« クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・S660 »

クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる

Img_1460 「自動車文化講座」という催しに参加して来ました。

 講師の青戸務氏はホンダやオペルのデザイナー、現代のデザイン・ディレクターなどを歴任、現在も大学などで後進の育成にあたっている方。イベントは、神楽坂のギャラリーを会場に毎月行われているそうですが、自分は最近知っての初参加です。

 今回の「お題」はジュネーヴショー2015。とても丁寧に撮影された動画を観ながら、氏の解説を聞くというのが内容です。

 2時間におよぶ講座なので細かいことは省きますが、新しい段階に入ったアウディ、ハチャメチャなプジョー、意図不明な新DSシリーズ、息切れ感のあるルノー、質感の高いフィアットなど、物静かですが的確な解説が印象的でした。

 99%男性の参加者はほとんど常連さんのようで、おそらくはデザイナー関係者も少なくないのかと。たまたま席が隣になった初参加の方は、今年のオートサロンでダイハツ・コペンの着せかえを手がけたサードパーティのデザイナーさんでしたし。

 「毎回恒例」の二次会には行けなかったので、短い懇談時間にひとつだけ「スズキは今回の和田氏と社内のまったく異なる2台を出品したが、この方向性の違いをメーカーはどう扱うべきなのか」について質問をしてみました。

 氏の意見では、今回はトップがデザイン部に一種の刺激を与えたかったのではないかと。ただし、メーカーとしてデザイン力の底上げを本気で考えるなら、ちゃんと和田氏をチーフに迎えるべきだろうとも。

 つまり、外部デザイナーがひとつふたつの新しい提案をしたとして、デザイン部全体が「持ち上がる」ほど甘くはない。新卒採用時に優秀な学生を各社で引っ張り合いになるほど、本当に優秀と言える人材は多くないということで。

 まあ、このまま二次会に行けばもっと深い話が聞けたのかもしれないですが、逆に僕などとても入り込める余地がないくらいディープになりそうではありますね。

 また予定が合えば出かけてみようかと思う講座でした。

|

« クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・S660 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

フェイスブックでも、青戸さんの講座に参加した某デザイナー氏の記事があったのですが、まさかすぎもとさんも参加されていたとは…
ジュネーブショウはカロッツエリアの展示があって、イタルやピニン、2013年まではベルトーネも参加していて、結構華があって社交界的な雰囲気のショウでしたね。
ヨーロッパのショウと言えば、フランクフルトやパリもありますが、どちらも1日で見るにはきつ過ぎる規模の会場ですが、ジュネーブはデトロイトみたいにワンフロアで1日あれば十分見れてしまうコンパクトさがなんともうれしいショウです。
しかも、東京ビッグサイトで開催する不便で中身の薄い東京モーターショウ比べて、コンパクトなのに中身が濃くて充実しているし、ジュネーブ空港に隣接しているおかげで、飛行機から降りたらすぐに会場へ徒歩で行けるのもいいですね。
問題は年度末の3月開催ってとこが…できれば5月のGWにやってもらえると毎年行けるのですが…

投稿: アクシオム | 2015年3月26日 (木) 16時49分

すぎもと様こんばんは。
 
所詮デザイン云々は各人の主観でしかなく、
これぞ究極のデザイン!というものは存在しません。
 
結局は多数決で良し悪しが決まってしまっている、という気がしますね。
これを言い出したら不毛でしかないんですが。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年3月28日 (土) 04時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59393700

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:クルマのデザイン講座に行ってみる:

« クルマ散策:ジュネーヴショー・日本車概観 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・S660 »