« 新車心象風景:スズキ・ラパン | トップページ | Drive My Car:リアシートの張替え »

雑誌ナナメ読み:懐かしさ最優先?

Navicars どこかに期待があるだけに、結構残念な感じなんである。

 雑誌「NAVI CARS」の定番企画、「NAVI CARS TALK」のお題はトヨタ・アルファード。

 ライバル、日産エルグランドのお株を奪ったコテコテのラージサイズミニバンは、意外にも新型では運転席で楽しめる出来となっていることが好評で、これをニッポン独自の高級車として認めるべきだろうとの方向に話は進む。

 さらに、その流れは「これまで自動車評論は欧州文化に軸足を置いてきたが、そろそろ自国のヤンキー文化を認めなくちゃいけない」と収束する。日本車の運転の安楽さ、快適さを受け入れよう、もっと素直になろうと。

 まあ、言いたいことはわかるけど、ちょっとそれはどうかと思ったんである。

 結構に高価なベルファイアの運転の安楽さ、快適性、操安性、そして静粛性を認めて評価したいのなら、それはそれでいいんだと思う。かつて、トヨタ車を筆頭に追求された時速100キロ以下限定の快適さが時を経て相応に進化し、いい意味での日本車独自の快適性を獲得したとしても不思議じゃないし。

 ただ、それとヤンキー文化とはちょっと違うだろうと思うんである。

 アルファードもベルファイアも独自の豪華絢爛さはまさにヤンキー方向だけど、「運転してよかった」というのは派手な見た目とはまた別の話だろう。ミニバンという形態自体もいまや日本だけの土着風習じゃないし、そもそもTALKメンバーはギラギラのグリルや紫色に光るインテリアを誉めているわけじゃない。

 いや、独自の「ラクさ」がヤンキー文化と繋がっているんだと言いたいのかもしれないけれど、ジャージスタイルのそれは「ユルさ」なのであって、しっかりとした走行性能が素晴らしいというなら実は真逆の話だ。もちろん、それはこれまでの自動車評論の方向と特段違わなくて。

 NAVI CARSという雑誌は、かつてNAVIに関わった編集者が「あの頃をもう一度」という趣旨で作ったかに見える。それは、特集や各コーナーがほとんど当時のまんまで、驚くほど新しい発見・発信がないことからも感じるところだ。

 残念ながら、「もうそろそろヤンキー文化を受け入れる時期に来た」という結論も、だから想定内の「異論」に聞こえてしまうんである。あー、ちょっとしたことでそんなこと言っちゃうのね。じゃあ皆さん、もうポルシェとか評価しないのね、というような。もちろん、ヤンキーなジャージ姿の扉写真という”お約束”も含めて。

 NAVI CARSはもちろんNAVIじゃないのだから、きっと同じものを期待するのは違うんだろうと思う。ただ、語っているメンバーはいまやベテラン、第一線の方々ばかりだ。時代が変わったとはいえ、それならそれで、かつてNAVIがそうだったように、「読者の想定」を上回る何かが欲しいと思うじゃないか。

|

« 新車心象風景:スズキ・ラパン | トップページ | Drive My Car:リアシートの張替え »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

そもそもNAVIとNAVI CARSは、NAVIであってもCARSがつくかつかないでえらく違うと思うのですが・・・
元祖NAVIのNAVI TALKには痛烈な批評があって鋭さがありましたが、NAVI CARSのそれがユルくなってしまっているんですよね。
痛烈さがない分、マイルドだけど訴えてくるものがない。ゆえに元祖がもっていた読者の想定を上回るものなんてないんだと思います。
アルファード、ヴェルファイアとベンツの新型Vクラスを比較すると、狙いはエンジニアリング的も、デザインやキャラクター的も結構近寄っているのかと思えますが・・・
案外このサイズのミニバンカテゴリーの行き着く先、狙いは同じなのかも知れません。あとはどの市場で勝負するか?それによって味付けが変わるのかも知れません。案外、アルファードとヴェルファイアをヨーロッパ市場に持って行っても、足回りの仕立てさえきっちりしてあげれば、Vクラスの市場に割り込めるかも知れません。
ドイツがダメでも、日本文化を贔屓にするフランスでそこそこ行けたりするかも。

投稿: アクシオム | 2015年7月19日 (日) 14時22分

ここ30年の自動車のトレンドは大まかにいって「SUV化」だったと思います。
市場のSUV化はアメリカ→日本→欧州の順で進んでいったわけですけれど、欧州至上主義の評論家は90年代前半頃SUV化のトレンドに対して「ヨーロッパ人は合理的な自動車選びをするから背の高い走行性能の劣るSUVには進まない」と断言していましたよね。その人は今のヨーロッパについてどう考えるんでしょうか。

日本車のヤンキ-化についても「地域や家族を大切にする」という意味でアメリカの黒人文化の流行をトレースしたものだし(ミニバンの装飾性等々)「日本独自」というにはまだ遠いのかなぁと最近考えを改めました。「日本独自」というなら16世紀以降の「侘びさび」に行き着くんでしょうけで、華美な装飾性とは真逆ですしね。その辺を語ってくれたら面白い評論になると思うんですけど。

自動車は国際商品であると同時にその地域に根ざしたものなんだから「100km/h以下の速度で快適に走れて、燃費もよく故障しない」という日本車の成り立ちは決して評論家から批判されるものじゃないと思います。欧州車は「高速走行、長距離移動に根ざしてキチンとメンテナンスすれば快適に使える」ということ。日本の環境で車を使っている普通のユーザーに「ヨーロッパ車ってこんなに素晴らしいんですよ」と語ったところで「そんな性能必要ないです」というのが日本人の態度だったんじゃないないでしょうか。自動車評論家は欧州中心主義を脱して「ヤンキ-化」を認める前に「普通の日本人の立場」に立った評論を再構築する必要があるんじゃないでしょうか。順番が逆だろうと思います。

投稿: ネコ | 2015年7月19日 (日) 17時47分

すぎもと様こんばんは。
 
アルファードにヴェルファイア。
先代はまだアレでしたが、
現行型は(外観が)あからさますぎて胸焼けがします。
 
個人的な趣味嗜好はさて置き、それでもバカ売れしている事実を踏まえると、
トヨタのヤンキー市場を狙った戦略は大成功と言え、
あながち(雑誌の言い分は)間違いとは言えないのかも知れませんね…
 
いや、しかし…

投稿: とあるイラストレーター | 2015年7月20日 (月) 01時04分

最近のTOYOTAのデザインはどうなってしまったのでしょう。
従来、トヨタ車は日産などと比べても、尖ったところは極力排除し、万人に受け入れられることを至上命題にしているようでした。
昔のクラウンとグロリア・セドリックを比べた時、クロームの使用量などもハッキリと、特にグロリアが多かったような印象がありますし、日産系の、どこか突っ張った角形のデザインに対して、優しく、どちらかというと女性的な丸みのあるデザインがトヨタ車だった気がします。
もしかしたら、そういうものにものたらなさを感じていて何か突破口が欲しかったのかもしれませんが、bbのヤンキーデザインが受けた頃から、はっきりとそういう方向に舵を切ったように思われます。
アルファードについては、先代が出た時からあのビカビカのグリルが下品でウンザリしていたのですが、今回のものに至っては嫌悪を通り越して怒りすら覚えます。
あのゴテゴテにクロームをはった巨大なグリルが対向から来ると、本当に気分が悪くなり、吐き気がしてきますし、しかも、それが結構売れているというからいよいよ救いようのない気分になります。
日本車の全体の傾向を見ても、特に軽自動車などは、はっきりとヤンキー志向が現れていましたが、少なくとも、いわゆる高級車のジャンルにはもう少し落ち着いた大人のデザインが欲しいと思うのは、頭の固い年寄りのせいでしょうか。
ピンククラウンとか、若草色、空色とか、ブレークスルーというよりも、兎に角派手で変わったことをすることが目的になってしまっているような気がします。
メルセデスとか、BMWとかの、奇をてらわず揺るぎの無いデザインと比べると、日本最大のメーカーとしてあまりにも格調も品格も無いと嘆かずにいられないこの頃、行き着くところまでいった後、その反動の来るのがいつなのか、我が精神の安定のために、それのみを待ち望む日々であります。

投稿: ぐーたらジジ | 2015年7月21日 (火) 22時53分

先日わが町を自転車で走っていると角に、BMW 2002 (テールランプが角型なので多分1974?製)がとめてありそのそばをBMW i 3がゆっくりと通りました。 新旧の見事な対比でどちらも美しいと思い一瞬見とれてしまいました。そのそばのパーキングにトヨタ新型アルファードが駐車してあり、違った意味で見つめてしまい、なんか悲しくなってしまいました。2002の今見ても美しいたたずまいと、i 3のモダーンな塊感、それに引き替えアルファードのけばけばしさはなんなのか?と私も思います。トヨタさんには(期待はしていませんが)今売れればいいだけのデザインでなく(私は絶対買いませんが)、少なくとも何年か何十年も生き残るデザインをお願いしたいと思います。

投稿: pottsy | 2015年7月22日 (水) 12時58分

アクシオムさん

仰るとおり、NAVIとは別物ですね。アルファードは一部輸出しているようですが、中国などアジア圏の他、中東、あるいは北米なんかでも値付けや顔の修正で結構行けるかもしれないとは思います。欧州は厳しいかな??

ネコさん

日本はヤンキーとカワイイで出来ているそうですが、じゃあクルマのデザインをその手のものに・・・という短絡さ加減には言及してほしいですね。安楽さはいいとしても。日本独自のものを語るときに「ヤンキー」という流れの安易さを。

とあるイラストレーターさん

売れているんですよねえ。まあ、トヨタとしては特段アルファードだけが売れているわけじゃないですけど。売れているのはヤンキーだから、というより単に美的センスの問題かと思っています。

ぐーたらジジさん

仰るとおり、80~90年代のトヨタは、デザインフィロソフィ云々などと言わずとも、万人に好まれる非常にシンプルな造形でした。それが変化したのはやれマーケティングなどと言って車種の細分化を始めた頃でしょうか? 新しいデザイン部長の本領はいつ見ることができるのでしょうか?

pottsyさん

いま売れれば・・・というのは昔からなのかもしれませんけど、「何でもあり」の現代においてはそれが劣化しているのかもしれないですね。しかし、もうひとつ上の次元を目指して欲しいというのが本音です。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年7月22日 (水) 20時32分

新しいデザイン部長の本領はいつ見ることができるのでしょうか?
って仰りますが
ワオを感じない。ワオだよ、ワオ!
と上から発破をかける お方がいらっしゃる訳で…

もはやマイルドヤンキー改めマイルドジャンキーと呼びたいです

投稿: muku | 2015年8月 4日 (火) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/60799529

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:懐かしさ最優先?:

« 新車心象風景:スズキ・ラパン | トップページ | Drive My Car:リアシートの張替え »