« クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事が載りました »

新車心象風景:ホンダ・S660

660 何かこうひとつ、どうもスッキリしないんである。

 S660は、一般紙の記事を賑わすほどの注目作である一方、プロトタイプを試したジャーナリストの声は、当初から絶賛一色というわけでもないところが興味深い。

 いわば遊びの延長上に楽しい走りを見据えたビートに対し、本格的スポーツカーを目指してしまった企画はいかがなものか。逆に、あまりにビートをなぞった企画は常に新しい発想を追いかけるホンダらしくない。そして、この高価な2シーター・スポーツの販売が息切れするのは案外早いのではないか、など。

 本格スポーツ云々は、実はそれほどユーザーへの影響はないと僕は思っている。非力なエンジンを当時最先端のインジェクションで引っ張ったのも、あるいは最新のスムーズなターボエンジンで加速するのも、スポーティな運転という広い括りでわりと無理なく拾えるんじゃないかと。

 いや、「ミッドシップ・アミューズメント」というアプローチこそが外せないという諸兄は、それはビートのみに与えられた奇跡と認識し、早々に程度のいいタマを確保するしかないんである。

 ビートをなぞった件は結構面白い。ご存じのようにホンダは、たとえば若干26歳で大抜擢されたLPL自身がビートの後継を作ったつもりはなかったと言うし、S660の原型であるEVーSTARのデザイナー氏もまた、ビートを意識したものじゃないと語っている。

 まあ、でもこれはビートでしょう。ターボだろうがタルガトップだろうが、どうひっくり返って見てもビート後継という以外の表現はあり得ない。「でもしか話」はアレだけど、ビートがなかったらS660がこの姿カタチであったかというと、ちょっとね。

 いや、そうじゃなくてこれは「ホンダスポーツ」なんだという声高な主張は、若い世代の本音が盛り込まれつつも、実はこのクルマの微妙に曖昧な感じを生んでいる気がするんである。

 そして、意外と早い息切れは僕も同感だ。それはビートがいまに語り継がれる傑作であっても、実は爆発的な販売数というわけじゃなかったのと同じで、2シーターのオープンボディという、高温多湿、一家に一台の日本にはもっとも不向きな乗り物であることは変わっていないので。

 じゃあ、S660はダメなクルマなのかといえばそれも違うだろう。200万円もするんだから当然とはいえ、実によく作り込まれたミニ・スポーツだ。こんなクルマがホンダに1台あったっていいじゃないかという声があれば、それは理解できると。

 で、実は2シーターのオープンという点では、話題の新型マツダ・ロードスターも同じだ。けれども、それを承知のマツダは、世界3拠点同時発表という方法を選び、もとよりオープン市場のある欧米を含めた販売展開を計画している。

 一方でS660にはそういう展開が少なくともいまの時点では見えないんである。日本限定の軽規格に止まり、一方でコペンとは違って面倒なキャンバスのルーフを残した。どちらもこだわりなのはわかるけど、じゃあそれは一体誰のためのこだわりなんだろう?

 何やらスッキリしないのは、開発陣の熱い仕事ぶりは十分理解できつつも、その想いとプロダクトが、実はどこを向いているのかが見えにくいからなのかもしれない。

|

« クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事が載りました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
このS660、物凄い出来らしいですね。
ボディ剛性から足まわりまで、非常に完成されていると。
ロードスターすら凌ぐとの声もあります。
 
デザインもビートをうまく現代風に昇華させていると感じました(関係者はビートとの関連を否定しているようですが)
 
ホンダ渾身の1台。
個人的には、成功を願って止まない1台です。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年4月 4日 (土) 20時31分

私もしっくり来ないんですよね。
オープンの楽しさを伝えたいならタルガトップにする意味はないし、走りに振りたいんならクーペでいいんじゃないかなぁ。
実際、マツダのロードスターは運転席から気軽にオープンにできるよう肩のサポートを抑えたシート形状にしているし(ビートもそうですが)、そういった「機能重視というかユーザー目線」が不足している気がします。ロール式のキャンバスルーフの取り外しは必ず車外に出ないと不可能で「気軽にオープンを楽しむ」とは正反対の性格ですよね。ホンダの悪弊というか「他社と違う車を作るのが目的で、ユーザー像が見えない車」になっていませんかと。
車のメカニックな面というのはたしかに重要ですけど、10~20年後に評価されるのは「クルマのデザインやコンセプトそのものだけ」という場合がほとんど。簡単な方程式があるのに、とんでもない難しい方程式を開発して解いた。けれど結果は違っていたってことになってませんかと。

投稿: ネコ | 2015年4月 5日 (日) 03時44分

こんにちは。
私も全く同感です。というか、すぎもとさんのような論評を待っていました。
ホンダという会社の特徴は「木を見て森を見ず」というところにありますね。物事の深いところまで追求せずに目先だけで製品化してしまう。S660もそのヤッチマッタ案件かと。
特に問題と思うのは、この元ネタが何と「本田技術研究所50週年記念の新商品コンペ」優勝案だったということです。今のホンダは全社からアイディアを募ってもBeatの焼き直しし思いつかない。この結果って、ホンダが末期的症状であることを図らずも世間に知らしめているように思います。
S660、この車に250万円支払える人が「軽自動車だから税金が」と言うのは、趣味の悪い冗談としか思えません。また、二人乗ったら荷物も積めないのに、開放感はバイクはもちろんBeatにすら及ばない。これではどんなに頑張って商品化しても、その企画の根本が破綻しているでしょう。
破綻した商品は所詮「打ち上げ花火」で終わる。このことを何度失敗したらこの会社は学習できるのでしょうかねぇ?

投稿: W201 | 2015年4月 5日 (日) 12時02分

ホントのところ実際に乗らないときちんとした評価はできませんが、パッと見の出来はいいと思うし、そんなにすっきりしないクルマだとも思いません。
むしろライバルとされるコペンの方が、デザイン、車の成り立ち、そして商品展開すべてにおいてすっきりしないというか、ダイハツの偏向性を感じずにはいられません。
あえていうなら、軽の枠にはまってしまったところ。実は今日、ツインリンクもてぎにあるホンダコレクションに行ってきて、ホンダとトヨタのS800の52年ぶりの再会展を見てきましたが、これらご先祖様のように軽の枠をはみ出て出したほうが無理がなかった気がします。
それに皆さんが言うほど、ボクはこの車、ビートの再来とは思っていません。ビートもホンダコレクションにありましたが、ビートの方がゆるくてシティコミューター的なオープンに思えて、そんなにスポーツ、スポーツしていない。S660の方がヲタク的にスポーツ、スポーツしていて、現代的かと・・・

投稿: アクシオム | 2015年4月 5日 (日) 22時31分

こんにちは。
私は結構気に入ってますよ、S660.
軽自動車の規格でミッドシップのスポーツカーを作ろうとしたあの形しかありえないと思いますね。
そういう意味では25年前にビートを作った時点でこのコンセプトは完成されたものだったのかもしれません。
それにこの手の車は合理性を追求したら、途端につまらないものになります。
多少顔をしかめる人がいるくらいの方が良いのではないでしょうか?
あの幌もデザイン優先で後方に押し込めなくなったのか、それとも重量増を嫌ったのかわかりませんが、優先順位で下位のものはバッサリ切り捨てる潔さが感じられます。
1リッターのエンジンを積んでヨーロッパで勝負して欲しい位の出来栄えだと感じます。

投稿: ポプラ並木 | 2015年4月 5日 (日) 23時20分

評価が真っ二つで面白いですね。
僕はこのS660を、ほぼコンセプトのままでよくぞ出してくれたと思っています。
ライバルはロードスターとコペンらしいですが、ロードスターはそもそも軽じゃないし、コペンは軽のオープンカーに過ぎないのでは。
ここは単純に運転していて楽しい(らしい)、軽のMRという唯一無二の車を送り出してくれたホンダを評価したいです。なんだかスッキリされないのはもしかしたら、この車が、それぞれのホンダ像の型に嵌めようとしてはまらない歯痒さからなのではないでしょうか?

投稿: JOE | 2015年4月 6日 (月) 07時46分

こんばんは。S660かっこいいです。 物凄く凝って作ってますよねエンジン以外、軽自動車枠じゃなかったらほしいです。金がないから買えませんが(笑) かなり軽自動車にしてはお高いし、だったらワイドフェンダーにして1リッターターボでだしてほしいです。ついでに幌仕様も出してほしい、でもホンダってところが今の時点で品質に信用ならない、そこが痛いとこですけど。 コペンと競い会って盛り上がってほしいです。 軽自動車ならコペンかなあ~ 金ないですけど… だけどなんやかんやで、マツダロードスターが一番カッコイイですね。ほしい…

投稿: さね | 2015年4月 6日 (月) 21時15分

この車、コンペ優勝時のコンセプトが「ゆるスポ」だったということなんですけど、出来上がった車があまりゆるくないのが気になります。
ホンダのスポーツカーを小さくしました、という感じで「ゆるスポ」という
新しい価値はあまり感じられないんですよね。

26歳の方が作った割には旧態然としたスポーツ像の提案に落ち着いてしまっているのが少し残念です。
「S」という名前をつけてしまった以上、ゆるくは出来なかったのかなとも思いますが、ビートは「S」と名付けられなかったのがいい方向に働いていて
アクシオムさんが言っているように「シティコミューター的でゆるいスポーツ」な感じが他とは違った魅力になっていたような気がします。

50周年記念の新商品ということならば、もう少し既存のホンダの枠から外れた車を見てみたかった。この車は、よくも悪くも既存のホンダのイメージのど真ん中という印象です。

とはいえ、高品質なおもちゃみたいなデザインは実車を見て気に入ってしまいましたが。

投稿: onda | 2015年4月 7日 (火) 02時21分

久しぶりの書き込みです。
正直、私も巷で持ち上げられている程の魅力は
感じてなかったので、厳しい批評はスキっとしました。
とはいえ細かい部分で指摘なさっていたようなチグハグさは
ありつつも、コペン程迷走してないし、ずっと魅力的におもいます,

なんか肩に力入りすぎな印象は感じますが、だからといって
ガチなスポーツ走行的な楽しみしかできないのか?
街乗りコミューター的な乗り方でも爽快さが味わえるのかは
乗ってみないとわからないわけで。

しかしフロントマスクとかインテリアにワクワクしないんですよね。
顔に愛嬌を感じないし、リアに比べてサイバーチックにもなりきれてない。
インテリアもビートに比べて洒落っ気も無ければ、サイバーな演出に
欠ける印象で、そこが残念ですね。

投稿: KATSU | 2015年4月 7日 (火) 18時21分

「乗りたいならならさっさと買って乗ればいいのに、男子は理屈が多くて困るわ」
って女子に言われそうです。

投稿: 菅原 | 2015年4月 9日 (木) 20時39分

とあるイラストレーターさん

まさに渾身の1台といった感じですね。もちろん、妙な規格が絡まなければもっとよかったとは思いますが・・・。

ネコさん

社内の若い連中がいいクルマを作ろうと頑張った。それを止めるホンダではないと思いますが、よくも悪くも若さが出るということかと思います。頑張りと結果は単純にリンクするものじゃない。

W201さん

コンペをやって製品化・・・というのは悪いことじゃないですよね。しかし、ほかにどんな提案があったのかは非常に興味があるところです。なぜこの企画が優勝したのかも含めて。

アクシオムさん

コンパクトなオープンがありとしても、軽である必然性は感じないですね。ビートと関係ないというのならなおのことです。本格的スポーツというのならさらにそうで、僕はスッキリしません。

ポプラ並木さん

僕は1リッターのターボエンジンを積んで、日本で売ってほしいと思います。もちろん、軽規格版を残してもいいので・・・。

JOEさん

賛否の理由はたぶん人それぞれかと思います。ただ、否と言ってもクルマの出来そのものを否定しているわけじゃない・・・ことも多いようですね。

さねさん

僕はこのままのサイズで1リッターで行ってほしいです(笑)

ondaさん

高品質なオモチャというのはいい表現ですね。同感です。「ゆるスポ」というのは、いい意味で力が抜けてなくてはいけないですが、それっていちばん難しいのかもしれませんね。

katsuさん

EV-STARは電気自動車としての機能性を意識したデザインだったのかもしれませんが、それが好評でしたから、そのままのイメージで残ってしまったんでしょうね。ある意味ユルさとは真逆です。

菅原さん

そういう女子は面倒な男子を無視してサクッと率先して買うんじゃないでしょうか(笑)

投稿: すぎもとたかよし | 2015年4月 9日 (木) 23時27分

そもそもコンセプトがおかしいよこの車。
こんなノイズだらけのポンコツエンジンが素晴らしいって言ってる人は
ビート乗ったことない人でしょうね。

あの時代のHONDAならNシリーズの改良版ではなく
ピストン、コンロッド、インテークからエキマニ、タービンも大口径にして
専用のエンジンにしたことでしょう。 

デザインでいたずらに価格を上げただけのハリボテ。
エンジンのHONDAはもうない。 よっぽど今のMAZDAの方が
エンジン屋さんっぽい(笑)

投稿: 通りすがりの元ビート乗り | 2015年10月26日 (月) 15時17分

以前、持ってました、ビート!
良かったなあ。
インテリアのグレーの色合いが穏やかで、そこにゼブラ模様のシート、白いメーターが浮かんで、オープンが様になる車でした。
ミッドシップだからと安定方向に振ったハンドリングも結果的に成功していたと思います。
当時のホンダのともすれば落ち着きのないステアフィールより、よほど良かったです。

当時の私にとっては、世界一の理想的な車でした。
カッコよくオシャレで楽しくて、そいでもって、正義の味方なんです。フェラーリは悪の華だもんね。
でもね、ついにビートが敗れる時が来たのです。
その相手はスマートでした。
ビートは、やっぱりもうちょっと大きかったらなあと思ってしまうんです。
でも、スマートはその小ささが魅力なんです。
ビートはホンダがやった余興の奇跡的な成功例です。見事ではあるけれど、やっぱり余興なんです。

私はホンダはもう諦めてます。
断じてスポーツカーのメーカーではありません。本質を追及する気質を持っていません。小手先の技に終始する大衆車のメーカーです。
なぜ、S660?
なぜ、S1300にでもしてマツダやエリーゼに真っ向勝負しようとしない?
排気量の選択の失敗はS2000でもやりました。
目先の利益を追い、けっして本質的な問いかけをしようとはしません。

ホンダのデザインってうるさいでしょう。それでいて、車を形作る大きなラインは保守的だったりするんです。
このDNAはもう変わらないと思います。

投稿: 吉田悠路 | 2016年4月18日 (月) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59522679

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・S660:

« クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事が載りました »