« クルマ散策:ステップワゴン発表会に行く | トップページ | 雑誌ナナメ読み:やっぱり淡々とがイチバン »

雑誌記事:記事が掲載されました

Ha  雑誌に記事が掲載されました。

 先月に引き続き、『ホリデーオート』での新車デザイン記事です。

 今回の対象は新しいステップワゴン。クラストップのセレナにトヨタがHVで攻勢をかけて成功しているところ、劣勢だったステップワゴンがどう対抗するのか?

 新しいリアゲートや小排気量ターボという回答はライバルにないもので、そういう明確な差別化は悪くないですね。もちろん、ホンダが今後展開するというこのダウンサイジングターボが、自慢のHVとどう共存、あるいは区別されるのかはまだ見えませんけれど。

 意外だったのがデザイン。まさかセレナ以上にプレーンな方向でまとめて来るとは思わなかった。担当デザイナー氏はまだまだ若い方だけれど、目指すところが明快で、こういう方の話はインタビューをしていてとても楽しいです。

 メッキの積み木みたいなトヨタ・ヴォクシーが評判なこのカテゴリーで、あえて標準車を推すところも面白いですね。

 それでは、お時間がありましたら書店にてお求めください。

|

« クルマ散策:ステップワゴン発表会に行く | トップページ | 雑誌ナナメ読み:やっぱり淡々とがイチバン »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ステップワゴンのワクワクゲートは面白いです。アメ車のフルサイズのバンとか映画でよく出てきますから、それほど目新しい!までいきませんが日本車だと新鮮です。 デザインはスッキリしていいと思います しかしトヨタ、マツダが技術業務提携したみたいですが、落ち目のホンダは危機感あるんですかね? 負の遺産が痛すぎる。 どんなにいい車だしてもこれからは、ホンダからホンダへ買い換えユーザーあまりいなくなるだろうに…

投稿: さね | 2015年5月14日 (木) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59925645

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:記事が掲載されました:

« クルマ散策:ステップワゴン発表会に行く | トップページ | 雑誌ナナメ読み:やっぱり淡々とがイチバン »