« クルマ散策:大人の良心? | トップページ | クルマ散策:オートサロンに出かける »

新車心象風景:ホンダ・N-BOXスラッシュ

Nbox あけましておめでとうございます。今年も細々ですがライター業を続けたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 で、新年最初のN-BOXスラッシュ。まあ、次のステップへの予告と思えばいいのかもしれない。

 もともとNシリーズは、軽クオリティの底上げをするべく「らしくない」内外装をもって始まったけれど、より徹底した装飾を施すスラッシュでは、それに伴ってさらなる質感向上を狙ったみたいだ。

 ツートンのルーフにはリアピラーの金属パーツで独自の素材感を出し、巷に溢れるツートンルーフと差別化を図った。そして、5パターンを揃えたインテリアでは、それぞれのテーマカラーのパーツを各部に「盛る」ことで手抜き感がないし、8カ所に散りばめたスピーカーも装飾に一役買っている。

 そんなこんなでガチャガチャしそうな内外装が意外にスッキリまとまったのは、おそらくNシリーズとしてのコンセプトがうまく働いたところで、その点しっかりコントロールができているんじゃないかと。

 なんだけど、一方、商品企画自体としては根本的に?かと。

 そもそも、時流に乗ってスーパーハイトワゴンとしたN-BOXの屋根を切るっていうのは、まずいかがなものかと。いや、そこが面白いんだと言いたいんだろうけど、10センチほどカットしたところで相変わらずONEやWGNと似たような背高だったりするわけで、だったら「ふつう」の高さのモデルを作り込む方が先だろう、なんて思うわけである。

 そして、充実させた装備で質感を上げたインテリアのためか、車両価格はついに176万円(ターボモデル)となった。これは兄貴分のフィットならハイブリッド、そのライバルのデミオなら好評のディーゼルとほぼ同一価格である。

 いやいやそれこそクラスレス、小さな高級車でしょ、なんて声も聞こえてきそうだけど、じゃあ、たとえば内装がフィットやデミオと同水準なのかと言えば、残念ながらそこまでじゃあないし、もちろんエンジンはHVでもディーゼルでもなく、半分以下の排気量による走りは軽以外の何者でもない。

 他のクラスに比べ、いつまで経っても「最新の軽は最良の軽」という傾向が拭えないのは、規格内での開発によろしくない縛りがついて回るからだと僕は思っている。今度はこんなによくなりましたと言っても、次のモデルでは簡単にそれを刷新してしまうだけまだまだ上が空いている。わずか1、2世代前の走りや内外装が、いとも簡単に陳腐化するのはそのためだ。

 4月からの増税に対して、たとえば自主規制の撤廃など、各メーカーがどういう対抗措置を考えているのかはわからないけれど、今回現状維持のスラッシュは、頑張った分だけ軽の歪みを明らかにしてしまったと。こと上昇志向の場合、軽はクオリティ、価格、走り(排気量)のバランスがどうやってもとれないんである。

 だったらそれを明らかにし、じゃあ次は軽規格をどう乗り越えようか、たとえば1年後に大きなエンジンを追加しようか、なんてきっかけのクルマと考えれば、これはこれでいいのかもしれないとは思うけれど、果たしてそれはどうなのか?

 あ、日本専用車なのに何でアメリカテイスト?という問題は別途あったりする。いや、これがホンダ伝統のバタ臭さだとは理解できるけれど、軽にハワイだのテネシーだの言ってもちょっとね。おまけに、開発者が渡米してカスタムカーの「勉強」をしたっていうのは、さすがに根本的なスタート地点を間違えているんじゃないかな。

|

« クルマ散策:大人の良心? | トップページ | クルマ散策:オートサロンに出かける »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

すぎもと様
明けましておめでとうございます。
今年もちょくちょくお邪魔させて頂こうかと思います(笑)
 
さて、N-BOXスラッシュですが、いかにもホンダらしいですね。
かつてのS-MXと似た匂いを感じました(実はマイカー歴にあります)。
 
なかなか楽しげで、個人的には嫌いではないです。が…
無理矢理なクーペ風のルーフ、及びリヤクオーターウィンドウがどうにも『?』な感じで…
 
個人的には、素のN-BOXの方がデザインがまとまりがあるかな、と思います(新しさはないかも知れませんが)。
 
この無理矢理なルーフは必要だったのかな?と、そこが気にかかります。

投稿: とあるイラストレーター | 2015年1月 2日 (金) 01時33分

先日、初代スマートに乗る機会があったんですけど現行の軽自動車とは比較にならない骨太さがありました。
規格はほぼ軽自動車そのものだし、燃費も(遠出したとはいえ)20km/L を記録しました。
日本のメーカーはいろいろ言うでしょうが、20年近くも前にコンセプトの出来上がった車に走行性能で完全に負けてるというのはどういうことなんでしょうか。
軽規格の矛盾を取り上げて軽自動車メーカーを擁護することはできますけど、スマートを前にしてそれを言ってもねえと。価格だってスマートと完全に競合するんだし。

日本のメーカーは「日本のユーザーはそこまでの性能を求めていない」というかもしれないけれど、「じゃあ、別の価値観でスマートを超える車作ってください」と言いたくなりますよ。
「別の価値観」が極端に全高を上げたり、アメリカで学べるような「安易なもの」でないのは間違いないですけれど。そういう意味で新型アルトの「軽量化」期待してます。

投稿: ネコ | 2015年1月 2日 (金) 22時00分

謹賀新年 今年も御活躍に期待してます。 Nスラッシュこの車は好き嫌い別れるんでしょうねー。個人的にはカッコイイ… とりあえずホンダは品質向上や実験テスト、安全性をしっかりやって安心感を出して欲しいです。

投稿: さね | 2015年1月 3日 (土) 18時13分

N-BOX/の手法は、ありだとも思いますが、ベースのN-BOXの車高が高すぎるのもどうかと思いますね。
これを出すなら、N-ONEのローダウンモデルを出したほうが立体駐車場対策の点でいいのかも。ホンダにはアルトやミライースに対抗できるモデルがないのですから…
やっぱり枠の上限で競争すると、やること自体上限があって、違いはやっぱり50歩100歩なんですよね。軽がもっともだし、ハイエースとキャラバンなんかのライトバンだってそう、あと5ナンバーミニバンのノア・ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンも…
ホンダがモーターショウのキャッチコピーで謳っていた「枠にハマるな」。だったらホンダは枠から出て勝負するしかないでしょう?まぁそうすると軽自動車としての優遇はなくなるでしょうが、そこは進んで軽の規格を変えるための人柱ならぬ車柱として…

投稿: アクシオム | 2015年1月 3日 (土) 20時52分

とあるイラストレーターさん

今年もよろしくお願いします。たしかにNBOXの方がまとまりはいいですね。今回はデザイナーのスケッチから話が始まったそうで・・・。

ネコさん

そうなんですよね。軽は技術上の縛りではなく、規格と安い乗り物・・・という価格の縛りもあってどうにもならないのでしょうね。同じボディでいいので、さっさとメーカー自粛なんかやめてしまえばいいと思うのですが。

さねさん

ホンダのNシリーズは衝突安全でいい成績をとっているそうです。

アクシオムさん

枠に・・・はまってますね。ONEの屋根を切った方が・・・というのは僕も同感です。絶対的な全高が下がるなら、まだ説得力がありますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2015年1月 7日 (水) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58445561

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・N-BOXスラッシュ:

« クルマ散策:大人の良心? | トップページ | クルマ散策:オートサロンに出かける »