« 雑誌ナナメ読み:大人の評論? | トップページ | クルマ散策:マツダ・CX-3発表会に行く »

新車心象風景:ダイハツコペン・エクスプレイ

Photo 何だか、とてももったいないことになっている。

 いや、もちろん気配はあった。

 昨年デビューした2代目コペンは、12年ぶりという「いよいよ感」と、着せかえコンセプトという新たな武器によってそれなりに華々しいものだった。新しいボディ構造による走行性能の底上げは、走り好きの評論家筋の受けも相当よかったし。

 けれども、そもそも「何でこのスタイル?」なローブの懸念と、同時発表の第3のモデルこと丸目バージョンへの話題の拡散もあってか、どうも話題が途切れがちなんである。

 そんな中、昨年末の新型軽自動車ラッシュに乗って登場した第2のモデルは、やっぱりというか案の定というか、アルトやN-BOXスラッシュなどライバル勢に比べて実に地味な扱いで、雑誌メディアでは割かれるページ数もごくわずかに止まった感じだ。

 個人的には、このエクスプレイの原型である東京ショー出品のDーXは、コペン後継云々は別として、相当まとまりのいい出来だと思っていたんである。全体のプロポーションはもちろん、バギー風の佇まいや素材感を巧く取り込んだスタイルは、精悍な前後の表情も含めて企画意図が実に明快に表れていた。

 そういう意味で、コペンとは関係のない新しい軽の提案でもよかった筈のDーXは、基本的にショーカーのイメージは残したものの、コペン第2のモデルという位置づけでもって、そのインパクトの何分の一かを失ったように見える。

 しかもだ、Jカルチャーだか何だか知らないけれど、秋葉原を発表の場所に選び、美少女キャラクターを設定してのイメージ作りは一体何ごとだろう。これもコペンのテーマである「ラブ・ローカル」の一環とは言うけれど、この安直かつAKBな発想で、D-Xの魅力はさらに削り取られてしまった。

 加えて、オートサロンでも特別な壇上に置かれた先の第3のモデルは、並べられた多くのカスタマイズ提案を霞ませるには十分な効果があったようで、なおさら第2のモデルは置いて行かれた感じだ。

 いや、もちろんドレスフォーメーションの本番はこれからだというのは理解している。この着せかえは、企画やデザイナーによっては大ブレイクなり名車登場の可能性だってある。

 けれども、僕にはこのコペンの成功っていうのはどこにあるのかがよくわからなくなっている。

 ローブはまあまあ、エクスプレイはイマイチ、丸目は結構好評、でいいのか。あるいは次々登場するであろう着せかえが、それぞれの好みで少しずつ売れればいいのか。それとも、ドカンとスマッシュヒットの着せかえを期待することなのか。

 いやいや、そんなのダイハツはしっかり展開を想定しているわい、なんて怒られそうだし、新しい提案なのだから、その過程や結果が想定できないのは当然だ。だから、いま何らかの結果のようなものを語るのはナンセンスだろうとも思う。

 それでも、新しいコペンはローブでのデザインやエクスプレイの性格付け、急ごしらえの丸目ヴァージョンと、少なくともスタートはチグハグになっているように思える。

 とりあえずは、エクスプレイがアニメでAKBな世界に止まらないことを祈るばかりなんである。 

|

« 雑誌ナナメ読み:大人の評論? | トップページ | クルマ散策:マツダ・CX-3発表会に行く »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

やっぱりコペンは丸目なんですよね。ぎこちないローブのヘッドランプをエクスプレイでも流用してしまったのはもったいないですね。
ボディの上下を分割して素材を分ける手法は、まさにいすゞビークロスなんですが、やっぱりうまくやるならビークロスのようにしたほうがよかったですね。
ボンネットのストラットがある部分までやったのはやりすぎでしたね。フェンダーとサイドアンダーでとどめておけばよかったのに、インパクトを追求してバランスを崩しましたね。
あと秋葉原での発表やLOVE ローカルと打ち出している宣伝については、手法的に親会社のトヨタマーケティングジャパンみたいで、86を妙なオシャレ感を打ち出しているのと一緒でなんかクルマのキャラクターとはそぐわないし、どこか違和感を覚えますね。
まぁ着せ替えができる車だから色々なキャラクターで攻めたいんでしょうが…
しかし、待望の丸目、東京オートサロンで展示されていた車両を見て愕然という意味で衝撃的でした。まさかキャラクターラインがまるでマジックで書かれたような出来だったとは…いくら市販前とは言え、あんなにやっつけ仕事で出さなくてもと思ったものです。

投稿: アクシオム | 2015年2月28日 (土) 20時35分

こんにちは。最近全く車に興味をなくし気味だったんですが、コペンは興味あります。 最初出た時は印象最悪でしたが今は好きです(笑) 特に専用トレーラー付き出ないかなあ…買えませんけど(笑) エクスプレイはいっそリフトアップに大径タイヤ履かしてら面白かったかもなあ。 いっそ4WDにまでしちゃっりして行動範囲を広げてトレーラー付きと…妄想してしまいました。 丸目はどーでもいいですねあってもなくても。 秋葉系ぽい演出は…まあ、おじさんが考える若者像的な演出? 最初は?でしたけど、シャア専用オーリスといい、初めたからにはガンガン続けて永続は力なりで、日本車の魅力の一つ、文化、になるまでとことんやってほしいです。 クラウン・ルパン三世・次元大介仕様とかまでいっちゃってほしいでねもうホントに 真面目に続けることが大切だと思うんです。 企画した人は人生をかけてやってほしいです。

投稿: さね | 2015年3月 4日 (水) 18時25分

すぎもと様こんばんは。
 
ダイハツは真面目で、かつ遊び心もあるので
個人的には好きなメーカーです。
 
さて、コペン・エクスプレイですが、かなり思い切りましたね。
私個人的にも丸目の方が好きですが、
こういう流れはぜひ継続して欲しいと思います。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年3月 5日 (木) 19時28分

アクシオムさん

丸目はローブとエクスプレイ間の着せ替えが不可ということになり、急遽まとめたらしいので、まあ、ああいうことになってしまったと。確かに目は丸いですけど、全体のデザインはまったく別物です

さねさん

ははは。人生をかけたら・・・まあ、ああいうことはやらないでしょうね。ちょこっとお手軽に考えているからできるんでしょう。

とあるイラストレーターさん

ダイハツは真面目なメーカーだと思います。ただ、遊び方はどうでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2015年3月 5日 (木) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/59071743

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ダイハツコペン・エクスプレイ:

« 雑誌ナナメ読み:大人の評論? | トップページ | クルマ散策:マツダ・CX-3発表会に行く »