« 新車心象風景:ホンダ・ジェイド | トップページ | クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる »

クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観

Lfsa では、あくまでも写真を見てでの範囲ですが・・・。

 

 レクサスLF-SAは、同ブランド最小クラスの提案。高級ブランドとして歴史のないレクサスは「攻めるしかない」という開発者談を聞いたことがあるけど、いくらコンセプトカーとはいえ、ここまでやらないとレクサスの新型車を表現できないとしたら若干気の毒でもある。

 欧州スタジオによるデザインからは、それでも一定の造形のテーマが読めるけれど、とにかく要素が多すぎて気持ちが悪い。

 実際にはアウディA1などBセグメントを想定しているのでは?という話がある。レクサスのコンパクトは興味深いけれど、これがそのまま出なければいいなとは思う。

Qx30 同様にインフィニティのQX30も怒濤のエモーショナル路線だ。そりゃ全車同じイメージにしたいのはわかるけれど、B・Cセグサイズにこのバカげた深さのキャラクターラインはあまりに強すぎる。いや、市販車ではもっと弱くするからいいっていうんじゃ本末転倒だし。

 これもレクサスと同じでとにかく要素が多過ぎる。なんでこんな小さなボディに何でもかんでも詰め込むんだろう? 一方でQ60はサイズがある分、過剰なゴチャつきは感じないけれど、本当にこのテーマでいいのか?

 日産スウェイもコンパクトの提案で、一部には次期ノートとの報道も。V字シェイプな顔を持ったボディは、強調されたフロントフェンダーから流れるラインや、フローティング風ルーフなど、すでに公開されたスポーツコンセプトやムラーノに結実したレゾナンスと同じ方向だ。

Photo 長い歴史を誇る日産が、こうして流行から若干遅れ気味にエモーショナル路線に突っ走る理由がどうも理解できないんだけど、まあ、やるんだったらちゃんと量産型に反映してほしいとは思う。現行マーチとかノートとか、ああいういい加減なことをやらずに、全車でこういうクオリティ感を出してみてはと。

 スズキはまた別の意味で不思議な提案だ。どこから見てもアルトと同じ和田氏の作であろうiM-4が、歴代のスズキ車の要素を取り入れつつも普遍性を感じる新たなコンパクトSUVを提示しているのに対し、次期スイフトなどと言われているiK-2の、あまりに緩くとらえどころのないデザインは一体どうしたことだろう。

Im4 そもそも、スズキが今回なぜ和田氏を起用したのかは?だけど、その才能を採り入れたからには、その他のデザインとの関係には的確なコントロールが必要な筈だ。いくらスズキが「なんでもあり」を特徴にしているとはいえ、同時出品としてこれはいかがなものかと。

 ホンダは量産型のNSXがいよいよ欧州でお披露目だ。なんだけど、これ、そんなにいいかな? 僕はコンセプト段階からどうもピンと来なくて、フロントはありがちだし、サイドは浮いたCピラーしか目に入らないし、リアはボテっとしてるし。

Ik2 実は、そんなこんながコンセプトを重ねるうちに大きく変化するものかと思っていたんだけど、ほとんどそのまま出てきちゃう感じだ。まあ、デザインも含めて北米主導の開発らしいから、これが先方の「好み」と言われればそれまでだけど。

 三菱コンセプトXR・Ⅱは、東京ショーのテーマをさらに進めたんだろうけど、いよいよスゴイことになってきた感じだ。現行フォルティスやD:5などがまとめて出たときにはデザイン力の深さを見せたものの、コンセプトカーは少々悪のりっぽい。

Nsx いや、もちろんこれが本当に次期パジェロとして出るんだよ、レンジローバーなんか目じゃないよ、っていうならそれはそれでチャレンジングだけど

 ところで、今年の欧州イヤーカーはVWのパサートだった。最近の一貫した横基調ぶりは心配になるほどだけど、しかし仕上げのよさを含めた提案は巧いところで、何をしたいのかが明快だ。

 日本勢ではマツダがデミオや、よりバランスのいいCX-3が好評だったと聞くけれど、勢い余った妙な提案でなく、サクッとメーカーの姿勢を明快に出せればいいのに、なんて思うんである。

Xr

|

« 新車心象風景:ホンダ・ジェイド | トップページ | クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

レクサスLF-SAはどこかスマートやルノーのトゥインゴをターゲットにしたマイクロカーかと思いました。アストンマーティンのシグネットが出た頃に待望されたレクサス版iQ。
それだったらなんとなくこれでもいいんじゃないかと…しょせん小さい車だから、プレミアムブランドとして盛り込めるだけ盛り込んじゃえ!的なところがあってもいい。
しかし、すぎもとさんの書かれているとおり、アウディのA1とかのBセグメントの車としてはどうかな?サイズ的に小さく見えて無理が見えますね。

インフィニティは、2013年に発表したQ30コンセプト然り、昨年発表したQ80インスピレーション然り、このデザインでブランディングする以上こうなるんでしょうが、メルセデスのAクラスやGLAをベースとする以上、意外とピラーや骨格の制約が多くて無理が出ているんじゃないでしょうか?日産としては欧州市場でインフィニティをこの手のプレミアムコンパクトで成立させるには、AクラスやGLAと可能な限りコンポーネントを共用させないとコスト的に無理なんでしょう。

スウェイは噂によると次期マーチらしいですが、マーチとしてのアイデンティティより、日産の現行、最新デザインキーをまんま盛り込んで具現化したコンパクトカーであり、もうマーチのキャラクターなんて二の次でしょうね。エモーショナル路線よりも、2000年代初期のモダンクリーン路線に回帰して欲しい気が余計しますね。
先代マーチ良かったと思いますが…

投稿: アクシオム | 2015年3月22日 (日) 20時55分

うーん…最近のデザインてゴチャゴチャすぎてついていけないです。 VWゴルフとか見かけるとほっとします。 新しいデザインのアウディやボルボのデザインはカッコイイと思います、密かに期待してる三菱は現行アウトランダー自分はカッコイイと思うんですが世間では格好悪いと評価されたんで、ハジケちゃったんでしょうね。 それでも個人的には時期RVRは期待してます。 マイナーチェンジするオーリスもカッコ良く見えました、写真だけなのでなんともいえないですけど 最近の日本車はシンプルな造形美や塊感、ライン構成のデザインは壊滅的ですね…そんなとこに新型アルト、カッコイイ。

投稿: さね | 2015年3月26日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59360599

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観:

« 新車心象風景:ホンダ・ジェイド | トップページ | クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる »