされていて、作業のストレス低減を果たしているほか、修理や点検を依頼したユーザーの安心・信頼感を得るのにも役立っているようですね。

 ハイライトはこだわりの納車スペースでしょうか。魂動デザインのモチーフを飾った部屋はやはり黒と濃茶で統一されていますが、調度品も含めて力の入り方が一層強いようです。

 この店舗は前田本部長をはじめとしたマツダのデザイン部と、地元広島に拠点をおく設計事務所とのコラボだそうですね。設計者の谷尻誠氏の仕事は住居から商業施設まで幅広く、若手らしい新しい空間提案でありながら、全体的には落ち着いた雰囲気を醸し出す仕事が多いようです。どうやら前田氏自ら打診したそうですが、コラボとしては成功したのではないかと思います。

Img_1826_4 そうやって特徴のある店舗ですから、クルマのデザイン同様好き嫌いはあるかと思います。敷居が高いなんて感想もあるようですし。ただ、クルマにしても店舗にしても、メーカー側が高い志を提示するのは賛成です。仮に現代ニッポンがヤンキーとカワイイの国であったとしても、送り手がそこに並ぶ必要はありませんし。

 また、高質な店舗という点では、レクサスの高級志向とはまた違ったアプローチであることも面白いですね。どこにクオリティを見出すかの違いが興味深い。まあ、これまでのマツダのディーラーがあまりにお粗末だったのは別として。

 そういえば、日産は早くから店舗設計の改革に乗り出しましたけど、日本軽視のラインナップ同様、いつの間にかコンセプトがうやむやになってしまいましたね。一時は折込チラシのレイアウトまでデザインの徹底を図っていましたが、もしかして現場とのコミュニケーションに問題があったのでしょうか?

|

« Drive My Car:夏休み博物館巡り | トップページ | 雑誌ナナメ読み:提案は難しい? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

ボクも碑文谷店伺いました。確かに魂動デザインコンセプトに基づいた店舗設計、ある意味よくやったなぁと思いました。
が、敷地が狭くて縦方向に持っていかないと成立しない少々残念な立地ゆえに、郊外の広い場所で碑文谷店みたいなコンセプトを平面、横方向に展開した店舗を見てみたいですね。
全国的に魂動デザインコンセプトに基づいた店舗リニューアルをしており、ボクの住む神奈川県西部でもちらほら見かけます。
確かにフルスカイアクティブ以降の商品群のイメージに相応しいプレミアム感のある店舗展開ですし、マツダ地獄と揶揄された安売りセールの札が排除されたことはいいことですが、一歩間違うとレクサス店みたいに敷居が高くて入りづらくなる要素はありますね。まぁそれは商品が一定の方向を向いちゃっている以上しょうがないですね。
今後、MPVやビアンテ、プレマシーあたりのミニバン商品をどうするかによって決まってくるんでしょうね。噂によると、ミニバンの商品群をクロスオーバー商品に転換していくとも言われているので、あまりファミリー層を意識した取り組みはしないかもしれませんね。

投稿: アクシオム | 2015年8月29日 (土) 23時13分

昔あった、トヨタのアムラックスのようなイメージでしょうか?レクサスのような肩肘張ったものじゃなく、小洒落たカジュアルな感じの店舗があってもいいと思いますね。マツダはあくまで庶民のメーカーであって欲しいですからhappy02

投稿: としぴぃ | 2015年8月30日 (日) 09時13分

こんにちは。
魂動デザイン以降のマツダの商品展開やその成功については一定の評価をしていますし、個人的には広島に縁もあるので、マツダを応援したいのですが、高級感の演出がなされているディーラーはあまり得意ではないので、これからあまりやりすぎられるとマツダに入りにくくなるなぁと思います。
個人的には、魂動デザインはかっこいいとは思うけど、デザインの完成度でいくと諸手を挙げて賛成するほどは評価していませんし(三代目デミオやベリーサの方が好きです。)、やたら人馬一体をアピールしてくる売り方にもやや食傷気味になっています。
日本のメーカーがおろそかにしてきた安全への取り組みとドライビングポジションを含めたその啓発活動にマツダが真面目に取り組んでいることや、CVTとの決別などに対しては今後も継続してほしいと思っていますが、変に売り方先行になって、三代目デミオとベリーサの頃が一番良かったなあってことにだけはならないようにしてほしいです。

投稿: スープラス | 2015年8月30日 (日) 21時41分

すぎもと様こんばんは。
 
マツダ推しの私には、素直にマツダの成長ぶりを喜びたいところですが、
一方で、皆様が仰るように、敷居が高くなって来てはいないか?という懸念もあります。
 
とりあえず、いちファンとして、今後の動向を静観したいと思います。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年9月 2日 (水) 19時31分

アクシオムさん

かなり狭い敷地なのは僕も驚きました。たしかに広い店舗も見てみたいですが、車種がそれほど多くないのでどうなんでしょう?? 碑文谷は関東マツダですが、ここはメーカーとのつながりが強く、リニューアルもしやすいそうです。

としぴぃさん

上質であるけど、過度に豪華ではない・・・という狙いだと思います。そこはレクサスと違うところですね。

スープラスさん

まあ、あれくらいのディーラーがふつうにちゃんとした店だ・・・くらいに、僕らユーザー側の意識も変わらないといけないと思います。デザインについては賛成する部分もありますが、姿勢自体はもう少し長い目で見たいなあと思います。

とあるイラストレーターさん

敷居はこちら側の意識の問題でもありますね。ユーザーも成長しなくちゃ・・・と僕は考えています。


投稿: すぎもとたかよし | 2015年9月 4日 (金) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/61374570

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:マツダの基幹店に行く:

« Drive My Car:夏休み博物館巡り | トップページ | 雑誌ナナメ読み:提案は難しい? »