« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

新車心象風景:スズキ・ラパン

Photo 個人的には憎からずの部分があるクルマなんだけど、どうしてもストンとは腑に落ちない。

 以前にも書いたことがあるけれど、そもそも僕は「女性向けのクルマ」なんていう発想には反対だ。軽が国内市場の主役になり、バリエーションを増やす中で、勢いそういうことを考えるのは分からなくもないけれど、しかしそれはやっぱり安直なんだと改めて言いたい。

 もちろん、女性の意向なんてどうでもいいってことじゃない。男だ女だという考え方の志それ自体が低いんである。しかも”若い女性”なんて限定はなおさらのことなんである。

 コンパクトカーとして、たとえばミニやフィアット500は「可愛い」クルマだけど、それはもともとそういう方向のクルマなのであって、べつにニッポン発の「カワイイ」を狙ったわけじゃない。けれども、結果的に女性が乗っていればとても似合うクルマではあると。

 いや、日本車だって2、3代目のマーチや初代ヴィッツなんかはそういうクルマになっていた。要はデザインのクオリティを含めた完成度が高ければ女性のアンテナにしっかり届くし、同時に男性にも受け入れられる。「カワイイ」はニッポンの文化などと、”女子”をそのまま持ち込む発想は、だから目指すゴールもその程度に低い。

 しかしもっと深刻なのは、それを女性自身が開発していることだろう。お気に入りのカフェや雑貨のモチーフを「私たちにしか分からない」と直に投入するのは、何だ女性は結局その程度の発想しかできないのかと思わせるんである。え、それでいいんですか?と。

 仮に女性のためのクルマがアリとして、たとえば平均的に体格の小さい女性に有利なテレスコピックがつかないとか、周囲の状況把握をより容易にするべくバックミラーやドアミラーの形状・大きさにこれといった工夫がないのはどうしたことだろう。

 高い通信機能は「スマホっぽいお洒落なナビ」にするだけじゃなく、女性を狙った犯罪に対する防犯・通報機能を設けたって決して損はしないんじゃないか。

 さらに、テーブルトレーやアルミホイールは上級で、下は簡素な装備という昔ながらの古くさいグレード展開、あるいはオンナにはターボは要らないと言う固定概念に女性チームは異論がなかったのだろうか? いや、そもそも軽枠いっぱいのボディ自体に疑義はなかったのか。

 今度のラパンは、先代までのイメージを引き継ぎながらも破綻なく新しいエクステリアを提案していると思う。インテリアも、すでに女性評論家諸氏が書いているように、女子向けであってもベタベタな表現にはなっていないのは好感が持てる。モノトーンの内外装が主流の中、ボディやインテリアカラーに幅広い選択を展開することには僕も賛成したい。

 個人的に憎からず、というのはそういう部分を持つからだけど、しかし最終的なまとめを「女子」に集約しているのは実に残念なところだ。面白い要素が出せるのは確かなんだから、志をもう一歩上に設定してはどうかと思うんである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

クルマ散策:新型コペン発表会に行く

Photo 今日は有休をとって、新型コペンの発表会に行って来ました。

 3車種目になる「セロ」は、初代のファンをひき付ける正統派路線ということか、エクスプレイとは違ってごくオーソドックスな発表会でしたね。

 すでにオートサロンでも飾られていましたし、結構な露出度となっていたセロですが、新色をまとった量産型はそれなりに新鮮ではありました。

 もちろん、ローブをベースにしたことによるデザインについては賛否があるでしょうね。しかし、面倒くさい幌じゃなく、電動トップを備えたセロは、絶賛のS660と販売数を争うことになるかもしれません。

 新しいコペンは、「ラブ・ローカル」の展開も新機軸です。鎌倉の拠点のリニューアルや、あるいは全国の販売店などで開催されるファンイベントが軌道に乗るのか否か。

 本来であればこの活動が本格的に盛り上がり、コペンに止まらずダイハツのイメージアップにつながることが期待されていて当然なワケですが、進行中の壮大な実験の結果はまだまだ先にならないと語れないでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイン記事が載りました

Photo このところ連続して書いています『ホリデー・オート』誌ですが、本日発売号でも記事が掲載されました。

 記事はモノクロページでのホンダ・シャトルのデザインについてです。「文」が編集部、「聞き手」が自分となっていて、つまり最終的なまとめは編集部によるものですが、デザイナーへの取材は自分が行っています。

 今回、フィットの名前がとれたシャトルですが、ベースはセダンのグレイスではなくやっぱりフィット。じゃあ、フィットとはどこが違うの?といった点を取材しました。

 ホンダは昨年から「エキサイティングHデザイン」を打ち出していますが、これは何か不動の造形テーマがあるのかというと、そうでもないようですね。それよりも「ソリッド・ウィングフェイス」といったパート毎の共通性が打ち出されているように見えます。

 ホンダが全車似たようなイメージに揃えるのはずっと以前からですが、個人的には最近の顔付は少々個性が足りないかな?と感じています。シャープではありますけど、何かこう味がないというか、引っかかりがないというか。

 ブレのない意志があれば、たとえばステップワゴンの標準車のようにある種の質感を出すことはできるわけですから、今後もそのあたりを念頭に見て行きたいですね。

 それでは、お時間がありましたら書店にてお求めください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Drive My Car:久々のロングツーリング

150603_102422 サラリーマンの仕事絡みで富山・金沢まで行ってきました。

 北陸と言えば4月に話題の新幹線が開通したばかりですが、向こうで結構な移動があるため、じゃあということでジェミニを連れ出そうと。

 実に久々のロングツーリングということで、前日にはオイル交換にタイヤローテーション、さらには3年間使ったバッテリーも交換しました。ま、すっかりエアコンの季節ですし、出張先で止まってはシャレになりませんので。

 行きは中央道・長野道から北陸道へ。富山ICまでは約530キロですが、なぜかあまり疲れもなく、途中休憩は1回だけでOK。いや、まだまだ若い?

 仕事を済ませた後は毎度お楽しみのコーヒー散策。富山駅からクルマで5分ほどの「koffe」は、東京から地元へ戻ったオーナーが開いた繊細でお洒落なカフェ。夏のオススメは地元立山の清水を使ったアイスコーヒーなど、こだわりのお店です。

 写真にある金沢の「チャペック」は、もともと近江町市場横にあって偶然入った店。ごくごくフツーの喫茶店ですが、とにかくコーヒーが美味しく、その後郊外に移転してからも、かれこれ15年以上豆の取り寄せをしています。今回は数年ぶりの訪問でした。

 帰りは東海北陸道から東海環状、中央道を使って東京へ。こちらも距離は約530キロですが、仕事の後でそこそこ疲れていることもあり、さすがに何度かの休憩を入れての帰京でした。

 現地での移動も入れ、今回のツーリングは合計約1200キロ。エアコンを使っていながら、高速での燃費はリッター16キロとなかなかでした。エンジンオイルや冷却水の減りもなく、30万キロを越えたジェミニはまだまだ元気です。

 さて、次のロングツーリングは夏休みあたりでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »