« クルマ散策:旧車天国に行く | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アクア(マイナーチェンジ) »

新車心象風景:ホンダ・グレイス

Photo いや、惜しいなあと思うんである。

 セダン不況などと言われる中、先代のティーダ・ラティオは結構評判だったし、いまのカローラもハイブリッドで盛り返した。一方で、新しいラティオが散々なのを見れば、要は商品力の問題で、5ナンバーセダンのニーズはしっかりあるんじゃないかと思うわけだ。

 実際ホンダ自身もそのニーズを感じて、じゃあ、フィット・アリア以来のBセグセダンを復活させようという話みたいだ。

 そういう意味で実に貴重な5ナンバーセダン。似たようなクラスの旧車に乗る自分としてもかなり気になったりするわけだけど、まあ、端的に言うとグレイスはあまりに個性がないと思うんである。

 フィット・アリア同様、グレイスもフィットのお尻を伸ばしたのネと思わせるのは、たとえばボディサイドのキャラクターライン。けれども実際には独自開発という話で、なるほどよく見ればフィットと形状も位置も微妙に違っている。

 違っているけどまあ基本同じに見えるわけで、別開発なのになんでそういうことをするのかと。それはインテリアも同じで、こりゃあ流用でしょうと思っていたら、やっぱり別開発ということで驚きなんである。

 そしてフロントフェイスだ。このモチーフはある時期以降のホンダ顔と言えるもので、グリルの太い金属桟による表現は、たとえば先代のインサイトもそうだったし現行オデッセイなどもそう。このたび発表された未来のクルマであるFCVも同じで、もう全展開だ。

 いや、同じこと自体はいいんだけれど、僕はこの顔にそれほど魅力があるとは思っていなくて、逆にこの顔を採用してしまうことで、途端にそのクルマの個性の大半が失われてしまうとさえ感じている。

 実際、グレイスはこの顔であることで「ホンダのラインナップのどれか」という匿名性を持ってしまった。ホンダ車であることはアピールするけれど、どの車種であるかは埋没してしまうんである。この点、フィットはグリルにカバーを付けた処理でちょっとした特徴を得たけれど、グレイスにそういう工夫はない。

 さらに、何となくありがちなクーペ調のキャビン、凝っているけど意図不明のリアランプ、そしていまどきのフェンダー端の縦ラインといった要素は、破綻こそしていないけど、何の個性も感じず、どこかで見たような格好のセダンになってしまった。

 ホンダ的には、最近の「エキサイティング・H・デザイン」に則ったという格好なんだろうけど、それが似たようなカタチを追うことになってしまったのでは意味がない。苦労してフェンダーに微妙な膨らみなんか持たせなくてもいいから、もっと普遍的で飽きの来ないまとめ方はできなかったのかと思う。

 そしてサイズも気になるところだ。Bセグというつもりで実車を見るとこれがずいぶんとデカくて、なるほど全長が4440ミリもある。もちろん、新興国などグローバル展開の都合もあるんだろうけど、この大きさが企画の甘さを示しているような気もする。

 今回はホンダ自慢のHVシステムを使い、その点では商品として相当なポテンシャルを持っているんである。これはアリアの時とは話が違う。それだけにこの個性を欠いたスタイリングは実に惜しいというか、もったいない。

 もちろん、「この素晴らしき世界」をCMに使ったとしても、あのワンダーシビックと並ぶなどとは決して言えないんである。

|

« クルマ散策:旧車天国に行く | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アクア(マイナーチェンジ) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

5ナンバーサイズのセダン、貴重ですよね。個人的には奇をてらわず、思いっきりコンサバでいいと思うんですよ。バランスさえきちんと整えてくれれば。あとはユーザーで何とでもしますから・・・って(笑)ホンダってそういう車じゃないんですかね?昔のコンチェルトやラファーガ、好きだったなぁ・・・

投稿: としぴん | 2014年12月 5日 (金) 23時21分

国内市場向けの5ナンバーサイズのセダンとなると、新興国向けのBセグメントのクルマをベースに仕立てないとできないのが現状ですよね。
カローラだって、北米や欧州向けだとCセグメントで3ナンバー超のサイズなのに、国内市場向けだと格下のヴィッツをベースにしないと成立しない。
日産のラティオも然り、先代のティーダベースではなく、格下のマーチベースですから・・・
やっぱり5ナンバーサイズでセダンを成立させるのって難しいですね。
その中でボクは、ホンダのグレイスはよくやったほうかと思っています。ベースのフィットがそこそこクオリティが高いので、よくまとまったんじゃないかと。
確かにご指摘のとおり、サイドのキャラクターラインのぎこちなさと、リアサイドウィンドウの端末処理はあまりよくないですが・・・
もともと海外でシティとして売るクルマですから、新興国あってのセダン。苦肉と言えば苦肉。せめてもの救いはフィットベースのハイブリッドセダンであること。ホンダとしてはあまり売れなくなった5ナンバーセダンとしては、うまい落としどころで出せたと思います。

投稿: アクシオム | 2014年12月 6日 (土) 11時20分

インサイトはどうした? 売れないと簡単にネームを捨て、次々に新しい車種を増やし、ネームを育てることをしない姿勢にホンダの限界を感じてしまいます。

投稿: タービー | 2014年12月 6日 (土) 23時37分

こんばんは。80年代が特別輝いてわけじゃないんですね、バブルの頃はなにもかもが金が湯水のように使われて凄かったと聞いてたもんで(笑) 別に普通だったのか。 ホンダグレイスですが…似たようなパワートレインに乗ってる身としては気になる車です。 スタイルはまあ一言でゆうと特徴ないかな…普通。Aピラー立ててルーフライン変えるだけで印象的になる感じなのに残念。 それよりハイブリッドシステムが洗練されて品質よくなっのかな?気になる(笑) ホンダもこのパワートレインで勝負するんですね。気合い入ってるなあ、ただ世の中がエアバック問題も含めてホンダバッシングになってるので大変でしょうけど…。 にしてもアメリカ陰謀説やら、ホンダ事故隠蔽説やら、タカタだけのせいにしてるやら、ホンダ、タカタ自体腐った会社説やら、日本の報道もやんわり…何が本当かわかりません。日本の自動車ジャーナリストは沈黙してるし取材とかしてるのかな?… 自動車ジャーナリストてなんなんですかね?いや本当に真面目にマジで。 こんな時こそ自動車専門家なら独自に取材し、自動車ジャーナリストとして真実を報道してほしいです。

投稿: さね | 2014年12月 8日 (月) 21時13分

としぴんさん

そうそう、もっと正統派というか、息の長そうな、いい意味でのコンサバにすればいいのになと思います。

アクシオムさん

シティとしてのモデルチェンジという都合はあるんでしょうね。ただ、新興国対応としても、もっとコンパクトなやり方はあったかなと。いや、飽きそうなんです、このカタチ。

ダービーさん

そういう事件?や事故、法律など、社会的なことは書かないのが日本の評論家の常です。雑誌でもそういう記事だといきなり○○アナリストみたいな人が書いてますしね。

まあ、過去に固執しないのがホンダの伝統ではあるんでしょうね。実際、個人的にはこのモデルを含めてグレイスというモデルが長く継続する気がしないんですよね。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年12月12日 (金) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58184977

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・グレイス:

« クルマ散策:旧車天国に行く | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アクア(マイナーチェンジ) »