« 新車心象風景:ダイハツ・ウェイク | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・グレイス »

クルマ散策:旧車天国に行く

Photo 先日のハチマルミーティングに続き、ふたたび旧車ミーティングに行ってきました。

 今回はお台場で開催された、オールドタイマー誌が主催の「旧車天国」。ハチマルとは趣旨が異なり、こちらはよりクラシックカーに重心を置いた催しです。

 この手のクラシックカーイベントを見て毎回思うのは、圧倒的な層の厚さですね。たいてい○○会とか○○保存会とか、大きな団体での参加があるのが常で、先のハチマルなど個人参加とはケタ違いの規模に驚きます。今回はダットサンの団体がドーンと一等地を占めていて、そこだけでイベントができるほどでした。

 まあ、初代ダットサンだのプリンスなんていうクルマはふつうのサラリーマンがポンと買えるもんじゃないし、もちろん維持管理ともなればなおさら。日本版ミッレミリアを見るまでもなく、そこに厳然とした「クラス」を感じてしまうのもこうしたイベントの常でしょうか。

Photo_2 さて、そんな輝かしいクラシックカーが並んでいるにも関わらず、自分の目に入ってくるのは相変わらず80年代カーだったりします。

 パルサー・エクサは懐かしく珍しかったですね。FFのサニーやスタンザなど、この時期の日産はなかなか先進的なデザインを見せていましたが、このエクサも意欲的でした。

 オーナーさんは新車で購入して10年ほど乗ってから、その後10年以上車庫に保管してあったそう。しかし、何といっても全国100台限定の超稀少カブリオレですから、やっぱりもう一度乗ろうということで数年前に車庫から出したとか。

 塗装もオリジナルですし、貴重なステッカー類もそのまま。内装はインパネ類の状態はもちろん、シート地もヤレすら感じません。その中でも一番の驚きはキャンバストップの状態の良さでしたね。え、これ新品?と思えるほどでした。

80_2 80系カローラは希少なGTグレードです。オーナーさんはとくにこのカローラを探していたわけではないそうですが、3年前に旧車専門店で偶然目にし、ほとんど衝動買いだったそうで。

 このクルマもオリジナル塗装のままですが、本当に状態がよかったです。内装も樹脂類の痛みはほとんどなく、革巻きステアリングも当時のまま。シートは当時のトヨタらしいツートンカラーのバケットタイプで、こちらもいい状態。それにしてもこの頃の内装は贅沢な感じでしたね。

 この80系カローラはウィキペディアなどをみるとイタルデザインの作となっています。その真偽はわかりませんけど、プロポーションのよさやまとまりのいいエクステリアは、愛車ジェミニに近いものを感じるのは確かですね。

Photo_3 三菱シャリオは先日のハチマルでも1台出ていました。今回は写真の赤いターボ車と、となりにブルーのNA車がもう一台ありましたが、何と兄弟で2台の参加だったそうです。

 ターボ車はオーナーさんがお父さんから譲り受けたものとか。子供の頃からずっと家にあり、いつの間にかオーナーさんにも手放せないクルマになっていたようです。

 あまり距離を乗らず、磨き上げを趣味としていたお父さんのお陰もあって、このシャリオもいい状態です。グレー内装は汚れが目立ちますが、このクルマはピカピカでした。でも、変にクリーニングした感じでもなく、そこが好印象でしたね。

 さて、会場では愛車ジェミニにもずいぶん声を掛けていただきました。やはり「自分も乗っていた」という方がいちばん多いですね。中にはもう一度乗りたい・・・なんていう方もいらっしゃいました。

 いや、数十万円で程度のいいものを買えば、すぐに普段乗りで使えるのがハチマルの魅力だったりするんですけどね。

|

« 新車心象風景:ダイハツ・ウェイク | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・グレイス »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

カローラの場合、自分としてはFXだったらもっと良かったですね。あのカローラにしては独特のテールエンドのデザインが好きでした。
むしろ86のレビン/トレノより…
この90年代に近い80年代のクルマたち、モノも良くて輝いてますね。
そろそろ90年代のクルマも、旧車、ノスタルジックとして脚光を浴びれるミーティング、イベントを切に願います。

投稿: アクシオム | 2014年12月 2日 (火) 23時24分

おはようございます。旧車がこんなに輝いて見えるって当時新車だった時は凄かったんでしょうか?今の乗用車ライナップはショボいんですかね? それとも後20年もすれば今売られてる車達も輝いてるんでしょうか? まあ主力の動力源が燃料電池車や電気自動車なりPHVが主流になってて状況は違うのかもしれませんが。質問ばかりでスミマセン。 当時の新車事情を知らないから、興味ありまして。

投稿: さね | 2014年12月 5日 (金) 08時23分

はじめまして。
 カーデザインが好きでこのブログを拝見させていただいています。
パルサーエクサは私の最初の愛車で10年間乗っていました。初期のエクサはフェンダーミラーでしたので、DIYで無理やりミケロッティのドアミラーを付けたり、MOMOのステアリングに交換したりして結構いじってましたね。
 見た目だけスポーツカーという類の車でしたが、それなりに楽しめる車でした。今も現役なのを見ると嬉しいです。

投稿: ohagi | 2014年12月 5日 (金) 10時49分

アクシオムさん

そうですね、FXのリアは独自性があってよかったと思います。90年代は・・・もうちょっとかかるのでしょうか? なにしろ99年といえばつい最近ですし。

さねさん

80年代なら何でも輝いていたわけではないので(笑)、20年後もそれなりなんじゃないかとは思いますが。さしずめ現行GT-Rなんて20年後はどうなっているんでしょう??

chagiさん

はじめまして。デザインがお好きとは何だか嬉しいですね。
エクサにお乗りだったとは羨ましいですね。当時は結構紺色が走っていましたっけ。E型エンジンも評判でしたね。

投稿: すぎもとたかよし | 2014年12月 6日 (土) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/58155751

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:旧車天国に行く:

« 新車心象風景:ダイハツ・ウェイク | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・グレイス »