« 雑誌記事:デザイン記事が載りました | トップページ | Drive My Car:ちょっとだけ入院 »

新車心象風景:マツダ・CX-3

Cx3 方向性が明確であるというのは、たぶんこういうことなんだと思う。

 デミオベースという話が事前にあったときは、たとえばVWのクロス・ポロ的なイメージが頭に浮かんだけれど、実際にはそういう話じゃなかった。大きくはないけれど、3ナンバーの伸びやかなボディはどちらかというとクロス・アクセラな感じだ。

 そんなCX-3には、コンパクトSUVとしての新しい提案がないという指摘が一部にある。なるほど、パッケージや使い勝手、あるいは機能にコレといった新機軸は見当たらない。内装はほぼデミオのままだし。ジュークやヴェゼル、あるいはフィアット500Xなどのライバルとしてはいささか寂しいという意見もわからないではない。

 けれども、ラインナップを貫く明快なデザインテーマや、丁寧な内外装、新世代プラットホームに最新ディーゼルという、いまのマツダが推進する商品テーマでコンパクトSUVがまとめられたこと自体が提案であり価値である、という考え方はできるだろうと思う。

 つまり、妙な思いつきを無理して盛り込まなくても、いまの商品作りの思想でまとめることで「いいクルマ」ができるとしたら、実は日本車では結構稀有なことであって、それこそが他社との違いだと。

 スタイルも、ずんぐりしたデミオの再来を危惧していたけれど、前後から走るキャラクタ―ラインは比較的素直に伸びて、ボディに妙な谷を作ることなくスッキリしている。もちろん、CX-5より小さいのに、より真横へ伸ばしたフロントランプの安定感もいい効果が出ているし。まあ、リアピラーのブラックパネルが安っぽいとかはあるけど・・・。

 こういうアプローチは、欧州でシェアを維持するマツダらしいと言えるのかもしれない。たとえば今年の欧州イヤー賞のパサートは、新規のプラットホームと高品質のVW最新デザインで、「iF ゴールドアワード(デザイン)賞」も同時受賞している。飛び道具的な新提案はないけれど、最新のデザイン言語を中心に全体として「新しいセダン」像を打ち出しており、真っ当にちゃんと作りましたっていうことも含めてCX-3に通じるところは結構大きいかと。

 で、CX-3に足りないものを感じるとしたら、個人的にはカラーとエンジン・バリエーションなんである。

 カラーはマツダのラインナップ全般に言えることだけど、イエローやグリーン系の配色がほぼないのがもったいない。まあ、当面の「SHINARI」系デザインには似合わないという判断なのか、あるいはそれぞれモデル後半にとってあるということなのか? 内装も黒か白だけだし。

 エンジンは、SUVとして高トルクのディーゼルにわざわざ絞ったのだから、ここで2リッターのガソリンを追加してもあんまり意味がないのは分かる。だったら、1~1.2リッターくらいのダウンサイジング・ターボで200万円くらいに抑えれば別グレードとして成立するんじゃないかと思うんだけれど、マツダが小排気量ガソリンターボに消極的なのはご存じのとおりだ。

 まあ、ここはさらに効率を高めるというスカイアクティブの次のステップを待つということなのかもしれないけど、実はそこがマツダの好調持続のポイントでもあるんじゃないかと思ったりする。苦労してガソリンエンジンの熱効率を上げても、それ自体は意外に商品力にならないのは現状で明らかになったことだし。

|

« 雑誌記事:デザイン記事が載りました | トップページ | Drive My Car:ちょっとだけ入院 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

コンパクトSUVというカテゴリーながら、どうもパッケージ的にメリットのないクルマなんですよね。
CX-5より小さいクロスオーバーだから、CX-5よりラゲッジルームや室内が狭いのはいいとしても、ベースとなったデミオに比べておきかと言われるとそんなに大きくはない。レジャーユースとして使うには中途半端だし、せめてCX-5にあるカラクリトノカバーがギリギリで使えるくらいの大きさは欲しかったですね。
あとSUVとして悪路を走破する点でいうと、最低地上高がもう少し高いとよかった気がしますね。これも立体駐車場を気にして、ギリギリ1550㎜の車高に収めてしまった弊害でしょうか?
確かにカッコはカッコいいクロスオーバーだし、サイズはコンパクトである。
でも肝心のユーティリティーが高くない点で、パッケージ的にもう少し踏み込んでデザインしてほしかったですね。ドライビングポジションの適正化に取り組んだり、前方視界の見切りの良さがあったり、いいデザインに取り組んでいるんですから・・・

あとCX-5ともう少しでバッティングしてしまう価格の設定、少々強気すぎるのはどうなんでしょうか?正価販売をうたい、リセールバリューをよくしていい循環をつくるのはいいのですが、CX-3を買うのに価格的にワンランク上のCX-5と迷うような設定が果たしていいのか?
せっかくスカイアクティブや魂動デザインで統一的な商品戦略が功を奏しているだけに、気になりますねぇ。

投稿: アクシオム | 2015年4月14日 (火) 14時40分

販売店で見てきました。久しぶりにS660とCX-3は興味がわく買ってもいい国産車かなと思います。
CX-3は全高が1550mmで我が家の立体駐車場にも入ります。この点は大きいと思います。
外観は結構好みです。クリーンでかつ結構のびやかなデザインだと思います。内装はAUDIのコピー?という気もしますが合格点を与えられると思います。ターボディーゼルも6AT(CVTよりはましですが)もトーションビームもコンベンショナルな技術ですが、それなりにまとまっていい仕上がりを期待します。(まだ試乗はしていませんが)欲を言えば237万~という値段なので、VWのDSGはないまでも7ATとマルチリンクのリアサスは欲しいと思います。現状ではコストパーフォーマンスがちょっと?と思うのは私だけでしょうか?

投稿: pottsy | 2015年4月14日 (火) 17時04分

初お便りです。
内容は絞ってあるけど、私もいいと思いました。
今のマツダなら次のモデルになってガラリとデザインは変わることなく承継されるだろうし、車格のクラス分けが明確なので似たようなあっちを買っておけば良かったという後悔はしなくていいし、なにより真面目そうだし、消火不良な飛び道具が次モデルチェンジで消えるということもなさそうだし、・・真面目そうな中にデザインがいいですね。
金額的に節約したいので今回はスイスポに流れましたが。
こちらのブログはいいですね。率直な話が出てきて。

投稿: こんどスイスポ | 2015年4月14日 (火) 17時21分

すぎもと様こんばんは。
 
早速街中では結構見掛けるようになりました。
悔しながら(?)私イチ押しのデミオより完成度が高い。
 
伸びやかなサイド。切れのあるヘッドライト。適正化されたフロントナンバーの位置(笑)
 
思わず目で追ってしまう流麗なデザインは、まだ見ぬロードスターを置けば、
魂動デザインの最高峰、集大成ではないかと個人的には感じます。特に白系が良いですね。
 
確かに純粋なSUVとして見れば、色々物足りない部分もあるでしょうが、
街乗りユースがメインと考えれば、これは大いにアリだと個人的には考えます。
 
魂動デザインの差別化についても、マツダもこなれて来たように感じますし、
6月のロードスターを含め、今後の動向に期待したいです。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年4月14日 (火) 19時21分

製品自体には何の文句もないのですが、ディーゼルだけっていう「ごり押し」が気に入らないですね。別にガソリンエンジンでもいいっていう人も多いわけですし・・・。マツダはディーゼルを普及させたいだろうし、その自負もあるとは思いますが、時代のトレンドがディーゼルからそっぽを向いたときに、どう対応するのかなぁっていう怖さは感じますね。(マツダはダウンサイジングターボには消極的なので)

投稿: としぴん | 2015年4月15日 (水) 20時42分

こんにちは。個人的にCXー3物凄く期待してたんですが… 低い地上高、デザインはブラックアウトした特徴的なDピラーとうねったウィンドウグラフィックの組み合わせ、自分にはなんかしっくりこないんです。もっと大きいサイズなら物凄くカッコイイデザインのよーな? この辺りは最近の日産はカッコイイです個人的に。 新型ムラーノとかキックスコンセプトやら、次のアルティマ?とか マツダデザインに日産デザイン、個性的な日本車が増えそうで期待してます。

投稿: さね | 2015年4月16日 (木) 10時43分

アクシオムさん

パッケージはデミオ自体が同カテゴリーでも割り切っているので、それと同じスタンスということでしょうね。広いの欲しい人は他へどうぞという。価格はエンジンのバリエーションを考えないとキツイかもしれないですね。

pottsyさん

一連の新世代商品ではとてもよくまとまったスタイルですね。最近のマツダは外国車からの乗り換えも多いとか。価格は商品を考えれば妥当なのでしょうけど、強気というよりやはり割り切りなのではと思います。

こんどスイスポさん

はじめまして。そうですね、真面目がイチバンです。ちゃんと作ればわかる人にはわかってもらえるという自信があるんだと思います。しかし、スイスポいいですね。

とあるイラストレーターさん

街乗り中心、少人数中心と、意図がはっきりしていますね。ロードスターが単にアクセラのオープン的なスタイルじゃなかったことには今後の可能性を感じますね。

としぴんさん

ガソリンエンジンの使い方にはもっと柔軟でいいような気がします。単に効率、燃費ということじゃなく・・・。

さねさん

同じエモーショナル路線でも、マツダと日産ではかなりテイストが違いますね。日産には品質面の統一感が欲しいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年4月18日 (土) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59605560

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・CX-3:

« 雑誌記事:デザイン記事が載りました | トップページ | Drive My Car:ちょっとだけ入院 »