« 新車印象風景:スズキ・アルト | トップページ | クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観 »

新車心象風景:ホンダ・ジェイド

Photo_2 うーん、何かこう、どこにも引っかからないんである。

 乗用車タイプの3列ミニバンをもう一度成立させようという企画は、3、4代目のオデッセイやストリームの現保有者数を考えればまだアリで、さらに世界戦略車に位置づければなおのこと、らしい。

 加えて、「ちょうどいい!」筈のフリードが立体駐車場に入らないとなれば、そこにもまた需要はあるだろうと。そして、フィットから展開の「エキサイティングデザイン」と最新のHVを持ってくれば、結構いい感じの仕上がりになるじゃないか、なんて。

 ただ、そうやってできたジェイド、どうにもとらえどころがない。ニューカマーとして「何者なんだコイツ」という単純な疑問や、中国市場メインだろという「誤解」なども大きいにせよ、それだけではない存在感の希薄さがある。

 もちろん、このモヤモヤの元凶はエクステリアに大きい。

 「マルチ・サプライジング」のコンセプトの元、低全高でダイナミックなスタイリングという意図はまさにいまのホンダ的だ。1530ミリという全高と上下に広い視界を両立すべく、3列シートが納まった大きなキャビンをボディに沈み込ませるという発想も新しい。

 そうしてキャビンが下がった分、前後のホイールとそれを支えるフェンダーが必然的に盛り上がりつつ強調される。4つのホイールが強調されるのは、いまどきのダイナミックな表現にとって、デザイナーには願ってもない表現だろう。

 けれども、それに沿って微妙な曲線を描くグラフィック下端は、やはり微妙なルーフラインと相まって、どこかとらえどころがないんである。

 リアはフィットの兄貴らしく「くの字」に折れたピラーがハイライトで、シャープなグラフィックラインをさらに強調している。ただ、いささか個性を欠いた例の「ソリッドウイングフェイス」が施されたフロントと合わせてみると、これがまた全体をボヤっとさせ

Photo_4 ジェイド開発の発端は、2009東京ショー出品のスカイデッキに始まったという話があるけれど、CRーZコンセプトとイメージを合わせたこのスカイデッキは実にいいまとまりだった。よりミニバンに近い印象だったけれど、フロントからリアに向かう流れがまず明快だし、サイド面はシンプルでありながら先進感に溢れていた。

 ジェイドはこのスカイデッキに沿って、フィットやグレイス、ヴェゼルのような深く強いキャラクターラインを持たない。そういう意味ではサイズの割にシンプルだけど、とくに要素が足りないとは感じない。また、Aピラーやルーフラインは、細く薄く均一に揃えられていて丁寧だ。

 実際、ある評論家は「これほどまとまりのいいデザインは最近見たことがない」と書いていたけれど、たしかに全体を見ても破綻は感じない。

 けれども、僕にはやっぱり希薄に見える。サラッとまとまっているけれど、何か「芯」のようなものがない。ほとんど同じコンセプトなのに、スカイデッキにあった明快な動感や塊としての存在感がすっかり抜けてしまっている。

 これは、「エキサイティングデザイン」を掲げるいまのホンダデザインの課題じゃないかと思ったりする。勢い余ったラインや、細部の派手な表現がないと新しさを訴えられないという。何か本質を外した方向に向かっている感じで。

 ジェイドはきれいにまとまっているけれど、それは普遍性を持った安定感のあるそれとはどうも違う。気持ちのどこにも引っかからないというのは、つまりそういうことなんだと思うんである。

|

« 新車印象風景:スズキ・アルト | トップページ | クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。同じホンダ製HVに乗ってる自分としては、パワートレインや車自体の品質改善がどう変わったか気になります。 ジェイド見た目は…普通ですね… ホンダ製HVは巷でゆわれてるほど酷くはないけど凄くもなかった…現在発売されてるのはどうかは知りません。 やはり今のホンダって会社が信用できなくなりました。 僕のは品質改善総点検前なのでかなり心配です母もたまに乗るので。大衆車にしては乗り手はかなり好き嫌い別れる感じですかね。渋滞時は特に。 ジェイド自体はうーん的外れ?みたいな。社長変わって人事もかなり変わったけど、週刊誌などで報道されてるようなことが本当ならイメージ悪すぎます。 自分の車選びも悪いですけど、会社の内情や短い試乗じゃ分からないってことが分かり勉強になりました。 ホンダは品質改善前のユーザーを品質改善後と同じ仕様にしないと、ますますユーザー離れすると想います。 このままじゃ自分もホンダは二度とないなです。 失敗したなあ てゆうか自動車ジャーナリスト! 成熟不足なり、今はまだ駄目出しなりちゃんと評価してよ!なんの為の評論家なのか…厳しく提言したら、ホンダにとってもこんなにも大問題にならなかったよーな? 提灯記事だけならまだいいですけど、この品質問題は指摘すべきでしょう(リコール3回目当たりからようやく書き始めた人々はいますが)。多くの評論家が評価できない人々と分かりました。 それ以降もホンダのHVシステムにはあまり評価の明言さけてますよね、スムーズになったぐらいしか書かない。 真面目に自動車評論家は評価する能力に欠けてる人多すぎません? VWを始め外車のDCT誉めまくってて、今更になって日本では多段ATかCVTがベストとか(笑) これから時代はDCTやCVTから多段ATやシングルロボタイズドMTへとか(笑) 訳わからないです。 2ペダルなら多段ATが一番なら素人の僕でもゆってましたよ…

投稿: さね | 2015年3月17日 (火) 03時29分

某サイトによると、ジェイドの3列目に座ると、頭がバックドアにギリギリ来るそうですね。
パッケージ的に成立できていないのはどうなんでしょうね?定員オーバーが日常な?中国市場でOKなのか?まぁよくわかりませんが、そもそも低床、立体駐車場OKの低車高ミニバンって無理がありますよね。
スカイデッキうっすら見覚えがありますが、これをホントにベースにしていたのなら、もう少しパッケージ的にうまく成立できていたと思うのですが…
確かにデザイン、スタイルのまとまり具合の良さはひっかかりがないほどよくまとまっていますが、中身のパッケージはずいぶんと無理があると思います。

投稿: アクシオム | 2015年3月22日 (日) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59279824

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・ジェイド:

« 新車印象風景:スズキ・アルト | トップページ | クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観 »