« 雑誌記事:記事が掲載されました | トップページ | クルマ散策:ロードスター発表会に行く »

雑誌ナナメ読み:やっぱり淡々とがイチバン

S660 やっぱりそうだよねえ、という感じだ。

 いま売りの『ベストカー』誌での、水野和敏氏によるスポーツタイプ軽自動車2車の評論。ホンダのS660がズバっとやられている。

 たとえばエンジン。かつてのホンダだったら、ボディは軽規格であっても、パフォーマンスは軽にとらわれず、100馬力は欲しいので800ccにしました、くらいのことはやっただろうとまず指摘する。

 そもそも、スポーツカーという趣味の乗り物は「無駄」そのものであって、そこに意義や美学がある。けれども、2シーターでミドシップ、荷物もおけないというスポーツカーを作っておいて、なぜ税金だの燃費だの、あるいは保険料なんかを意識するのかと。

 ルーフも、たとえば雨が降り出してきたときなど、実際のユーザーの使い勝手を考えれば、手や服が汚れてしまうような脱着構造にするのはあり得ない。ユーザーにそういうことを強いるようなことはあってはならない、とか。

 そして、えらく高いサイドシルで、体をよじらなければ座れないなんて構造もまた設計者側の押しつけであるなんて話も出てくる。

 S660についてはここでも「モヤモヤ感」を書いたけれど、まあ普通に考えればそう思うよなあと。このクルマはビート後継ではなく本格的なスポーツカーを目指したんだ、と主張すればするほど、じゃあ何で非力な軽なの?となるでしょう。

 いや、ベストカーもよくこんな記事を載せたなあ、なんて思うんだけど、まあ足周りは評価していたり、もう1台のアルトRSが絶賛なので、プラスマイナスゼロってことかな、なんて思ったりする。

 この前書いたピーターライオン氏のページじゃないけれど、相応のクルマ好き、専門家であれば、1台のクルマに感じることにそう大きな違いはないだろう。それを特段強調することも抑えることもなく、淡々と語る評論は実に清々しいもんである。

 これは絶賛のアルトも同じで、なぜ評価できるのかも、妙に舞い上がることなく整然と語っている。たとえばストラットタワーバーも、単に付いていればいいということじゃないとかね。

 もちろん、これはS660が個人的に好きか嫌いかというのとは別の次元の話だ。弾丸のようなスタイルをして、フェラーリやランボルギーニの凝縮版と盛り上がるのは勝手で、長いウエイティングリストはその結果だろうし。

 まだまだ、そこを混同した話がプロの評論家の口からも出てしまうところが問題、ということなんである。

|

« 雑誌記事:記事が掲載されました | トップページ | クルマ散策:ロードスター発表会に行く »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

S660はスポーツ軽カーとしての存在もさる事ながら、色々とゴタゴタの多い社内に置いて26歳の若手LPLの抜擢もあってか、異例の注目を浴びていますね。
確かにみんな質の高そうなハンドリングとか、流麗なオープンスポーツルックにころっと騙されちゃっている面を感じずにはいられませんね。
660ccエンジンや実用性のないルーフトップやラゲッジのことを考えると、新型ロードスターに手を伸ばしたくなりますね。やっぱりS660はキャパシティがなく、いっぱいいっぱいで作っている面は否めません。それでもそのいっぱいいっぱいの面を覆すほど、S660のキャラクターやスタイルはいいのかも知れません。
水野さんのご意見ごもっともですが、そうなるとR35GT-Rがわざわざ4シーターにして自営業者が経費で落とせるようしたなんかいう話はどうなんでしょうね?
確かに自営業者の懐を考えてはいるけど、1000万円もするスーパーカーにしてはセコイなぁ~と思いますが…

投稿: アクシオム | 2015年5月13日 (水) 21時27分

「ビート」にあって「S660」にないものって「気楽にいこうぜ!」という姿勢。
技術者が懸命に作っているのはどっちも同じなんでしょうけど、ビートにはどこか「たかが車じゃないか、大事なものはもっと他にあるんだぜ」という「もう一段高い思想」が隠れている気がするんですよね。だからビートはターボも絶対つけなかったし、カプチーノと張り合うこともしなかった。そういう思想が隠れていたから「軽規格」であっても納得できた。。もし軽規格にこだわるのであればビートのコンセプトを純粋に受け継いだ車ならよかったかもしれないなぁ。

投稿: ネコ | 2015年5月13日 (水) 23時35分

スズキって何気に凄いんですね。軽自動車の衝突予防装置も二眼カメラのまずまず結構高性能なのを積むらしいとか。 凄いなスズキ S660買える人は個人的に不便なところは気にしないと思いますが、どーなんですかね? これだけは買って毎日使わないとわからないか。 スポーツカーでも、できるなら便利な方がいいし、ある程度のパワーはほしいと思います自分は。

投稿: さね | 2015年5月14日 (木) 13時25分

この水野さんって人は天邪鬼なんでしょうねえ、他人がYESと言ってるところでNOと大きな声で言いたがる人のように思えるんですね。
この記事は私も読みましたが、批判のための批判に感じる部分があるように思いました。
私はこのS660の良さ、人気は敢えて軽企画の中に無理やり押し込んだことにあると思います。
税金が安く済むというメリットではなく、こんなにも小さくて精密なものを作る職人技への共感とでもいいましょうか?
例えばスイスの機械式腕時計の魅力は小さなケースに恐ろしく複雑なメカを時計職人の超絶な技術で詰め込んであるところにあると思います。
軽規格でミッドシップのオープンスポーツを実現したS660の魅力はそれに近いものがあるのではないかと感じています。
ですから1Lエンジンを載せたり、ワイドボディにするとその凝縮感が薄れてしまうのではないかと・

投稿: ポプラ並木 | 2015年5月14日 (木) 21時45分

うーん…僕はこれ、軽だから税制という壁があって、そこを突っ込んでるというのは分からなくもないですけど、
単に間口の広いエントリースポーツを出すうえで、日本ならそれは軽自動車になるだろうと思うと、
S660が軽で出たのは間違ってないと思うんですけどねぇ。
AT限定免許の人でも乗れるCVT車もありますし、もちろんそこはS07Aエンジンの流用という所からもあるんでしょうけど、
6MTを専用開発したんなら別に6MTだけでもよかったわけですよね?
そこをあえてCVTも用意したのは、MTだけじゃ売りにくいって理由もあるでしょうけど、エントリースポーツとして必要だったからってのもあると思うんです。
ただ、エントリースポーツとして出したからには、当然その上も必要になります。
NSXを頂点に置いてシビックRを限定で輸入するのはまぁ別に考えるとして、S1000なりS1500なり出さなければいけません。
それが大前提です。
そうでなければ水野氏の言うように、S660を軽として出したのは全く意味のない事だと思います。

投稿: はなまる | 2015年5月15日 (金) 00時19分

一つ書き忘れがありました。
デチャッタブルソフトトップの件ですが、若干の構造違いはあるものの、手法としてはロータス・エリーゼと同じものです。
水野さん的にはエリーゼも批判対象に当たるのでしょうかね?

投稿: はなまる | 2015年5月15日 (金) 08時08分

アクシオムさん

異例の注目・・・ですね。26歳とか、話題としてわかりやすいですからね。もちろん、スタイリッシュなのは間違いないですし。

ネコさん

そうなんですよ。ビートと違うというのならなぜ軽?という単純な疑問です。本格的だけど遅くて(非力で)いいっていうのも・・・。

さねさん

スズキは面白いというか、一貫性のなさが危ういというか・・・。

ポプラ並木さん

水野さんも書いているとおりボディは軽規格でいいと思います。まさに精緻な感じで。じゃあ、税金にこだわらない人がここに800ccのエンジンが載ったら買わなのか・・・? という話ですね。

はなまるさん

なるほど、そういう考えもありますね。個人的にはCR-Zの難しさなどを見ると、ボディはこのままに排気量を上げるのが望ましいとは思いますが・・・。エリーゼは購入層をどうとらえるかでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2015年5月16日 (土) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59985435

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:やっぱり淡々とがイチバン:

« 雑誌記事:記事が掲載されました | トップページ | クルマ散策:ロードスター発表会に行く »