« クルマ散策:レンタカーで長野へ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:大人の評論? »

雑誌ナナメ読み:論より気持ち?

Photo 気持ちは分かるんだけど、ちょっとねえ、と。

 雑誌CGの最新刊は、同誌のウリのひとつである「ジャイアントテスト」。今回はポルシェ・マカン登場に合わせるべくコンパクトSUVをテーマに、アウディ・Q5、BMW・X4、ジープ・チェロキー、レクサス・NX、レンジローバー・イヴォーグ、トヨタ・ハリアーの7台を比較対象に選んだ。

 このテストは加速、燃費、操安、乗り心地、パッケージ、商品力、騒音(今回はオフロード性能も)と全方位な内容で、まさに老舗雑誌の面目躍如といったもの。客観的な徹底比較で説得力のある回答を導くと。

 で、今回は新しいポルシェがブッチ切りという期待を感じさせる中、予想を裏切る結果はレクサスNXの1位だったんである。そのマカンは惜しくも2位に甘んじ、以下Q5、ハリアー、X4,チェロキー、イヴォークと続いた。

 まあ、トップのNXはもとより、X4やイヴォークを抑えたハリアーもまた相当にテスターの期待を外したんだろう。まとめの「総合評価」が実におもしろくて、NXは1位の項目は少ないけど要は平均点の高さだと。ハリアーについてはいきなり日本の学校教育を持ち出し、秀でた才能よりも、すべてがそこそこな子供が評価されるのと似ていると結論した。

 さらに、ここでの高評価が必ずしも「欲しい」クルマとは限らないとして、5名のテスターによるパーソナルチョイスが出されているんだけど、4位のハリアーはもちろん、何と1位のNXを選んだテスターはひとりもいなかったんである。

 何だこれは?と思うじゃないか。

 編集長は総合評価で、いまのテスト内容は平均点の高いトヨタやレクサスが選ばれる傾向だと語る。また、新たに加えた項目の「商品力」もまた2社を有利にしていると。あたかも、それがいけないというように。

 だとしたら、そもそも客観テストって何だという話なんである。好き嫌いを除いたフェアな比較こそがその神髄なのに、やってる本人たちが「日本車に有利になる」などと、ほとんど好き嫌いの極みのようなコメントを発しているのは、まさに本末転送じゃないか。

 仮に、つまらないお勉強小僧が高得点をとることに疑問があるのなら、早々に客観テストの評価軸を見直すべきだろう。

 たとえば新しい「商品力」。単に価格と装備内容を比較するのなら「安くて便利」な日本車が有利になるのは、もうずっと以前からわかっている話だ。けれども、モノとして「これはいい」と思うのが商品力なら、何も装備自体だけが比較対象じゃない。その「いい」の焦点を、どこに合わせ込むのかがプロの目利きってもんでしょう。

 クルマ版の「暮らしの手帖」を標榜したCGとすれば、客観テストは欠かせない要素なんだと思う。ただ、クルマやその周辺は日々進化・変化するものだし、それに沿って客観の意味や内容も変わるのは当然のことだ。そこを見なくちゃいまの時代の説得力なんて得られやしない。

 そういう提案が新しい冊子でなく、老舗雑誌から提示されてもおかしいことはない。少なくとも、自ら決めた筈の基準に不満を呈し、自己否定な回答を平気で吐き出してしまうようりはよっぽどいい。

 いや、もちろん、ポルシェやレンジこそがクルマ好きの愛でるべき対象であって、日本車は違うんだよね、という価値観こそが旧いだろうというツッコミはあるとして。

|

« クルマ散策:レンタカーで長野へ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:大人の評論? »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様こんばんは。
 
いわゆる欧州車好きの方の一部には、国産車を頭ごなしに否定し、頑として認めない、
という傾向の方がいらっしゃるのを常々感じております。
 
私自身も欧州車は好きで、興味の対称ではあるのですが、
このような傾向には、少なからず嫌悪感を持っております。
 
好きで乗っているなら堂々と構えてればいいのです。
わざわざ国産車を引き合いにだし、やれ白物家電だのとこき下ろし、見下す必要はないと思うのです。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年2月10日 (火) 21時39分

ポルシェマカンを中心とした比較テストなのにレクサスNXはいいとしても、なぜハリヤーを入れてしまったのか?読んでいて不思議に思いました。
コンパクトSUVのカテゴリーだからと行ってしまえばそうですが、ポルシェにレクサスにアウディにランドローバーとジープと選んでおいて、トヨタハリヤーって?
だったらマツダのCX-5だっていいんじゃないの?もしCX-5が選ばれていたら、結果はともかく、選ばれた結果に対して矛盾することを言い出すことはなかったかもしれませんね。
評価軸を決めておいて、その結果を最終的にひっくりかえすのなら、最初から日本車を外すべきだし、プレミアムブランドだけを扱えばよかった気がしますね。

投稿: アクシオム | 2015年2月11日 (水) 11時39分

こんにちは。

この記事は一読した時から違和感を感じていました。
CG誌が独自に作った基準をもとに採点して1位になった車を、採点者の誰もがパーソナルチョイスしていない。
しかも、そのパーソナルチョイスの直前のページで採点基準や日本車の特性に対して「納得しかねる」ような主旨の文章が置かれている。
それらが、この記事を酷く皮肉っぽい斜に構えたようなものに見せていて、そういうスタンスがどうにも鼻についた次第です。

ただ、採点に基づく総合評価とパーソナルチョイスにズレがあること自体はそれほど悪いことではない、とも思うのです。
自動車を嗜好品と捉えるのであれば、客観的な評価と個人の好みに大差があっても構わない。
実用品と嗜好品。自動車のそういう二面性を明確にする意味では、総合評価とパーソナルチョイスを並列する意義は充分にあると思います。
その場合であっても、客観的な評価基準は時代性を反映した変化が求められることは言うまでもありませんが。

以前から、CGのテストではレクサスやトヨタの車が採点で上位に入ることはあってもパーソナルチョイスで選らばれることは殆どありません。
評論家や記者の方々の好みが採点基準とはずれているということは、CG誌をはじめとした自動車雑誌が売れなくなっている原因の一つであると、個人的にはそう思います。

投稿: 自動車ユーザー | 2015年2月11日 (水) 12時56分

評価の優先度が定まっていないからおかしな結果になるんじゃないですかね。
例えば「ドライバーと車の間でコミュニケーションが素直に取れる車」という項目の配点を高くする、あるいはある一定のレベルに到達していない車は選外とするとか。
雑誌の性質によって「何を評価の中心にするか」決めればいいだけのような気が。それをしないで車を評価するっておかしいですよ。

個人的な感想を言わせてもらえば「CGは自身の気位の高さと批評のレベルが一致していない」のが痛々しいなぁと。気位が高くてもいいんです、評論のレベルがそれに追いついていれば。しかし、編集者の関与していない社外の人々による「コラム」はどれもすばらしく「読ませる」ものがあります。ちなみにCG初代編集長小林さんの文章は気取ったところはまったくなくて「水のようにスーっと入ってくる」。今のCGの上から目線は決して伝統なんかではないと思うんですけどね。

投稿: ネコ | 2015年2月11日 (水) 22時10分

とあるイラストレーターさん

僕はクルマ好きなら当然ポルシェが一番・・・という妙な前提に馴染めません。とくにA4判雑誌のポルシェに割くページ数の多さには閉口します。

アクシオムさん

そうですね。何かしら日本車に別枠感を持っているなら最初から外す方がいいですね。今回は高級車枠ならレクサスだけにしておくべきでした。

自動車ユーザーさん

パーソナルチョイスは僕もいいと思います。ただ、それがテスト結果とあまりに大きくかけ離れるのはどうかと思います。だったら・・・という話になっちゃいますよね。記者に偏りがあってもいいのですが、偏り方が一様なのが?です。

ネコさん

気位、上から目線ですか。なるほど。僕は高級車、高性能車(とくにスーパースポーツ)偏向を感じます。若干バブリーというか。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年2月14日 (土) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58888425

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:論より気持ち?:

« クルマ散策:レンタカーで長野へ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:大人の評論? »