« 雑誌ナナメ読み:論より気持ち? | トップページ | 新車心象風景:ダイハツコペン・エクスプレイ »

雑誌ナナメ読み:大人の評論?

Wrx_sti ああ、素直だなあと思うんである。

 スバルのWRX S4が登場したとき、僕は、せっかく新型なのに何でこんな「既視感」のあるカタチにしたんだとここに書いた。

 左右に広がるホークアイだのヘキサゴングリルだの、スバル最新のスタイリングを盛り込んだと開発陣は言うけれど、既存のインプレッサG4に近似した佇まいは、パネルの流用すら感じさせるものだったし。

 もちろん、雑誌などのメディアではそんな声はほとんど聞かれず、大きくなったレガシィに代わり、日本のユーザーのために作った、あるいはスバリストの救世主だとして扱われているんである。

 で、話は雑誌ホリデーオートの「ジャパニーズ・カーガイ評判記」だ。ピーター・ライオン氏が海外の自動車雑誌での日本車の評判を紹介するこのページは、たった見開き2ページだけど、毎回実に興味深い。

 「コンセプトカーはよかったけど市販車は平凡」「スバルはデザイン部にもう少し予算を回すべき」「新車に古いエンジンを載せるのはどうか?」「新車だけどあたらしいものもあれば古いものも付いている」「ラリーマシンとして優れているのだからカッコよくする必要はない」「CPに優れているのだから室内の質感も許されるだろう」

 WRX STIを取り上げた今回は各国のこんな記事が紹介されるんだけど、まあ実に端的で明快なんである。

 ここで面白いと思うのは、スタイルがイマイチ、インテリアの質感が低い、エンジンが古いなど、ネガティブな指摘が少なくないんだけど、それが単なる批判や文句には感じられないところだ。

 それは、どこにもエクスキューズがないからだと僕は思う。いいも悪いも、ただただ思ったとおりに素直に書いてある。正直に言えば、とか、こっちを批判したからあっちはホメるとか、変に意図的なところがない。まあ、プロから見ればそう感じるだろうな、たしかにそうだよな、となる。

 何ていうか、とても大人な感じだ。いや、これが大人というか、一方で日本の自動車メディアがあまりに特殊で幼稚な世界になってしまっているってことなんだと思う。変におもねたり、くだけてみたり、女子を前面に出したり、あるいは必要以上に専門家ぶったりなんてことがない。

 そうやってあるがままのことを、ごく普通に、淡々と書くことで公平なイメージが作られる。メーカーも、ユーザーも、両者が何のひっかかりもなく納得できる情報メディアが実現する。

 このページは、わずかな字数で、実に簡単なことだけど日本ではできない世界を明らかにしてくれると。もちろん、ピーター・ライオンという人もまた、そういう意味ではごくふつうのジャーナリストであるということなんだろう。

|

« 雑誌ナナメ読み:論より気持ち? | トップページ | 新車心象風景:ダイハツコペン・エクスプレイ »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

ピーターライオンさんもそうですが、AUTOCAR JAPANの海外ジャーナリストの訳された批評を見ているとざっくりしていますよね。
批評は端的にされていればいるほどわかりやすく、良し悪しがはっきりしていて読ませるのにメリハリが利いている。
そこへ行くと日本人のジャーナリストって批評のようでいてオブラードにくるんじゃって何を言っているのか?と思うものが多いですよね。
妙な気遣いを読者にしているのか?はたまた批評対象である車のメーカーにしてしまっているのか?と疑いたくなりますね。

投稿: アクシオム | 2015年2月16日 (月) 21時27分

日本の自動車メディア、ジャーナリストの問題は国内のジャーナリズムの縮図であって自動車業界内に限ったことではないと思います。

「日本の自動車メディアがあまりに特殊で幼稚な世界になってしまっているってことなんだと思う。変におもねたり、くだけてみたり、女子を前面に出したり、あるいは必要以上に専門家ぶったり」

この部分、「日本の自動車メディア」を「日本のメディア」に置き換えてもそっくり同じことが言えます。

新聞は記者クラブでフリージャーナリストを締め出し、TVは独自企画はほとんどなし、似非コメンテーターがデタラメを述べる。とっくに日本は破綻してるはずが景気は再び浮揚の兆しさえあるのに。

業界全般がそんな調子なのに自動車関連のメディアだけが健全でいられるわけもない。

ではなぜそうなってしまっているのか?突き詰めると戦後のGHQの施策に行き着くと思います。
アメリカによる言論統制、戦後レジームの一環と言えると思います。

政情について嘘を刷り込まれた頭ではクルマについても本当の物言いはできないと、そういうことだと思います。

投稿: ポール | 2015年2月17日 (火) 11時00分

アクシオムさん

そうなんですよ。率直なところを普通に書けば、逆に変に批判的にも感じられないんですよね。おかしな配慮をするから余計に変になっちゃう

ポールさん

なるほど、そういう視点もあるんですね。しかし、それでもそこに風穴をあけるのは決して無理じゃない・・・と僕は信じています

投稿: すぎもとたかよし | 2015年3月 5日 (木) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58956634

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:大人の評論?:

« 雑誌ナナメ読み:論より気持ち? | トップページ | 新車心象風景:ダイハツコペン・エクスプレイ »