« 新車心象風景:ホンダ・グレイス | トップページ | クルマの他:今日のコンサート »

新車心象風景:トヨタ・アクア(マイナーチェンジ)

Photo 物量作戦をやってれば希にいいこともあるんだろうな、と。

 たとえばSAIやカムリのように、元のコンセプトなんかどうでもいい、とにかくいますぐ売れればいいんだ的な最近のトヨタのマイナーチェンジは、あたかもどこかの首相の空っぽだけど聞き取りやすい演説に似て、メーカーの思惑通りユーザーの心をそこそこ掴んでいるようだ。

 それは、フロントやリア周りをやたら鋭角に引き伸ばす安っぽい格好良さや、マークXみたいな派手なカラーによる演出など、何ていうか「これでもか」の物量作戦なんである。

 アクアの場合、あきれるくらい売れていることもあって、さすがに造形の変更は少なかった。ま、せっかく台形ベースで安定していたフロントグリルを、無理矢理6角形にして落ち着きのないものにしてしまったけれど、トヨタ流の「新しさ」の演出には成功していると。

 で、今回のメインはカラーリングだ。ベースグレードでも4色の新色を用意したのはなるほど力が入っている。この辺、鮮やかなイエローなどを揃えたヴィッツのマイナーチェンジと同じ方向だけど、もともとカラフルさを売りにしていたアクアとしては面目躍如なところだ。

 さらに「X-URBAN」なる新グレードで導入した別色パーツ案は、まさに物量な感じ。プラス20ミリの車高アップは「なんちゃてクロス」だけど、その別色を3色も用意し、都合30通り以上としたのはちょっとした驚きで、先行した日産ジュークのパーソナライズシリーズ以上のインパクトを得たんである。

 いや、実際何がすごいって、「この組み合わせはあり得ないだろう」という際どい設定も、とくにメーカー側で削ることなく用意しているところで、もうまさに物量。

 で、一連のマイナーチェンジの演出がウワサの新しいデザイン部長の指揮で行われているのかは不明だけど、この勢いには明らかな演出を感じるんである。顔の変更は派手に、色の展開はもっと派手にという意向はたしかに明快で。

 残念ながら、その派手な顔の変更は、直近のプリウスαも含めて僕はまったく評価しないけれど、ことカラーリングの展開は、「とにかくやれるだけやってしまえ!」という物量作戦が、部分的に面白い結果を残しているんじゃないかと思う。

 もちろん、その展開内容は決して厳選されたものではなく、これまた勢いに乗ったものだけど、しかし幅広い色の展開は従来の日本車に欠けていた部分なわけで、どういう形にせよ、そこに結構な選択肢を持ち込んだのは悪いことじゃない。

 さて、アクアの話に戻れば、今回、外装に比べて内装の提案が物足りなかったのは惜しいところだ。

 樹脂部分に色を付けたり、ピアノブラック調の装飾を加えたりと手は入れているけれど、何たってアクアの最大の弱点とも言えたあの安っぽいインテリアである。日本一売れているクルマとして、ここは全面刷新くらいの器量は見せてほしかった。ほら、マツダでさえアテンザの内装を一新させたくらいだし。

 いやいや、表面的な部分を巧いこと修正して見せるのがいまのトヨタ流マイナーチェンジであることは十分承知しているんだけど。

|

« 新車心象風景:ホンダ・グレイス | トップページ | クルマの他:今日のコンサート »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

同じ物量ハイブリッドとして、プリウスのマイコーデはそこそこセンスの良さを感じますが、マイナーチェンジ版アクアのコーディネートは?ですね。
組み合わせが多いことは一見いいように思えますが、そこはデザイナーのセンスで迷わせるほどの良さを出すか、それともすんなり決めさせるセンスを発揮して欲しいものですね。X-アーバン、もしやるなら4WDの追加も含めてクロスポロみたいな感じでやってくれたら良かったですね。
インテリアの質感は、相変わらずプラスティッキーなんでしょうが、カラーリングはそこそこ良さそうな気が…レッドにしても、ブラック×ブルーにしてもコーディネートとしてはアクアらしくていいんじゃないですか?
アクアがコストコンシャスではなく、デミオのようにクオリティに気を遣うようになったら、プリウスのようなシフトノブや電子ブレーキの採用も含め先進的であってほしいですね。まぁそれは次期型への課題になりそうですが…
それでも物量と言われてもここまでやれるだけ大したもんです。それに比べて国内2位を盤石にしたいらしい日産なんか、一番の量産モデルノートはアクアに比べれば残念至極ですね。エマージェンシーブレーキの普及はできても、ティーダの代わりも役不足のまま、クオリティもさして上がらず…
物量をつらぬけるトヨタは良くも悪くもすごいですね。

投稿: アクシオム | 2014年12月10日 (水) 21時37分

こんばんは。
 
この新しい顔は『X-urban』専用の顔だと勘違いしておりました。
全てこの顔になるのですね。
 
ならば、X-urban専用の前後バンパーは用意して欲しかった気がします。
車高とカラーコーディネートだけで
『はい、都会派SUVですよ』
と言うのは、いささか弱い気がするのですが…

それこそ、デミオとCX-3ぐらいの違いが欲しい気がします。
 
余談ですが、アクアでどうしても馴染めなかった、テールランプのグラフィックが刷新されたのは良かったです。
まぁ社外品が豊富な同車、あまり致命的なモノでもないんですが(笑)

投稿: とあるイラストレーター | 2014年12月11日 (木) 02時36分

おはようございます。 アクアとプリウスαなんか鯉のパクパクしてる口みたい。 これがカッコイイのかは人それぞれなんでしょう。 カラーがいっぱいあるのは良いことですね、きっとアクア狙いの人達には嬉しいでしょう多分。 内装は…まあなんですけど、エクステリアは細部はおいといて悪くない車と思います。 売れるんだろなあ…バラエティーにとんでるなあ  高い金払って某リコール王に不具合王に品質管理ダメダメ王、3冠メーカーの車買った身としてはトヨタが売れるのが分かってきました(笑) 信頼のトヨタとモリゾー社長印象いいですもんね。車の魅力は置いといて   それに比べて雲隠れ社長…印象悪ッ! 猿も木から落ちる ですね。

投稿: さね | 2014年12月11日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58230807

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・アクア(マイナーチェンジ):

« 新車心象風景:ホンダ・グレイス | トップページ | クルマの他:今日のコンサート »