« クルマ散策:ロードスター発表会に行く | トップページ | Drive My Car:久々のロングツーリング »

クルマ散策:トヨタとマツダの提携話って?

Cx3_2 トヨタとマツダの技術提携強化には緒論あるみたいだけど、とりあえず日本のユーザー、ファンにとってどうなのかが肝要かと。

 その点、すでに先行していた提携内容は悪くなかったと思う。トヨタからのHVシステム供与は、重要部分とはいえ動力源の一部であって、たとえばエンジンそのものじゃなかったのは印象として許容範囲だと思わせる。

 また、デミオセダンのサイオンブランド投入は、あくまでも北米市場での事情であって、まあ海の向こうの話として結構なフィルターがかかった感じだ。いずれも両社のファンが、こめかみの血管を膨らませるようなことはなかったんじゃないか。

 これは、インフィニティのバッチをつけた日産のスカイラインが、メルセデスのエンジンとミッションを積んで出てきたときの空虚な感じと大きく違うところだろう。要は、それぞれの市場内で「やっていいこと、悪いこと」の見極めとして。

 たとえば、トヨタがスカイアクティブ・ディーゼルを欧州市場の小型車で展開するのであれば、すでに投入済みのBMWエンジンの延長として、納得できるかはともかく比較的受け入れやすいとか。

 けれども、「スポーティ・ディーゼル!」なんてふれこみでヴィッツやシエンタに1.5、レクサスISやマークXに2.2リッターのディーゼルが積まれたりすると、恐らく興醒め度はグッと上昇するんじゃないか? もちろん、トヨタの販売力でしっかり売れるだろうから、さらになんだかなあ、と。

 それは、マツダがカルフォルニアを筆頭に規制対策としてトヨタ製のPHVを投入したり、あるいは将来を見据えてFCVに取り組むことが、トヨタファンにもマツダファンにも「微風」に過ぎないだろうことと随分違った話だろう。

 もちろん、クルマの商品価値はエンジンだけでは決まるわけじゃない。デミオとヴィッツに同じエンジンが載れば、かえって商品性全体の差が浮き彫りに・・・なんてことも考えられる。もしかしたら、マツダはそのあたりに勝算というか自信を持っているのかもしれないし。

 一方、トヨタにはグループでディーゼルエンジンの製造ノウハウがあるので、この提携にはもっと別の理由があるんじゃないか、なんて推測もある。なんて言うか、広い意味での「種まき」みたいな。

 経済評論家はこの提携話によってマツダがトヨタに「飲み込まれる」可能性があると予想する。仮にトヨタが上出来のスカイアクティブ技術を他社に渡したくないと判断した時点で、資本提携に踏み切るのではないかと。

 ただ、「飲み込む」っていうのは一体どういうことなのか、それもまた不明だ。言葉のイメージはマツダの自由がなくなる感じだけど、スバルの例を見れば必ずしもそういうことは言えないだろうし。

 どうやらBMWとはスポーツカーの協業が開発段階にあるようだし、やっぱりここは次期RX-7が共同開発になってマツダでも86・BRZを再現とか、雑誌に出ているように新コンパクトFRスポーツにスカイアクティブ? なんていうのなら、いかにもモリゾウ氏が考えそうなことだ。

 ある意味、少なくとも日本市場ではそんな程度で終わるのがいいんじゃないかと思うんである。

|

« クルマ散策:ロードスター発表会に行く | トップページ | Drive My Car:久々のロングツーリング »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
アクセラにHVが出た時点で、この流れに行き着くのは目に見えていましたが。
私個人的には、マツダがマツダらしさを失わなければ、
とは思うのですが…正直あまり嬉しいニュースではありません。
 
マツダがトヨタのようにセグメント被りまくりに多種多様な車種を展開し始め、個性を失い、
『昔のマツダは良かった』、なんて事態だけは勘弁願いたいです。
 
※スバルの例を見ると、その辺変に干渉して来る事はなさそうですが…

投稿: とあるイラストレーター | 2015年6月 1日 (月) 00時10分

トヨタが妙に提携し出しているのが気になりますね。
マツダが他社と提携するのは、その規模や次世代のエネルギー対応(EVやFCV)の面からするとやらざるを得ないとは思いますが、トヨタってその規模と従来のグループ内での自力調達の面からすると、果たしてそこまで手を広げてどこへ行くのかな?となりますね。
そろそろBMWとの提携の成果は見せて欲しいですね。ディーゼルのBMWからの調達、案外高くつくからマツダに切り替えたのかも知れませんね。そうなるとあとは、スポーツカーとFCVなんでしょうが、正直独自路線の色を出せるスポーツカーの分野でやるのはどうなんでしょうね。前例はスバルとの86/BRZでやっているから行けると踏んだのか?それにしてもやっている気配がまったく見えないのもどうなんでしょう。
まだ日産・ルノー・メルセデスのアライアンスの方が、お互いないものねだりな分、ビジネスとして本格さを感じますが・・・

投稿: アクシオム | 2015年6月 4日 (木) 20時31分

この提携は色んな人から疑問符をもたれてますよね。
マツダは燃料電池には否定的だしハイブリッドも好きじゃない(そのためのスカイアクティブ)。
今後ヨーロッパでの売り上げ増に備えてマツダがトヨタのフランスやイギリスの工場のラインを使わせてもらう位でしょうか?
提携話では後手を踏むトヨタの焦りも感じられます。
BMWと業務提携を結ぶトヨタですが、数年前の円高の時にBMWくらいなら買収出来たはずです、今では手遅れですが。

投稿: かなる | 2015年6月 5日 (金) 21時00分

こんばんは。この提携でどーなるとか難しいことは分からないですが、もしトヨタ車にも名称は違うだろうけどスカイアクティブドライブATが搭載されるとした嬉しいです。

投稿: さね | 2015年6月 6日 (土) 22時02分

とあるイラストレーターさん

そうですね。しかし、さすがに5チャンネルの失敗は記憶に新しいですから、いくら提携でもっそれはないと思いたいですね。

アクシオムさん

BMWとのスポーツカー計画は動き出したそうですが、両社がメリットを打ち出す具体的なモデルの想像がなかなかつかないですね。それ故に注目ではあります。

かなるさん

トヨタは巨大企業として相当な先を見越した計画を持っているのか、もしかして社長の「思いつき」なのか? とくにBMWではそのあたりの回答を見てみたいですね。

さねさん

なるほど、ミッションの話もありますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年6月25日 (木) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/60204053

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:トヨタとマツダの提携話って?:

« クルマ散策:ロードスター発表会に行く | トップページ | Drive My Car:久々のロングツーリング »