« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

クルマ散策:トヨタとマツダの提携話って?

Cx3_2 トヨタとマツダの技術提携強化には緒論あるみたいだけど、とりあえず日本のユーザー、ファンにとってどうなのかが肝要かと。

 その点、すでに先行していた提携内容は悪くなかったと思う。トヨタからのHVシステム供与は、重要部分とはいえ動力源の一部であって、たとえばエンジンそのものじゃなかったのは印象として許容範囲だと思わせる。

 また、デミオセダンのサイオンブランド投入は、あくまでも北米市場での事情であって、まあ海の向こうの話として結構なフィルターがかかった感じだ。いずれも両社のファンが、こめかみの血管を膨らませるようなことはなかったんじゃないか。

 これは、インフィニティのバッチをつけた日産のスカイラインが、メルセデスのエンジンとミッションを積んで出てきたときの空虚な感じと大きく違うところだろう。要は、それぞれの市場内で「やっていいこと、悪いこと」の見極めとして。

 たとえば、トヨタがスカイアクティブ・ディーゼルを欧州市場の小型車で展開するのであれば、すでに投入済みのBMWエンジンの延長として、納得できるかはともかく比較的受け入れやすいとか。

 けれども、「スポーティ・ディーゼル!」なんてふれこみでヴィッツやシエンタに1.5、レクサスISやマークXに2.2リッターのディーゼルが積まれたりすると、恐らく興醒め度はグッと上昇するんじゃないか? もちろん、トヨタの販売力でしっかり売れるだろうから、さらになんだかなあ、と。

 それは、マツダがカルフォルニアを筆頭に規制対策としてトヨタ製のPHVを投入したり、あるいは将来を見据えてFCVに取り組むことが、トヨタファンにもマツダファンにも「微風」に過ぎないだろうことと随分違った話だろう。

 もちろん、クルマの商品価値はエンジンだけでは決まるわけじゃない。デミオとヴィッツに同じエンジンが載れば、かえって商品性全体の差が浮き彫りに・・・なんてことも考えられる。もしかしたら、マツダはそのあたりに勝算というか自信を持っているのかもしれないし。

 一方、トヨタにはグループでディーゼルエンジンの製造ノウハウがあるので、この提携にはもっと別の理由があるんじゃないか、なんて推測もある。なんて言うか、広い意味での「種まき」みたいな。

 経済評論家はこの提携話によってマツダがトヨタに「飲み込まれる」可能性があると予想する。仮にトヨタが上出来のスカイアクティブ技術を他社に渡したくないと判断した時点で、資本提携に踏み切るのではないかと。

 ただ、「飲み込む」っていうのは一体どういうことなのか、それもまた不明だ。言葉のイメージはマツダの自由がなくなる感じだけど、スバルの例を見れば必ずしもそういうことは言えないだろうし。

 どうやらBMWとはスポーツカーの協業が開発段階にあるようだし、やっぱりここは次期RX-7が共同開発になってマツダでも86・BRZを再現とか、雑誌に出ているように新コンパクトFRスポーツにスカイアクティブ? なんていうのなら、いかにもモリゾウ氏が考えそうなことだ。

 ある意味、少なくとも日本市場ではそんな程度で終わるのがいいんじゃないかと思うんである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:ロードスター発表会に行く

Img_1565 今日、サラリーマンの仕事後にマツダ・ロードスターの発表会へ行って来ました。

 4代目ロードスターは、世界3拠点同時発表以降、イベントへの参加や、ディーラー等での展示など、すでに結構な露出をしていたところですが、本日改めてというか、満を持しての発表会ということのようです。

 やはりクルマ好き注目のクルマだけあってか、発表会も熱心に見入る方が多かったですね。個人的に2シーターやオープンに興味があるわけではないですが、一連の「SHINARI」デザインとは違うアプローチには興味がありましたので、じっくり拝見しました。

 また、新世代商品ではテーマカラーであるソウル・レッドが目立っていますが、今回設定の淡い青であるブルーレフリックマイカという色はなかなか面白かったですね。

 この発表会の後は、何と同じ会場で200人以上のマツダファンを招いたイベントを開催するそう。そのためか、会場にはCX-5以降のクルマも並べられていました。

Img_1566 マツダは普段から横浜の研究所などにファンを招いたイベントを開催していますし、オートサロンでは来場者向けの展示車両等の解説ツアーを行うなど、とにかくユーザーとの距離を縮めることに注力していますね。

 これはマツダくらいの規模の会社だからこそ可能なことなのかもしれません。マツダには「スバリスト」のような特別な呼称こそないですが、ロータリーエンジン、RX-7やロードスターなど根強いファンがいますので、きっとこういう企画も成立するのでしょう。

 さて、新型ロードスター。1.5エンジンのみの設定や走りの方向性などに色々な意見があるみたいですが、近いうちにここでもまとめてみたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌ナナメ読み:やっぱり淡々とがイチバン

S660 やっぱりそうだよねえ、という感じだ。

 いま売りの『ベストカー』誌での、水野和敏氏によるスポーツタイプ軽自動車2車の評論。ホンダのS660がズバっとやられている。

 たとえばエンジン。かつてのホンダだったら、ボディは軽規格であっても、パフォーマンスは軽にとらわれず、100馬力は欲しいので800ccにしました、くらいのことはやっただろうとまず指摘する。

 そもそも、スポーツカーという趣味の乗り物は「無駄」そのものであって、そこに意義や美学がある。けれども、2シーターでミドシップ、荷物もおけないというスポーツカーを作っておいて、なぜ税金だの燃費だの、あるいは保険料なんかを意識するのかと。

 ルーフも、たとえば雨が降り出してきたときなど、実際のユーザーの使い勝手を考えれば、手や服が汚れてしまうような脱着構造にするのはあり得ない。ユーザーにそういうことを強いるようなことはあってはならない、とか。

 そして、えらく高いサイドシルで、体をよじらなければ座れないなんて構造もまた設計者側の押しつけであるなんて話も出てくる。

 S660についてはここでも「モヤモヤ感」を書いたけれど、まあ普通に考えればそう思うよなあと。このクルマはビート後継ではなく本格的なスポーツカーを目指したんだ、と主張すればするほど、じゃあ何で非力な軽なの?となるでしょう。

 いや、ベストカーもよくこんな記事を載せたなあ、なんて思うんだけど、まあ足周りは評価していたり、もう1台のアルトRSが絶賛なので、プラスマイナスゼロってことかな、なんて思ったりする。

 この前書いたピーターライオン氏のページじゃないけれど、相応のクルマ好き、専門家であれば、1台のクルマに感じることにそう大きな違いはないだろう。それを特段強調することも抑えることもなく、淡々と語る評論は実に清々しいもんである。

 これは絶賛のアルトも同じで、なぜ評価できるのかも、妙に舞い上がることなく整然と語っている。たとえばストラットタワーバーも、単に付いていればいいということじゃないとかね。

 もちろん、これはS660が個人的に好きか嫌いかというのとは別の次元の話だ。弾丸のようなスタイルをして、フェラーリやランボルギーニの凝縮版と盛り上がるのは勝手で、長いウエイティングリストはその結果だろうし。

 まだまだ、そこを混同した話がプロの評論家の口からも出てしまうところが問題、ということなんである。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雑誌記事:記事が掲載されました

Ha  雑誌に記事が掲載されました。

 先月に引き続き、『ホリデーオート』での新車デザイン記事です。

 今回の対象は新しいステップワゴン。クラストップのセレナにトヨタがHVで攻勢をかけて成功しているところ、劣勢だったステップワゴンがどう対抗するのか?

 新しいリアゲートや小排気量ターボという回答はライバルにないもので、そういう明確な差別化は悪くないですね。もちろん、ホンダが今後展開するというこのダウンサイジングターボが、自慢のHVとどう共存、あるいは区別されるのかはまだ見えませんけれど。

 意外だったのがデザイン。まさかセレナ以上にプレーンな方向でまとめて来るとは思わなかった。担当デザイナー氏はまだまだ若い方だけれど、目指すところが明快で、こういう方の話はインタビューをしていてとても楽しいです。

 メッキの積み木みたいなトヨタ・ヴォクシーが評判なこのカテゴリーで、あえて標準車を推すところも面白いですね。

 それでは、お時間がありましたら書店にてお求めください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クルマ散策:ステップワゴン発表会に行く

Img_1541_2 もう、すでにTVCMも始まっていますが、先日ホンダ・ステップワゴンの発表会に行ってきました。

 サラリーマンライターという兼業故、発表会に行くのも年に数回程度なのであまり慣れていないのですが、大がかりな会場セッティングをするわりには、全体で1時間半くらいで終わってしまうのが何だかもったいないなあ、などといつも感じたりしています。

 まあ、考えてみれば、毎回参加される方にとってみれば、そのたびに3時間も4時間もやられては体かもたないですけどね。もちろん、同じ日にべつの発表会が重なる・・・なんてこともあるでしょうし。ただ、割と早々に人が疎らになってゆくのは若干寂しい感じです。

 それから、短い質疑応答時間では朝日・読売や日経といった大手新聞の記者の質問がほとんどで、自動車メディアからはほとんど聞いたことがないです。その辺は「勝手知ったる」でいまさら改めて聞かなくてもとか、あとで担当者に直接聞けばいいや、ということなんでしょうか?

 また、トヨタならお台場、ホンダなら青山など、自社拠点で行う場合と、ホテルのホールなどを借り、かつイメージキャラクターの有名人などが参加するような発表会との「線引き」がどういうところにあるのかも気になるところですね。

 あ、そうそう。最近は色々視聴覚の小道具が進んでいるのか、開発者のプレゼンが流暢な感じになっているのが分かります。白熱教室じゃないですけど、歩きながら身振り手振りを交えたプレゼンは、とてもいちサラリーマンには見えません。いや、サラリーマンだからこそ、そういうステップアップが仕事として図られるということなんでしょうか?

 いずれにしても、毎回新しい発見があるのが新車発表会です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »