« クルマ散策:新型コペン発表会に行く | トップページ | 雑誌ナナメ読み:懐かしさ最優先? »

新車心象風景:スズキ・ラパン

Photo 個人的には憎からずの部分があるクルマなんだけど、どうしてもストンとは腑に落ちない。

 以前にも書いたことがあるけれど、そもそも僕は「女性向けのクルマ」なんていう発想には反対だ。軽が国内市場の主役になり、バリエーションを増やす中で、勢いそういうことを考えるのは分からなくもないけれど、しかしそれはやっぱり安直なんだと改めて言いたい。

 もちろん、女性の意向なんてどうでもいいってことじゃない。男だ女だという考え方の志それ自体が低いんである。しかも”若い女性”なんて限定はなおさらのことなんである。

 コンパクトカーとして、たとえばミニやフィアット500は「可愛い」クルマだけど、それはもともとそういう方向のクルマなのであって、べつにニッポン発の「カワイイ」を狙ったわけじゃない。けれども、結果的に女性が乗っていればとても似合うクルマではあると。

 いや、日本車だって2、3代目のマーチや初代ヴィッツなんかはそういうクルマになっていた。要はデザインのクオリティを含めた完成度が高ければ女性のアンテナにしっかり届くし、同時に男性にも受け入れられる。「カワイイ」はニッポンの文化などと、”女子”をそのまま持ち込む発想は、だから目指すゴールもその程度に低い。

 しかしもっと深刻なのは、それを女性自身が開発していることだろう。お気に入りのカフェや雑貨のモチーフを「私たちにしか分からない」と直に投入するのは、何だ女性は結局その程度の発想しかできないのかと思わせるんである。え、それでいいんですか?と。

 仮に女性のためのクルマがアリとして、たとえば平均的に体格の小さい女性に有利なテレスコピックがつかないとか、周囲の状況把握をより容易にするべくバックミラーやドアミラーの形状・大きさにこれといった工夫がないのはどうしたことだろう。

 高い通信機能は「スマホっぽいお洒落なナビ」にするだけじゃなく、女性を狙った犯罪に対する防犯・通報機能を設けたって決して損はしないんじゃないか。

 さらに、テーブルトレーやアルミホイールは上級で、下は簡素な装備という昔ながらの古くさいグレード展開、あるいはオンナにはターボは要らないと言う固定概念に女性チームは異論がなかったのだろうか? いや、そもそも軽枠いっぱいのボディ自体に疑義はなかったのか。

 今度のラパンは、先代までのイメージを引き継ぎながらも破綻なく新しいエクステリアを提案していると思う。インテリアも、すでに女性評論家諸氏が書いているように、女子向けであってもベタベタな表現にはなっていないのは好感が持てる。モノトーンの内外装が主流の中、ボディやインテリアカラーに幅広い選択を展開することには僕も賛成したい。

 個人的に憎からず、というのはそういう部分を持つからだけど、しかし最終的なまとめを「女子」に集約しているのは実に残念なところだ。面白い要素が出せるのは確かなんだから、志をもう一歩上に設定してはどうかと思うんである。

|

« クルマ散策:新型コペン発表会に行く | トップページ | 雑誌ナナメ読み:懐かしさ最優先? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

女性がデザインに加わったんだから逆に性別に関係ない「普遍性」をもった車になるんじゃないかなぁと思ってました。
いまどきは女性のほうが男性よりよっぽど「いいもの」に触れる機会多いから「多機能ゆえの貧乏くささ」を理解したうえでデザインしてるんだろうけど。初代パンダやトゥインゴのインテリアは簡素でコストかかってないものだけれど「乗ってる人の知性や美しさ」を強調するシンプルさがありますね。日本車メーカーはこれをやりたくてもできない。つまりユーザーを信頼していないってことなんだろうなぁ。
若い女性って「大人びた」ものに対する憧れがあるからラパンのインテリアってマッチしないんじゃないかなぁ。同僚のお母さん(60代後半)が先代ラパンに乗ってるんですが似合ってるんですよね。元気も知性もある若い女性はラパンじゃなくて「素」のアルトに乗ったほうがいいですね。

投稿: ネコ | 2015年6月29日 (月) 22時17分

3年前、娘の大学卒業時にラパンの10周年限定車を購入しました。親としてはVW-UPあたりを考えていたのですが…。娘の「ラパンかわいい」の一言で押し切られ、近所を走るのと近距離の通勤用ならいいか?と妥協しました。内外装の質感に走りの質が追い付いてないように思います。多くの女性が「かわいい」を基準に車を選んでいるのではないでしょうか?新型はかわいいだけでなく走りの質も向上しているといいのですが…。

投稿: pottsy | 2015年7月 2日 (木) 11時05分

確かにいまの女性ってのも、ラパンのようにかわいい系だけでくくれるもんじゃないですから、いずれ女性のデザイナーなり、開発者が製作した車の中から、男性顔負けのクールなクルマが出てくるかも知れませんね。
表面的なスタイリングとして表わされる女性視点の車から、女性視点による使い勝手や性能を考えたデザイン(設計という意味で…)の車が出てこないと本物の女性ターゲットの車じゃないですよね。そういう意味ですぎもとさんの仰る「平均的に体格の小さい女性に有利なテレスコピックがつかないとか、周囲の状況把握をより容易にするべくバックミラーやドアミラーの形状・大きさにこれといった工夫」は大事ですね。
中小企業の親父会社からチームスズキへ転換するスズキのようなので、その点は期待すべきところですね。

投稿: アクシオム | 2015年7月 2日 (木) 19時58分

こんばんは。女性の望む形って本当にラパンみたいな形なんですかね? 丸目ヘッドライトのはいいとして、リヤのランプまでデカい丸いランプはちょっと… レトロっぽいフォルムもいいんですが、アルトを丸目にして内装のシートデザインや配色などチョイ変えるだけでいいと思います。 外装に開発費かけるぐらいなら軽自動車は荷室狭いからリヤシートスライド・リクライニングやサイドエアバックに二眼カメラ式の新しい衝突予防装置など追加して 、アルトの少し上級版ラパンで十分な気がします。
軽自動車も高いお値段だし、規格を見直すべきです。 海外に輸出しても通用する規格になり、もし海外でも売れたらコスト削減になるだろうし。 日本で生産が基本て事で軽自動車規格見直してほしいかな… しかしスズキはサイドエアバック設定しない車多いよーな? 日本人には必要ないとゆうポリシーなんですかね?

投稿: さね | 2015年7月 2日 (木) 22時23分

すぎもと様こんにちは。
 
ここではあまり評価がよろしくないようですね…
私個人的には小綺麗で品がよいデザインで、嫌いではないです。
 
ただ、アルト程のインパクトがないのも事実…
やはり同じスズキの軽なら、アルトの方が惹かれますね。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年7月 3日 (金) 13時26分

ネコさん

そうなんですよ。ある意味オトコより豊かな感性を持った女性ならもっと高い意識で「いいもの」を作ると期待したいんですけどね。何だか想定内の女子感覚にガッカリです。

pottsyさん

その「かわいい」の中身が問題なのかと・・・。百貨店の雑貨ショップと同じ感覚というのは残念ですね。走りも含めて。

アクシオムさん

アルトの発想転換があれば・・・と期待したいのですが、何でもアリなのがスズキの魅力という話もありますしね。小型車は一定のポリシーを感じますが、国内専用の軽はオモチャ箱でいいと見切っているんでしょうね。

さねさん

規格に関してはいろいろ話はあってもなかなか変わらないですね。ハッキリ言ってメーカーの姿勢如何なんですけど。

とあるイラストレーターさん

僕も嫌いではないですよ。いろいろな可能性は持っていますしね。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年7月 5日 (日) 13時06分

はじめまして。
私は40代男ですが、今回のラパンを気に入り購入しました。
賛否色々あるのは当然として、今の軽はマイルドヤンキーがターゲットのメッキ盛り盛りな感じか、子育てママ向けのデザインが多い中で、今回のラパンは見た瞬間に惚れました。
最近のスズキはハスラー、アルトと、とても個性的な良い車を出してるなと感じます。
メーカーは女子をメインターゲットにしているみたいですが、男だからメッキギラギラにして内装は黒!みたいな物をを好まないラパンみたいな車が好きな男も一定数いると思います。

投稿: アゴメイト | 2015年8月 6日 (木) 19時47分

アゴメイトさん

本文にもありますが、僕も結構好きですよ。3代の中では一番いいかも。色の使い方にも共感します。ミラココアなんかより全然いい。ただ、これが女性発想の集大成ということには?ということですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年8月 7日 (金) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/60549642

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・ラパン:

« クルマ散策:新型コペン発表会に行く | トップページ | 雑誌ナナメ読み:懐かしさ最優先? »